検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

コンテンツをページ指定する

サイトでは、さまざまな方法でコンテンツをページ設定できます。次に例を示します:

  • ニュース サイトや出版サイトであれば、長い記事をいくつかのページに分けることができます。
  • 小売サイトであれば、商品をカテゴリに分類して複数のページに分けることができます。
  • ディスカッション フォーラムであれば、スレッドを複数の連続した URL に分けることができます。

サイト上のコンテンツをページ指定した場合は、コンテンツを検索結果に表示する際に次の 3 つのいずれかの方法を使用することをおすすめします。

  • 何もしない。 ページ指定したページは非常に一般的で、コンテンツが複数のページに分かれていても、Google 検索の結果としてユーザーに適切に表示されます。
  • すべてが表示されるページを指定する。 検索するユーザーの多くは、記事やカテゴリの全体を 1 つのページで見たいと考えています。そのため Google では、ユーザーがコンテンツ全体を探していると判断した場合は、検索結果に「すべて表示」ページを表示するようにしています。検索結果に「すべて表示」バージョンを表示することを指定したい場合は、そのコンテンツを構成するページに rel="canonical" リンクを追加してください。
  • 構成 URL 間の関係を示すには、rel="next"rel="prev" リンクを使用します。これらのマークアップを追加すると、一連のページを順序立てて表示すべき、という強力なヒントとなってリンク プロパティが統合され、通常であればその 1 番目のページがユーザーに表示されます。

rel="next" と rel="prev" の使用

個別の URL 間の関係を示すには、HTML 属性 rel="next"rel="prev" を使用します。これらの属性を使用すると、一連のページを順番に表示すべき、という強力なヒントになります。

たとえば、以下の URL にページ指定されたコンテンツがあるとします:

http://www.example.com/article-part1.html
http://www.example.com/article-part2.html
http://www.example.com/article-part3.html
http://www.example.com/article-part4.html
  1. 1 番目のページ(http://www.example.com/article-part1.html)の <head> セクションに、順番が次のページを指すリンク タグを追加します。たとえば次のようになります:
    <link rel="next" href="http://www.example.com/article-part2.html">

    これは一連の URL の 1 番目のページであるため、rel="prev" を追加する必要はありません。

  2. 2 番目と 3 番目のページには、それぞれの前ページと次ページを指すリンクを追加します。たとえば、2 番目のページには以下のリンクを追加します:
    <link rel="prev" href="http://www.example.com/article-part1.html">
    <link rel="next" href="http://www.example.com/article-part3.html">
    
  3. 一連の URL の最後のページ(http://www.example.com/article-part4.html>)には、次のように前ページの URL を指すリンクを追加します:
    <link rel="prev" href="http://www.example.com/article-part3.html">

    これは一連の URL の最後のページであるため、rel="next" リンクを追加する必要はありません。

Google では、rel="previous"rel="prev" の代わりに使用できます。値は、<link> タグの仕様に従って相対 URL または絶対 URL で指定できます。また、ドキュメントに <base> リンクを含めると、相対パスが基本 URL に基づいて解決されます。

以下の点にご注意ください:

  • rel="prev"rel="next" は、絶対的なディレクティブではなく、Google にとってのヒントとして機能します。

  • 一連の URL の構成ページに、ページのコンテンツを変更しないパラメータ(たとえばセッション ID)が含まれている場合は、rel="prev"rel="next" の値にも同じパラメータを含める必要があります。これにより、リンクを処理する上で rel="prev" rel="next" の値を対応させやすくなります。たとえば、http://www.example.com/article?story=abc&page=2&sessionid=123 というページには、次のようなパラメータを含めるようにします:
    <link rel="prev" href="http://www.example.com/article?story=abc&page=1&sessionid=123" />
    <link rel="next" href="http://www.example.com/article?story=abc&page=3&sessionid=123" />
    

  • rel="next"rel="prev"  は、rel="canonical" と直接関係する概念です。両方を一緒に宣言することができます。たとえば、http://www.example.com/article?story=abc&page=2&sessionid=123 というページには、以下を含めることができます:
    <link rel="canonical" href="http://www.example.com/article?story=abc&page=2"/>
    <link rel="prev" href="http://www.example.com/article?story=abc&page=1&sessionid=123" />
    <link rel="next" href="http://www.example.com/article?story=abc&page=3&sessionid=123" />
    

  • 実装に間違いが見つかった(たとえば rel="prev"rel="next" のリンク先が存在しない)場合は、そのページをインデックスに登録し、Google 独自の経験則による方法でコンテンツを把握します。
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。