Google に対してコンテンツのページ指定を示す

1 つのコンテンツを複数のページに分割する場合は、ページの並び順や、そのページが長い記事の一部であることを Google に示すことができます。

 

サイトのコンテンツをページ指定するのには、さまざまな理由があります。次に例を示します。

  • ニュース サイトや出版サイトであれば、長い記事をいくつかのページに分けることができます。
  • 小売サイトであれば、商品をカテゴリに分類して複数のページに分けることができます。
  • ディスカッション フォーラムであれば、スレッドを複数の連続した URL に分けることができます。

ページ指定したサイト上のコンテンツを検索結果に表示させたい場合は、次の 3 つのいずれかの方法を使用することをおすすめします。

  • 何もしない。 ページ指定したコンテンツがごく一般的な内容である場合は、コンテンツが複数のページに分かれていても、Google によって適切な検索結果がユーザーに表示されます。
  • 「すべて表示」ページを用意する。 検索するユーザーの多くは、記事やカテゴリの全体を 1 つのページで見たいと考えています。そのため Google では、ユーザーがコンテンツ全体を必要としていると考えられる場合には、検索結果に「すべて表示」ページを表示するようにしています。Google に対し、検索結果に「すべて表示」ページを表示するよう明示的に指定したい場合は、コンテンツを構成する各ページに rel="canonical" リンクを追加します。
  • コンテンツを構成する各 URL の関係を示す rel="next" および rel="prev" リンクまたはヘッダーを使用する。これらのマークアップは、Google が一連のページを論理的に連続したコンテンツとして扱うべきか判断するうえで、重要な手がかりとなります。この場合、ページのリンク プロパティが統合され、多くの場合、ユーザーには最初のページが表示されます。
: 関連記事をまとめたリストを示すためだけにこの手法を使わないようにしてください。この手法はあくまでも、複数のページに分割された 1 つの長いコンテンツであることを示す目的で使用してください。

rel="next" と rel="prev" の使用

1 つの長い記事を複数のページに分割する場合、HTML リンクまたは HTTP ヘッダーを使用して、前後の記事セグメントを示すことができます。

  1. HTTP ヘッダーを使用するか HTML の <link> タグを使用するかを決定します。
  2. 最初のページには、次の記事セグメントを指す「next」ポインタのみを記述します。
  3. 最後のページには、前の記事セグメントを指す「prev」ポインタのみを記述します。
  4. すべての中間ページには、直後の記事セグメントを指す「next」ポインタと直前の記事セグメントを指す「prev」ポインタの両方を記述します。

例:

以下は、<head> タグで HTML リンクを使用する計 3 ページの記事での記述例です。

cats_part_1 cats_part_2 cats_part_3
<link rel="next" href="cats_part_2> <link rel="next" href="cats_part_3>
<link rel="prev" href="cats_part_1>
<link rel="prev" href="cats_part_2>

構文

「next」ポインタまたは「prev」ポインタを指定するには、HTTP ヘッダーまたは HTML の <link> タグを使用します。

HTTP ヘッダー:

ページのレスポンスで次の HTTP ヘッダーのいずれかまたは両方を返します。

  • Link: <www.example.com/cats_part_3; rel="next">: 次の記事セグメント
  • Link: <www.example.com/cats_part_1; rel="prev">: 前の記事セグメント

HTML の <link> タグ:

適切な <link> タグをページの <head> 要素内に記述します。

  • <link rel="next" href="next_page_URL">: 次の記事セグメント
  • <link rel="prev" href="previous_page_url">: 前の記事セグメント

備考

  • rel="prev"rel="next" は、Google に対する絶対的な指示ではなくヒントとして機能します。
  • Google は rel="prev"rel="previous" のどちらも受け付けます。
  • セッション ID など、ページの内容を変更しないパラメータがページに含まれている場合、次のリンクと前のリンクで指定された URL にも同じパラメータが含まれている必要があります。
  • rel="next"rel="prev" は、rel="canonical" 値と互換性があります。このため、両方の宣言を同じページに含めることができます。たとえば、次の HTML タグの両方を 1 つのページに含めることができます。
    <link rel="canonical" href="http://www.example.com/article"/>
    <link rel="next" href="http://www.example.com/article-part2" />
    
  • ページ指定の実装に誤りがある場合(あるはずの rel="prev" 指定または rel="next" 指定が存在しないなど)でも、Google は、ページのインデックス登録を継続し、Google 独自の経験則に沿ってコンテンツを解釈します。
  • URL は絶対指定でも相対指定でも構いません。ドキュメントに <base> リンクを記述した場合、相対パスはベース URL に従って解決されます。
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。