検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

ウェブマスターに関するよくある質問

この記事では、通常の検索に関するよくある質問についてまとめて回答しています。

この記事の内容:

クロールとインデックス登録

サイトがまだインデックスに登録されない

クロールとインデックス登録のプロセスには、時間がかかることがあります。また、このプロセスは多くの要素に左右されます。一般に、サイトの URL のクロールやインデックス登録がいつ行われるか、行われるかどうか、といったことについては、Google で予測や保証はできません。Search Console でサイトのインデックス登録を調べる際には、「www を含む」バージョンと「www を含まない」バージョン(たとえば「www.example.com」と「example.com」)が両方とも確認されていること、使用するドメインの設定が済んでいることをご確認ください。サイトマップ ファイルは、サイトについての情報を Google が把握するために役立ちますが、インデックスに登録されることやサイトの掲載順位が上がることを保証するものではありません。

こうしたプロセスの説明は、次のようなヘルプセンター記事でご覧いただけます。


サイトがインデックスに登録されない場合、その最も一般的な原因は概して、サイトが新しすぎることです。しばらくお待ちになってみてください(また、サイトのクロールとインデックス登録を Google にリクエストしてください)。ウェブサイト全体やウェブサイトの一部がインデックスに登録されない場合、他のよくある原因は次のとおりです。
  • ウェブサイトが、ウェブ上の他のサイトからの複数のリンクによって適切に接続されていない可能性があります。
  • ウェブサイトのデザインにより、クロールとインデックス登録が困難になっている可能性があります。サイト自体が明確にクロールやインデックス登録をブロックしている場合があります。
  • Google がクロールしようとしたとき、サイトが一時的にアクセスできない状態であったことが考えられます。この場合、Search Console でクロールのエラーを確認できます。
  • ウェブサイトがウェブマスター向けのガイドラインを遵守していること、ハッキングされたり、他の形で第三者により変更が加えられたりしていないことを確認します。
  • ごくまれに、特定のドメイン名で以前ホストされていたコンテンツが問題の原因となる可能性があります。この場合、所有権やコンテンツの変更を詳しく説明する再審査リクエストを送ることもできます。
  • 最近ウェブサイトが別のアドレスに移転した場合は、サイトの移転に関するガイドラインを遵守していることをご確認ください。
  • 以前の所有者や他の第三者がウェブサイトへのアクセス権を持っていて、Search Console から削除をリクエストした可能性があります。このようなリクエストは、Search Console アカウントで [サイト設定] / [クローラのアクセス] / [URL の削除] に移動してキャンセルできます。

2 つのドメインでアクセス可能な同一のコンテンツがある場合に、その 2 つのドメインが同じサイトであると Google で認識されるようにする方法

301 リダイレクトを使用して、代替のドメイン(example2.org)から、使用するドメイン(example.com)にトラフィックを転送します。こうすることで、Google では常にサイトのコンテンツを 1 か所で探すようになります。また、これは、Google によって(さらに他の検索エンジンでも)サイトのクロールとインデックス登録が正しく行われるようにするための最善の方法です。掲載順位のシグナル(PageRank や、サイトへのリンクなど)は、301 リダイレクトで適切に渡されます。ドメインを変更する場合は、そうした移転に関するおすすめの方法をご覧ください。

重複コンテンツがある場合に科されるペナルティの有無や必要な対処

多くの場合、サイトに重複コンテンツがあっても、ペナルティの対象とはなりませんこちらの記事をお読みください。他にも懸念事項やご不明な点などがありましたら、以下の記事をご覧ください(重複コンテンツに関する質問はよく寄せられるものです)。

