検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
true

サイトマップ レポートでサイトマップを管理する

サイトマップとは、サイト上でクロールするウェブページのリストを Googlebot のようなウェブクローラに指定するために作成するファイルです。ウェブクローラは通常、サイト上のすべてのファイルをたどって検出できますが、サイトマップはクローラの効率を上げることができます。さらに、ページのコンテンツの変更頻度(クロールが必要な頻度の参考となります)のようなメタデータや、動画や画像のファイルの説明など、検索エンジンが解析しにくいコンテンツに関する詳細をクローラに提供できます。Search Console のサイトマップ レポートを使うと、サイトマップを表示、追加、テストすることができます。

サイトのサイトマップを変更できない場合は、このレポートはおそらく不要です。たとえば、Google サイトなど、管理されているホスティング環境を使用する場合、ホスティング サービスが通常サイトマップを作成し、管理します。

 

サイトマップ レポートを開く

 

サイトマップについての詳細:

サイトマップ レポートを使用する

サイトマップ レポートのリンク先ページでは、Search Console に送信したサイトマップの一覧が表示されます。このツールを使用して送信したサイトマップのみが一覧に表示されます。robots.txt や google.com/ping のような他の方法で開示したサイトマップはレポートに表示されません。

一覧表のサイトマップのいずれかをクリックすると、エラーなどの詳細がさらに表示されます。クリックしたファイルがサイトマップ インデックス(複数のサイトマップを参照するコンテナ ファイル)の場合、そのインデックス ファイル内のサイトマップの一覧が表示されます。

サイトマップが一覧に表示されない場合

レポートにサイトマップが表示されない場合、以下の設定をご確認ください。

  • サイトの使用するドメインを確認します。Google では、http://www.example.comhttp://example.comhttps://www.example.comhttps://example.com はすべて異なるサイトと見なされます。そのため、サイト http://example.com のサイトマップを送信しても、http://www.example.com が登録されている Search Console の [サイトマップ] ページには表示されません。この問題に対処するには、サイトのすべてのバージョンを追加してから、使用するドメインを Google に指定し、その使用するドメインのサイトマップのみを送信してください。
  • サイトマップを誰が送信したかを確認します。 [自分のサイトマップ] タブに表示されるのは、自分が送信したサイトマップです。他の誰かが送信したサイトマップは、[合計] タブにしか表示されません。
  • このページを使ってサイトマップを送信したかどうかを確認します。 このレポートを使用して送信したサイトマップのみが一覧に表示されます。google.com/pingrobots.txt を使用して送信したサイトマップは Google が検出して使用していてもレポートには表示されません。

サイトマップを作成する

サイトマップの作成方法をご確認ください

サイトマップをテストする

サイトマップを送信する前に、構文に誤りがないかどうかをテストする必要があります。

未送信のサイトマップをテストするには:

  1. レポートのリンク先ページで [サイトマップの追加 / テスト] をクリックします。
  2. 表示されるダイアログでサイトマップの URL を入力し、[テスト] をクリックします。
  3. テストが終了したら、[テスト結果を開く] をクリックしてエラーを確認します。エラーを修正します
  4. エラーを修正すると [サイトマップを送信] をクリックできるようになります。

以前に送信したサイトマップをテストするには:

以前に送信したサイトマップの詳細ページを一覧からたどって表示し、[テスト] をクリックします。

サイトマップを送信する(初回)

  1. 前述のように、先にサイトマップをテストします。
  2. [サイトマップの追加 / テスト] ボタンをクリックします。
  3. テキストボックスに URL パスを入力します。そのサイトに定義されたルートに対する相対 URL を指定する必要があります。
  4. [送信] をクリックします。
  5. ブラウザでページを更新すると、新しいサイトマップがサイトマップ一覧に表示されます。
  6. サイトマップの一覧でその新しいサイトマップをクリックし、サイトマップの詳細ページを開き、サイトマップやその中の URL に関するエラーや警告を確認します。

送信したサイトマップが Google で処理されるまでに時間がかかることがあります。Google は複雑なアルゴリズムを使ってクロールする対象を決めるので、サイトマップのすべての URL がクロールされ、インデックスに登録されるかどうかは保証できません。

サイトマップを再送信する

  1. サイトマップ レポートを開きます。
  2. 表の中から再送信するサイトマップを選択します。
  3. [サイトマップを再送信] ボタンをクリックします。
サイトマップは次の URL に HTTP GET リクエストを送信しても再送信できます(ご自分のサイトマップの URL を指定してください)。
http://google.com/ping?sitemap=http://www.example.com/my_sitemap.xml

送信したサイトマップを削除する

サイトマップをアカウントから削除して Search Console に表示されないようにするには:

