サイトマップについて

サイトマップとは、サイトのウェブページを指定して、Google や他の検索エンジンにサイトのコンテンツの構成を伝えるファイルです。Googlebot などの検索エンジンのウェブクローラは、このファイルを読み込んで、より高度なクロールを行います。

サイトのページが適切にリンクされていれば、通常 Google のウェブクローラはサイトのほとんどのページを検出できます。それでも、特にサイトが次のいずれかの条件に該当する場合には、サイトのクロールを改善する手段としてサイトマップが役立ちます。

  • サイトのサイズが非常に大きい。 その場合、新しいページや更新されたばかりのページの一部が Google のウェブクローラによるクロール対象から漏れることがあります。
  • サイトにどこからもリンクされていない、または適切にリンクされていないコンテンツ ページのアーカイブが大量にある。 サイトのページ間に自然なリンクがない場合は、サイトマップで指定して、それらのページの一部が Google のクロール対象から漏れることがないようにすることができます。
  • サイトが新しく、外部からのリンクが少ない。 Googlebot などのウェブクローラは、ページからページヘリンクをたどることによってウェブをクロールします。そのため、他のサイトからのリンクがないページは Google のクローラに検出されないことがあります。
  • サイトでリッチメディア コンテンツを使用している、サイトが Google ニュースに表示されている、または他のサイトマップ対応アノテーションを使用している。サイトマップがあれば、状況に応じて Google 検索でサイトマップからの追加情報が考慮されます。

また、サイトマップでは、サイトマップ内で指定したページに割り当てられている有益なメタデータを提供することもできます。メタデータとは、ウェブページの最終更新日、更新頻度、サイト内の他の URL と比較した相対的な重要度といった関連情報をいいます。

サイトマップを使用して、動画画像モバイル コンテンツなど、特定のタイプのコンテンツに関するメタデータを Google に提供することもできます。たとえば、次のように動画や画像のコンテンツに関する情報を Google に提供することができます。

  • サイトマップの動画エントリで、動画の再生時間、カテゴリ、年齢制限のレーティングなどを指定できます。
  • サイトマップの画像エントリには、画像のテーマ、タイプ、ライセンスなどを指定できます。
なお、Google では主に複雑なアルゴリズムを使用して処理を行っているため、サイトマップを使用したからといって、必ずしもサイトマップで指定されているすべてのウェブページがクロールされること、インデックスに登録されることが保証されるわけではありません。とはいえ、ほとんどの場合、サイトマップを送信することで有益な結果が得られ、デメリットとなることはありません。
この記事は役に立ちましたか?