サブフォルダやサブドメインを使用するメリットの有無

ご自身にとって整理や管理が最もしやすくなる方法を選んでください。インデックス登録や掲載順位に対する影響は特にありません。

サイトのコードを(W3C 検証ツールなどのツールを使って)検証すると、Google でサイトの掲載順位を上げるのに役立つか

いいえ、少なくとも直接影響することはありません。ただし、サイトの HTML を整えることで、サイトがさまざまなブラウザで適切に表示されやすくなったり、障害を持った方々やモバイル端末などでページにアクセスするユーザーにも利用しやすくなったりするので、サイトの人気度が向上する可能性があります。また、サイトへのトラフィックや自然なリンクが増えること(Google での掲載順位の上昇につながること)なども考えられます。

フレーム、「マスク リダイレクト」、「マスク転送」を使用するホスティング サービスをサイトで利用する場合、サイトのクロール、インデックス登録、掲載順位に生じる影響

サイトのコンテンツは常に、お持ちのドメイン名を使って直接ホストすることをおすすめします。フレームを用いる転送サービスを利用すると、通常、お持ちのドメイン名を使用したコンテンツのクロール、インデックス登録、掲載順位決定ができなくなります。

サイトのページ上のテキストを変更したのに、検索結果では更新されていない

ウェブサイト内のページのクロールとインデックス登録には、時間がかかることがあります。更新を強制的に行うことはできませんが、こうしたプロセスを早めるのに役立つヒントをいくつかご紹介します。

PHP や ASP、CGI、JSP、CFM などで作られたページを使用しているウェブサイトでも、インデックスに登録されるか

はい。そうした技術を使用したページがブラウザで表示可能であれば、Googlebot では通常、問題なくクロール、インデックス登録、掲載順位決定ができます。このようなページは、Google でクロールが可能である限り、クロールやインデックス登録、掲載順位に対する影響は特に生じません。サイトのページが検索エンジンのクローラでどのように表示されるかを再確認するには、たとえば、テキスト ブラウザ(Lynx など)を使ってページを表示します。

スパムを含むウェブサイトに以前関連付けられていたドメインを最近購入した場合、スパムの履歴が自分のサイトに現在影響していないことを確認する方法

 Search Console でサイトを確認したうえで、サイトの再審査をリクエストします。そのリクエストでは、該当のドメインを最近取得したことをお知らせください。

検索結果でのサイトの掲載順位


サイトへのリンクを増やす方法

サイトへのリンク数を増やす鍵は、他のユーザーがリンクしたくなるような、魅力のあるユニークなコンテンツを作成することです。ただし、サイトのコンテンツの品質を維持する必要があります。Google では、ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)に反するような不自然なリンク(たとえば、リンクの交換、有償リンク、自動生成などの方法で作成されたリンク)を検出する技術を向上させており、こうした不正な方法は有効ではありません。

リンクを増やす魅力のあるコンテンツを作成するアイデアについては、この動画をご覧ください。

What are some effective techniques for building links?


検索結果でのサイトのランクが下がった理由

ウェブは有機的で、常に進化しているので、サイトのパフォーマンスが変わる理由はさまざまです。サイトへのクロールに問題がある場合や、コンテンツに問題がある場合も考えられます。トラブルシューティングとして、まずサイトの掲載順位が上がらない理由をご確認ください。


トップレベル ドメイン(.com、.org、.gov、.ponies)が検索結果でのサイトのパフォーマンスに及ぼす影響

Google の目標は、トップレベル ドメインが何であるかによらず、関連性の高い最適な結果をユーザーに返すことです。Google のシステムが、新しい gTLD のページが最適だと判断すれば、そのページが検索結果として返されます。


競合相手が他のサイトの検索結果でのパフォーマンスを下げる可能性

Google では全力を尽くして、競合相手が他のサイトの掲載順位に悪影響を与えることを阻止しています。サイトにリンクしている別のサイトに問題がある場合は、直接そのサイトのウェブマスターに連絡することをおすすめします。Google はウェブ上に公開されている情報を収集し整理していますが、収集するページのコンテンツを管理しているわけではありません。


