詳細モードのタイムライン

詳細モードのタイムライン

詳細モードでは、アニメーション タイムラインの各要素が独立したレイヤとして表示されます。レイヤ構造が採用されていることで、一連の要素の中でそれぞれの要素の位置を変更したり、要素を非表示にしたり、要素をロックしたりできるため、作業の効率が上がります

詳細モードでは、要素のアニメーション化を個々に行えるうえ、必要に応じて各アニメーションの移行時間やイージングを変更することも可能です。また、タイムラインにイベント マーカーやイベントラベルを追加することで、イベントを使ってアニメーションを制御したり、タイムラインを利用してイベントをトリガーしたりできます。

タイムライン上の縦線はプレイヘッドです。これは、ステージに表示されているアニメーションの現在の位置を示します。プレイヘッドを移動するには、任意のトラックまたはレイヤ上でタイムラインをクリックするか、プレイヘッドを新しい位置にドラッグします。

詳細モードのタイムライン設定

詳細モードでタイムラインを設定するには、レイヤ名の左側にある歯車アイコン をクリックします。チェックマークは有効な設定を示します。

  • アニメーション レイヤのみ表示 - アニメーションのないレイヤを非表示にするには、この項目を選択します。
  • すべてのレイヤをロック - すべてのレイヤをロックするには、この項目を選択します。すべてのレイヤのロックを解除するには、選択を解除します。
  • レイヤをすべて非表示 - ステージ上のすべての要素を非表示にするには、この項目を選択します。すべての要素を表示するには、選択を解除します。
  • タイムライン グリッドにスナップ - キーフレーム、イベント マーカー、イベントラベルを挿入、ドラッグする場合にその位置をタイムラインのグリッド線に揃えるには、この項目を選択します(デフォルトで有効です)。

タイムラインをさらにズームする

タイムラインの右上にあるスライダーを使用して、タイムラインのズームレベルを調整することができます。スライダーを右にドラッグすると、タイムラインの目盛りが拡大され、アニメーションの時間をより正確に設定できます。

詳細モードとクイックモードの切り替え

クイックモードに切り替えて、シンプルなアニメーション タイムラインを使用するには、クイックモード アイコン をクリックします。

タイムライン上のキーフレームの場所が、それぞれクイックモードのサムネイルに変換され、アニメーションが維持されます。複雑なアニメーションは、クイックモードでは編集できない場合があります。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。