  1. サイトマップの一覧表で、Search Console から削除するサイトマップの横にあるチェックボックスをオンにします。
  2. [削除] をクリックします。

Search Console からサイトマップを削除しても、Google がそのサイトマップを利用しなくなるわけではありませんrobots.txt を使用してサイトマップへのアクセスをブロックするか、ウェブホストからサイトマップ ファイルを削除するまで、Google は引き続きそのサイトマップを読み取ることがあります(robots.txt からそのサイトマップの参照を削除するだけでは不十分です)。他の検索エンジンが利用できるように、サーバー上にサイトマップを残す場合は、robots.txt 内で Googlebot のアクセスをブロックします。

 

サイトマップのエラーと修正

サイトマップのレポートでは次のような警告やエラーが報告されることがあります。

エラーの一覧

URL にアクセスできません

Google がサイトマップ内の URL を表示しようとしてエラーが発生した場合です。

  1. 指定した場所にファイルが存在することを確認します。
  2. robots.txt テスターを使ってその URL ブロックしているファイルを確認します。
  3. Fetch as Google ツールを使用して、robots.txt でその URL をブロックしていないかどうかを確認します。
  4. Google のクローラがサイトマップで指定されている URL をクロールしようとしたときのエラーである場合は、サイトマップ内の URL の指定が正しいかどうか確認します。

クロールが完了できなかった URL

一部の URL に含まれるリダイレクトの数が多すぎて Google ウェブクローラがたどれず、サイトマップの処理を完了できなかった場合を通常示します。Google では、別のページにリダイレクトする各 URL を、リダイレクト先の URL(リンク先 URL)に置き換えることをおすすめします。

次のリストに、リダイレクトでクロールできないその他の理由と可能な解決策をまとめます。

  • Lynx などのテキスト ブラウザを使用してサイトを確認します。ほとんどの検索エンジンでは、Lynx に表示される形式でサイトが認識されます。JavaScript、Cookie、セッション ID、フレーム、DHTML、Flash などの機能が使用されているためにサイトの一部がテキスト ブラウザで表示されない場合は、検索エンジン スパイダーがサイトをクロールできない可能性があります。
  • あるページから別のページに完全にリダイレクトする場合は、恒久的リダイレクトを使用できます。ただし、JavaScript や meta-refresh タイプのリダイレクトは使用しないようにしてください。
  • 可能な場合は、相対リンクではなく絶対リンクまたは完全リンクを使用します。たとえば、サイト内の別のページにリンクする場合は、リンク先を mypage.html ではなく https://www.example.com/mypage.html とします。

許可されていない URL

サイトマップの一部の URL がそのサイトマップ ファイルより上位の階層または異なるドメインにあります。

上位の階層: サイトマップが http://www.example.com/mysite/sitemap.xml にある場合、以下の URL はそのサイトマップでは無効です。

  • http://www.example.com/ - サイトマップより上位の階層
  • http://www.example.com/yoursite/ - サイトマップと同じ階層にある別のディレクトリ

異なるドメイン: サイトマップがあるドメインと同じドメインですべての URL が始まっているかどうかを確認します。たとえば、サイトマップが http://www.example.com/sitemap.xml にある場合、以下の URL はそのサイトマップでは無効です。

  • http://example.com/ -「www」がない
  • www.example.com/ -「http」がない
  • https://www.example.com/ - http ではなく https を使用している

圧縮エラー

圧縮されたサイトマップ ファイルを Google が解凍しようとした際にエラーが発生した場合です。gzip などのツールでサイトマップをもう一度圧縮してサイトにアップロードし、再送信してください。

空のサイトマップ

サイトマップに URL がまったく含まれていない場合です。サイトマップを確認して、空ではないようにします。サイトマップでサイトマップ プロトコルを使用している場合は、URL のタグが正しいかどうかを確認します。

サイトマップのファイルサイズ エラー: サイトマップのサイズが上限を超えています...

サイトマップのサイズが圧縮されていない状態で 50 MB を超えています。サイトマップが上限を超える場合は、小さなサイトマップに分割し、分割したサイトマップのリストをサイトマップ インデックス ファイルに指定して、サイトマップとサイトマップ インデックス ファイルを送信します。

属性値が無効です

XML のタグ属性に無効な値が割り当てられている場合です。サイトマップを確認して、サイトマップ仕様のとおりに、指定可能な属性のみ使用し、指定可能な値のみ割り当てるようにします。属性や値の入力ミスがないかどうか確認します。

無効な日付

サイトマップに無効な日付が含まれています。日付の形式が間違っているか、日付自体が無効である可能性があります。日付は W3C Datetime 形式のエンコード(リンク先は英語)で指定する必要がありますが、時間の部分は省略できます。日付を W3C Datetime 形式(リンク先は英語)のいずれかで指定していることを確認します。