検索結果においてサイトに対して手動によるスパム対策が実施される可能性のあるテクニック

Google の目標は、ユーザーのクエリに対して、関連性の高い最適な結果を提供することです。ウェブマスターによっては、知らずにまたは故意に、Google のシステムをだますようなテクニックを使用することがあります。たとえば、隠しテキストや隠しリンクを追加したり、クローキングや不正なリダイレクトを使用したりする場合があります。ウェブマスター向けガイドラインの品質に関するガイドラインの節で、手動での対応が求められる可能性のある不正行為の一部について概説しています。


ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)に違反しないようにサイトを変更したことを Google に知らせる方法

再審査をリクエストします。手続きには数週間かかりますのでご了承ください。申し訳ありませんが、再審査のリクエストについて個別に回答することはできません。再審査をリクエストした後、数週間たってもサイトのパフォーマンスに変化がない場合は、そのサイトがまだウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)に違反しているか、サイトの掲載順位がもともと低い可能性があります。


Google 画像検索に自分の画像が表示されない

画像検索でのパフォーマンスを上げる一般的な方法は、画像についてできるだけ多くの情報を Google に提供することです。そのためには、詳しい説明となるようなファイル名や代替テキストを指定するか、画像サイトマップを送信します。


Google 検索に自分の動画が表示されない

動画サイトマップを作成して送信することで、動画コンテンツについて Google に知らせて、インデックスに登録することができます。動画サイトマップは、Google が通常は検出できないような動画について、Google に知らせて、動画のタイトルや再生時間などの有益な情報を提供することができます。

検索結果でのサイトの掲載内容


自分のページに違うタイトルが表示される

検索結果の最初の行は、ウェブページのタイトルです。このテキストは通常、該当ページの <title> タグのコンテンツ(ブラウザのタイトルバーにも表示されるもの)から取得されます。

ページタイトルは、そのページの内容を Google に伝える補足情報です。関連性のあるわかりやすいタイトルにすると、ユーザーが検索結果ページでどのサイトをクリックするかを判断する際にも役に立ちます。


サイトの検索結果でスニペット(サイトからの抜粋)を非表示にする方法

Google では、ユーザーのクエリに最も関連性の高いページの箇所を、自動的に引用しようと試みます。<meta name="robots" content="noindex"> メタタグを使ってこのスニペットを表示しないように指定するか、わかりやすいメタ ディスクリプションを作成して、スニペットとして表示させることができます。


サイトの検索結果に星(価格、レビュー)を表示させる方法

サイトによっては(特に大規模なレビューサイトなど)、RDFa、microdata、microformats のいずれかを使って、レビュー、商品データ、連絡先情報などの構造化情報をコンテンツ内に指定していることがあります。これはユーザーにとって非常に有益な情報ですが、サイトのコンテンツを系統立てて細かくマークアップする必要があります。


キャッシュされたページとは

Google では、検索結果からページの現在のバージョンがリンクされます。同時に、そのページの最新バージョンのコピーが保管されるので、最近のページ内容を見たいときや現在のページが表示できないとき、保管された(キャッシュされた)コピーを表示できます。キャッシュ ページのテキストのみを表示することもできます。検索エンジンでは主にテキストがクロールされるので、これはご自分のページが Google でどのように認識されているかを見るのによい方法です(たとえば、そのページのテキストのみのバージョンに、重要なコンテンツが表示されない場合、そのコンテンツが画像に埋め込まれているなどの理由で、検索エンジンには認識されていない可能性があります)。


ローカル ビジネス検索にサイトが表示されない

場所に基づくクエリ(例: 「渋谷 ラーメン」)が検知されると、関連する場所の地図が表示されます。さらに、関連のある画像もその地図に表示されることがあります(たとえば、東京の検索結果にスカイツリーの写真が表示されることがあります)。

検索結果の地図に、ご自分のお店や会社などの場所が表示されない場合、Google マイビジネスに登録されているかどうかをご確認ください。

Google 検索結果からの情報の削除


Google からページを削除する方法

Google がウェブのコンテンツを管理しているわけではありません。そのため、Google が検索結果からページを削除する前に、ページの所有者がページを変更するか、削除する必要があります。ご自分のページであれば、まず変更してください。Google は次にサイトをクロールしたときに、インデックスを更新します。

