ソフト 404 エラー

ソフト 404 エラーとは

サイト内に存在しないページへのリクエストがあると、通常ウェブサーバーは 404(見つかりません)エラーを返します。この HTTP レスポンス コードにより、ページが存在しないことがブラウザと検索エンジンに明示されます。その結果、ページのコンテンツは(存在する場合でも)検索エンジンからクロールされず、インデックスにも登録されません。

ソフト 404 エラーとは、サイト内に実際には存在しない URL について、なんらかのページがサーバーから返されることをいいます。一般に、間違っている URL や存在しない URL をサーバーが「問題ない」ものとして処理し、ユーザーを有効なページ(トップページや独自の 404 ページなど)にリダイレクトする場合がこれに該当します。

これが問題なのは、検索エンジンがサイト内の存在しない(多くの場合重複する)URL のクロールとインデックス登録に多くの時間を費やすことになるからです。Googlebot が存在しないページに時間を費やすことから、意味のある固有の URL が迅速に検出されなかったり頻繁にアクセスされなかったりする可能性があるため、サイトのクロールが不十分になるおそれがあります。

ソフト 404 エラーの対処方法

存在しないページへのリクエストに対しては、常に 404(見つかりません)または 410(存在しません)のいずれかを返すようにサーバーを設定することをおすすめします。404 レスポンス コードを返す際に独自の 404 ページを使用すると、ユーザーの利便性を高めることができます。たとえば、特に人気のあるページの一覧、ホームページへのリンク、またはフィードバック リンクが記載されたページを作成することが考えられます。ただし、404 メッセージを表示するページを作成するだけでは不十分です。404 または 410 HTTP レスポンス コードを正しく返すことも必要です。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。