ブラウザの互換性

ユーザーは通常、ブラウザを使用してウェブサイトを表示します。ブラウザによってウェブサイトのコードの解読方法が多少異なるため、ユーザーが使用するブラウザによってページの表示が異なる可能性があります。通常、ブラウザ固有の動作に依存した記述方法(ブラウザの自動判定に頼りコンテンツの種類やエンコーディングを明示しないなど)は避ける必要があります。また、サイトが予期しない動作をすることがないように、次のような手順を行うことができます。

できるだけ多くのブラウザでサイトをテストする

ウェブ デザインの作成が完了したら、すべてのユーザーが期待どおりの利便性を得られるよう、複数のブラウザでサイトの外観と機能を確認する必要があります。サイト開発プロセスのできるだけ早い段階でテストを開始するのが理想です。異なるブラウザ(または、同じブラウザの異なるバージョン)では、サイトが異なった仕方で表示される可能性があります。Google アナリティクスなどのサービスを使用することで、サイトの表示に最もよく使用されているブラウザを知ることができます。

正しく無駄のない HTML を作成する

無効な HTML である場合、サイトは一部のブラウザで正しく表示される可能性はありますが、現在または将来のすべてのブラウザで正しく表示される保証はありません。ページがすべてのブラウザで同一に表示されるようにするには、有効な HTML と CSS を使用してページを作成し、できるだけ多くのブラウザでテストすることが最も有効です。無駄のない有効な HTML の記述は、正しいブラウザ表示への保険だと言えるでしょう。また CSS の使用は、表示形式をコンテンツから分離して、ページの表示と読み込みを高速化するのに役立ちます。W3 コンソーシアムがオンラインで無償提供する HTML 検証サービス(リンク先は英語)や CSS 検証サービスのような検証ツールは、サイトの確認に便利です。また、HTML Tidy(リンク先は英語)などのツールを利用すると、コードをすばやく、簡単に整理できます(なお、有効な HTML の使用は推奨されていますが、Google がサイトをクロールしてインデックスに登録する方法には影響しません)。

文字エンコーディングを指定する

ブラウザがページ上のテキスト表示をスムーズに行えるように、ドキュメントのエンコーディングを常に指定するようおすすめします。一部のブラウザではドキュメントの上部以外に位置する文字セット宣言が認識されないため、このエンコーディングはドキュメント(またはフレーム)の上部で指定する必要があります。また、ウェブサーバーから競合する HTTP ヘッダーが送信されていないことを確認する必要もあります。content-type: text/html; charset=ISO-8859-1 などのヘッダーは、ホームページのすべての文字セット宣言を上書きします。

アクセシビリティを考慮する

すべてのユーザーがブラウザの JavaScript を有効にしているとは限りません。また、Flash や ActiveX といった技術は、一部のブラウザで正しく表示されないことがあります。Flash や他のリッチメディア活用のガイドラインを参考に、Lynx(リンク先は英語)などのテキスト ブラウザでサイトのテストを実施するようおすすめします。リッチメディアを使用するコンテンツや機能に対して代替テキストの専用ページを提供することで、検索エンジンによるサイトのクロールとインデックス登録がスムーズに行われます。また、スクリーン リーダーなどの代替技術を使用するユーザーがよりアクセスしやすくなるというメリットも得られます。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。