検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

URL 削除ツール

URL 削除ツールを使うと、Google 検索結果から Search Console プロパティのページを一時的にブロックすることができます。他の形式のページについては、こちらをご覧ください

  • リクエストによってページがブロックされる期間は約 90 日間です。この期間が過ぎると、情報が再び Google 検索結果に表示されます(完全に削除するをご覧ください)。
  • このツールを使用するには、対象の URL に対応する Search Console プロパティの所有者である必要があります。所有者でない場合は、こちらをご覧ください

Google 検索から Search Console プロパティのページを一時的にブロックするには:

  1. [URL の削除] ページを開きます。
  2. [一時的に非表示にする] をクリックします。
  3. 該当する画像、ページ、ディレクトリの相対パスを入力し、[続行] をクリックします。Search Console プロパティのルートに対する相対パスを指定し、先頭に / 記号を含める必要があります。
  4. フォームで次のいずれかの操作を選択します。
    • 検索結果でページを一時的に非表示にし、キャッシュから削除する: Google 検索結果でページを約 90 日間非表示にし、ページおよびスニペットのキャッシュ コピーを消去します。一時ブロックの期間が過ぎると、ページは再び検索結果に表示されます。一時ブロックの期間中もページは再クロールされてページ キャッシュとスニペットが更新されますが、一時ブロックの期間が終わるまで検索結果には表示されません。
    • キャッシュからのみページを削除: キャッシュされたページとスニペットを消去しますが、検索結果ではページを非表示にしません。ページ キャッシュとスニペットは更新されます。
    • 一時的にディレクトリを非表示にする: 検索結果でディレクトリ全体を約 90 日間非表示にし、指定されたディレクトリ内のすべてのページのキャッシュとスニペットを消去します。一時ブロックの期間が過ぎると、ディレクトリは再び検索結果に表示されます。一時ブロックの期間中もページは再クロールされてページ キャッシュとスニペットが更新されます。
  5. [リクエストを送信] をクリックします。リクエストが処理されるまでに 1 日程度かかることがあり、また、承認される保証はありません。送信後にリクエストのステータスをご確認ください。リクエストが承認されなかった場合は、[詳細] をクリックして説明を確認します。たとえば、送信した URL がリクエストしたブロックのタイプの要件を満たしていなかったためにリクエストが失敗したことなどが考えられます。また、特定の URL を正しくブロックするには別のタイプのリクエストが必要になる場合もあります。
  6. 対象のページに別の URL がある場合や、サーバーが処理する URL において大文字と小文字が区別される場合は、削除リクエストを追加で送信します。たとえば、以下のすべての URL が同じページを指している場合があります(正確な URL を知るための方法をご覧ください)。
    • example.com/mypage
    • example.com/MyPage
    • www.example.com/mypage
    • example.com/page?1234

キャッシュを消去したり URL を非表示にしたりしても、Googlebot のクロール スケジュールやページ キャッシュの動作は変更されません。URL の一時ブロックをリクエストした場合でも、その URL が存在し、かつ別の方法(noindex タグなど)でブロックされていなければ、URL は引き続きクロールされます。このため、ページを削除またはパスワードで保護する前にそのページが再びクロールされてキャッシュされ、一時ブロックの期間の終了後に検索結果に表示される可能性があります。

Googlebot が URL にアクセスできなくなった場合、そのページは削除されたものと見なされてブロック リクエストは終了します。以後この URL で検出されたページはすべて、新しいページとして Google 検索結果に表示されることがあります

完全に削除する

URL 削除ツールでは、一時的なブロックのみを行えます。コンテンツや URL を Google 検索から完全に削除するには、さらに以下のアクションを行う必要があります。

  • サイト上の実際のコンテンツ(画像、ページ、ディレクトリ)を削除または更新し、ウェブサーバーで 404(Not Found)または 410(Gone)のいずれかの HTTP ステータス コードを返すようにします。HTML 形式以外のファイル(PDF など)は、サーバーから完全に削除する必要があります(詳しくは、HTTP ステータス コードをご覧ください)。
  • コンテンツへのアクセスをブロックします。たとえば、パスワードを要求するようにします。
  • noindex メタタグを使用して、ページをインデックスに登録しないよう指定します。この方法は、他の方法と比較して安全性が低くなります。

URL のブロックをキャンセルするには

検索結果からの 90 日間のブロックをキャンセルする場合は、ツールのステータス ページにアクセスして、承認されたリクエストの横の [再登録] をクリックします。リクエストの処理には数日かかることがあります。

URL 削除ツールの誤った使い方

URL 削除ツールは、機密情報が誤って公開されている場合など、すぐにブロックする必要があるコンテンツに対する最初のステップとして使用します。他の目的でこのツールを使用すると、サイトで問題が発生することがあります。

  • 誤った情報をクリーンアップする目的でこのツールを使用しないでください(404 エラーの古いページなど)。サイトが変更されたため、インデックスに登録されている URL が古くなってしまった場合は、次回のクロール時にこのことが認識されて、古いページが自然に Google の検索結果から削除されます。すぐに更新するようにリクエストする必要はありません。
  • Search Console のアカウントのクロールエラーに対応する目的でこのツールを使用しないでください。 ブロックツールは、Search Console のアカウントからではなく、Google 検索結果から URL をブロックします。URL を手動でこのレポートから削除する必要はありません。しばらくすると、自然に削除されます。
  • サイトを「ゼロから再スタート」する目的でこのツールを使用しないでください。 サイトが手動による対策の対象となっているおそれがある場合や、ドメインを他者から購入した後に、サイトを何の問題もない状態で新たにスタートさせたい場合は、再審査リクエストを行うことをおすすめします。このリクエストでは、自分のサイトについてどのような懸念があるか、また何が変更されたかを Google にお知らせいただくことができます。
  • ハッキングされた後でサイトを「オフライン」にする目的でこのツールを使用しないでください。 サイトがハッキングされたため、問題のある URL をインデックスから削除したい場合は、ハッカーが作成した新しい URL(たとえば、http://www.example.com/buy-cheap-cialis-skq3w598.html)を URL ブロックツールを使用してブロックできます。サイト全体をブロックすることや、後でインデックスに登録する予定の URL をブロックすることはおすすめしません。ハッキングの痕跡をクリーンアップしてから、再びサイトを Google がクロールできるように設定してください。サイトがハッキングされた場合の対処方法についてのページをご覧ください。
  • サイトの正しい「バージョン」をインデックスに登録する目的でこのツールを使用しないでください。 多くのサイトは、同じ HTML コンテンツやファイルに複数の URL からアクセスできるようになっています。このようなサイトが重複して検索結果に表示されないようにするには、おすすめの正規化の方法についてのページをご覧ください。検索結果に表示したくない URL のブロックには URL ツールを使用しないでください。このような場合にこのツールを使用しても、ページの適切なバージョンのみが残ることはなく、URL のすべてのバージョン(http と https、www ありと www なし)が削除されてしまいます。
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。