2005-02-21 
2005-02-21T18:00:15+00:00

時刻の指定は省略できます(省略すると時間は 00:00:00Z に設定されます)。時刻を指定する場合はタイムゾーンも指定する必要があります。

タグの値が無効です

サイトマップの中に、無効な値を持つタグがあります。エラーのタグが一覧に表示されます。サイトマップのタイプ(インデックス、標準、動画など)ごとの仕様を確認します。

URL が無効です

サイトマップ内の URL が無効です。このエラーは、サポートされていない文字、スペース、引用符などの記号が含まれている場合や、形式が正しくない場合(http:// ではなく htp:// など)もあります。サイトマップ内の URL をすべて読み取り可能な形式でエンコードし、正しくエスケープ処理しているかどうかを確認します。スペースや引用符のような無効な記号がないことも確認します。また、ブラウザに URL をコピーして、ブラウザが URL を処理してページを読み込めるかどうかも確認してください。

サイトマップ インデックス ファイル内の URL が無効: 不完全な URL

サイトマップ インデックス ファイル内で各サイトマップ ファイルの完全な URL が指定されていません。Google ではサイトマップ インデックス ファイルを確認する際に、このファイルが格納されているディレクトリでサイトマップ ファイルを探します。たとえば、サイトマップ インデックス ファイルが http://www.example.com/folder1/sitemap_index.xml の場合、サイトマップが sitemap.xml. とリストされていると、該当のサイトマップは http://www.example.com/folder1/sitemap.xml と見なされます。この場所にファイルが存在しない場合、このエラーが表示されます。

サイトマップ インデックス ファイルを更新し、各サイトマップ ファイルへの完全なパスを指定して、再送信してください。

無効な XML: タグが多すぎます

サイトマップに重複するタグがあります。たとえば、次の例では <loc> タグが 2 つあるので、このエラーが発生します。

<url>
  <loc>http://www.example.com/</loc>
  <loc>http://www.example.com/page1.html</loc>
  <lastmod>2005-01-01</lastmod>
  <changefreq>monthly</changefreq>
  <priority>0.8</priority>
</url>

このエラーには、問題のあるタグと行番号が表示されます。重複するタグを削除して、サイトマップを再送信します。

XML 属性が指定されていません

サイトマップ内のタグの必須属性が指定されていません。サイトマップ内の必須属性がすべて指定されていることを確認してください。属性の値を修正したら、サイトマップを再送信してください。

XML タグが指定されていません

必須タグが指定されていないエントリがサイトマップにあります。エラー メッセージには行番号が表示されます。必須のタグについて詳しくは、サイトマップの基本事項のページをご覧ください。

サムネイル URL がありません

サムネイル画像への URL が指定されていない動画エントリがあります。サムネイルの URL の場所が <video:thumbnail_loc> タグで指定されているかどうかを確認します。

動画のタイトルがありません

タイトルが指定されていない動画エントリがあります。サイトマップ内の各動画に <video:title> タグでタイトルが指定されているかどうかを確認します。

サイトマップ インデックスの形式に誤りがある: ネストされたサイトマップ インデックス

サイトマップ インデックス ファイル内のエントリで、独自の URL または別のサイトマップ インデックス ファイルの URL が使用されています。

サイトマップ インデックス ファイルに他のサイトマップ インデックス ファイルを指定することはできません。指定できるのはサイトマップ ファイルのみです。

サイトマップ インデックス ファイルを指すエントリをすべて削除し、サイトマップを再送信します。

解析エラー

Google がサイトマップの XML を解析できなかった場合です。

この問題は、URL にエスケープされていない文字が含まれていることが原因の場合がよくあります。他の XML ファイルと同様に、データ値(URL を含む)では、特定の文字(「&」、「'」、「"」、「<」、「>」など)にエンティティのエスケープ コードを使う必要があります。URL を正しくエスケープしているかどうかを確認します。

一時的なエラー

サイトマップの処理を妨げる一時的なエラーが Google で発生しました。通常、このエラーが発生した場合は、サイトマップを再送信する必要はありません。しばらくしてから、Google はサイトマップの取得をもう一度試みます。数時間たってもエラーがそのままの場合は、サイトマップを再送信してみます。

サイトマップの制限数超過(サイトマップ インデックス ファイル内)

サイトマップ インデックス ファイルに、50,000 件を超えるサイトマップが指定されている場合です。サイトマップ インデックスを複数のサイトマップ インデックス ファイルに分割し、各ファイル内のサイトマップ数を 50,000 件以下にします。

URL の制限数超過(サイトマップ内)

