サイトマップとは

サイトマップは、検出が難しいサイトのページの情報を Google に提供する手段です。XML サイトマップ(通常は「サイトマップ」と呼ばれます)は、簡単に言うと、ウェブサイト上にあるページのリストのことです。サイトマップを作成して送信すると、Google の通常のクロール処理では検出できない可能性のある URL を含むサイト上のすべてのページを Google に知らせることができます。

サイトマップ プロトコルに基づいてサイトマップを作成するか、テキスト ファイルまたは RSS/Atom フィードをサイトマップとして送信することができます。詳しくは、サイトマップの作成方法についてのページをご覧ください。

他にもサイトマップを使って、サイト上の動画画像モバイルニュースなど、特殊なタイプのコンテンツに関するメタデータを Google に提供することができます。たとえば、動画のサイトマップ エントリには、動画の再生時間、カテゴリ、一般向けかどうかを指定できます。画像のサイトマップ エントリには、画像の題材、形式、ライセンスに関する情報を指定できます。サイトマップを使用して、最終更新日やページの変更頻度といったサイトに関する詳細情報を指定することもできます。ニュース情報を送信する際は、別のサイトマップを使用することをおすすめします。

サイトマップは次の場合に特に役立ちます:

  • サイトに動的なコンテンツが含まれている。
  • Rich AJAX や画像を使用しているページなど、Googlebot のクロールでは簡単に検出されないページがサイトに含まれている。
  • サイトが新しい、他のサイトからのリンクが少ない。(Googlebot は、ウェブをクロールする際にリンクをたどってページ間を移動するため、サイトへのリンクが少ない場合は、Google で検出できないことがあります)。
  • 適切にリンクされていない、またはどこからもリンクされていないコンテンツ ページがサイトに大量に含まれている。

Google では、すべての URL をクロールする、またはインデックスに登録することは保証できません。それでも、サイトマップのデータを使用してサイトの構造を把握することで、サイトのクロール スケジュールおよび今後のクロール処理を改善することができます。ほとんどの場合、サイトマップを送信することで有益な結果が得られ、デメリットとなることはありません。

Google は、sitemaps.org で定められているサイトマップ プロトコル 0.9 を遵守しています。このため、サイトマップ プロトコル 0.9 を使用して Google 用に作成されたサイトマップは、sitemaps.org の規格を採用する他の検索エンジンと互換性があります。