ページを変更した後、URL 削除リクエストを送信すると、削除手続きを早めることができます。ご自分の所有するサイトではなく、ウェブマスターがそのコンテンツを削除しない場合でも、コンテンツに政府発行の個人識別番号、銀行口座番号、署名などの機密情報や個人情報が含まれている場合は、削除をリクエストできます。


キャッシュされたページを削除する方法

ページを変更し、古い情報の削除を急ぐ必要がある場合は、削除リクエストで [キャッシュからのみページを削除] を選択して送信します。キャッシュされたページのリンクを今後も Google が表示できないようにするには、noarchive メタタグを使用します。


コンテンツを無断で使用された場合や、著作権を侵害された場合に、そのページを削除する方法

コンテンツが他のサイトで無断複製されても、それが Google の検索結果ページにおけるサイトの掲載順位に悪影響を及ぼすことはほとんどありません。特に悪質なケースを発見した場合は、DMCA リクエストを送信して該当コンテンツの所有権を申し立てるとともに、該当サイトを Google のインデックスから削除するようリクエストしてください。


自分のコンテンツが Google の検索結果に表示されないようにする方法

非公開コンテンツの場合、サーバー側の認証(パスワード保護)を行って、コンテンツへのアクセスをブロックする必要があります。非公開のコンテンツが公開されるのを防ぐ際に robots.txt、メタタグ、ヘッダータグには頼らないでください。次の動画で、Google やその他の検索エンジンによる非公開のコンテンツのクロールを阻止するさまざまな方法のうちいくつかをおすすめしています。

マット カッツが解説するウェブマスター ツール

null

 

noindex メタタグを使って、特定のページをインデックスに登録しないように検索エンジンに指示することもできます。この場合、robots.txt ファイルでそのページを不許可にしないでください。Google がそのページをクロールできないと、そのページのメタタグを見てそれに従うことはできません。

X-Robots-Tag ディレクティブを使用して、HTML 以外のページで利用できるロボット排除プロトコル(REP)のメタタグ サポートを追加することもできます。このディレクティブは、動画、スプレッドシート、およびその他のインデックス付きファイル形式を同様にコントロールできます。


URL 削除リクエストが拒否された理由

拒否のメッセージの横に アイコンか、詳細へのリンクが表示されているはずです。削除が拒否された個々の理由については、そこから詳細をご覧ください。

ディレクトリの 1 つまたはサイト全体の削除をリクエストした場合、リクエストが承認されるには、robots.txt ファイルでそのコンテンツをブロックしておく必要があります(404 を返すだけでは不十分です)。

キャッシュの削除をリクエストした場合は、Google のキャッシュの URL(例: http://209.85.273.132/search?q=cache:VE9bONM_7xsJ:www.example.com)ではなく、そのページの URL(例: http://www.example.com)を入力したことを確認してください。

URL が削除の要件を満たしているかどうかを確認してください。問題がまだ解決しない場合は、ウェブマスターのフォーラムに、削除しようとするページや、拒否された理由などについて詳しく記載して、新しい質問として投稿してください。

 

このページでご不明点への回答が得られない場合は、Google ウェブマスターのヘルプリソースをご覧ください(Google への問い合わせ方法も掲載しています)。Google ウェブマスター プロダクト フォーラムでは、Google 社員や他のウェブマスターからサポートを受けることができます。

Google の公式フォーラムは Deutsch • Español • Français • Italiano • Nederlands • Polski • Português • Türkçe • Русский • العربية • 中文(简体) • 日本語 • 한국어 で提供しています。

さらに、フォーラムの姉妹サイトで、その他の広範囲にわたるよくある質問もご覧ください。最新ニュースについては、Google ウェブマスター向け公式ブログをご覧ください。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。