サイトマップに 50,000 件を超える URL が指定されている場合です。サイトマップを複数のサイトマップに分割し、各ファイル内の URL 数を 50,000 件以下にします。サイトマップ インデックス ファイルを使用してサイトマップを管理することもできます。

サポートされていない形式

サイトマップがサポートされていない形式です。サイトマップは XML 形式であり、正しいヘッダーを指定する必要があります。

XML のよくある誤り:

  • サイトマップに正しいヘッダーを指定する必要があります。たとえば、サイトマップに動画情報を含める場合は、次のようなヘッダーを指定します。
    <?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
    <urlset xmlns="http://www.sitemaps.org/schemas/sitemap/0.9"
            xmlns:video="http://www.google.com/schemas/sitemap-video/1.1">
  • ヘッダーのネームスペースを "http://www.sitemaps.org/schemas/sitemap/0.9" とします(.9 としないこと)。
  • XML 属性はすべて単一引用符(')か二重引用符(")で囲み、スマートクォートではなくまっすぐな引用符を使用します。Microsoft Word のような文書処理プログラムでは、スマートクォートが挿入される場合があります。

パスの不一致: www がない

サイトマップへのパスに www プレフィックスが指定されていない(たとえば、http://example.com/sitemap.xml)のに、リスト内の URL には指定されている(たとえば、http://www.example.com/myfile.html)場合です。

「www」を含まない URL に対するサイトマップを送信したい場合で、リスト内の URL には「www」を指定する場合は、「www」をサイトの使用するドメインとして選択します。

それ以外の場合は、サイトマップを変更して、サイトマップの場所と一致するようすべての URL から「www」を削除してください。

パスの不一致: www がある

サイトマップへのパスに www プレフィックスが指定されている(たとえば、http://www.example.com/sitemap.xml)のに、リスト内の URL には指定されていない(たとえば、http://example.com/myfile.xml)場合です。

「www」を含む URL に対するサイトマップを送信したい場合で、リスト内の URL には「www」を指定する場合は、「www」を含まないバージョンをサイトの使用するドメインとして選択します。

それ以外の場合は、サイトマップを変更して、サイトマップの場所と一致するようすべての URL に「www」を追加してください。

誤ったネームスペース

サイトマップのルート要素で正しいネームスペースが指定されていない、あるいはネームスペース宣言に誤りがあるか、タイプミスまたは URL の誤りがあります。

ファイル形式の正しいネームスペースを使用していることを確認します。次に例を示します。

  • サイトマップ ファイル: xmlns="http://www.sitemaps.org/schemas/sitemap/0.9"
  • 動画サイトマップ ファイル: xmlns:video="http://www.google.com/schemas/sitemap-video/1.1"
  • サイトマップ インデックス ファイル: <sitemapindex xmlns="http://www.sitemaps.org/schemas/sitemap/0.9">
  • その他のサイトマップのタイプ...

スペースで始まっています

サイトマップがネームスペース宣言ではなく、スペースで始まっています。XML ファイルの先頭には、使用する XML バージョンを指定した XML 宣言を記述する必要があります。

このエラーが発生してもサイトマップは処理されますが、ファイルが XML 規格に従うようにスペースを削除し、このエラーが発生しないようにしてください。

HTTP エラー(特定のステータス コード)

サイトマップをダウンロードしようとした際に HTTP エラーが発生した場合です。このメッセージには、Google が受信したステータス コード(404 など)が表示されます。サイトマップの URL を正しく指定していることと、指定した場所にサイトマップがあることを確認し、サイトマップを再送信します。

サムネイルが大きすぎる

サイトマップで指定された動画のサムネイル画像が大きすぎます。詳細については、動画サイトマップの Labs ページをご覧ください。動画のサムネイル画像のサイズを 160x120 ピクセルに変更します。新しい情報でサイトマップを更新し、再送信します。サイトマップへの動画情報の追加について詳細をご確認ください。

サムネイルのサイズが小さすぎる

サイトマップで指定された動画のサムネイル画像が小さすぎます。動画のサムネイル画像のサイズを 160x120 ピクセルに変更します。必要に応じて、サイトマップを更新します。

動画の場所と再生ページの場所が同じです

動画サイトマップで、動画コンテンツの URL とプレーヤーの URL に同じものを指定することはできません。<video:player_loc><video:content_loc> の両方を指定する場合、URL は異なる必要があります。

動画の場所の URL が再生ページの URL です

動画サイトマップで、<video:content_loc> の URL がプレーヤーをホストするページを指しています。

Googlebot が robots.txt でブロックされた

robots.txt でブロックされているため、Google からサイトマップにアクセスできません。または、サイトマップ内のすべてのコンテンツにアクセスできません。robots.txt テスター を使って、ブロックしているファイルを確認し、robots.txt ファイルを修正して Googlebot がアクセスできるようにします。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。