可変レイアウトによる要素の配置

可変レイアウトは配置ツールの 1 つで、画面サイズの変更に応じて要素の比率とレイアウトが自動的に調整されるように要素を配置できます。可変レイアウトによる配置は、割合(%)に基づくサイズの要素と固定サイズの要素の両方で使用できるほか、その両方が混在する場合でも使用できます。可変レイアウトを使用するには、対象の広告タイプが複数の画面サイズに対応している必要があります。固定サイズの広告では可変レイアウトのメリットを活用できません。

大半の場合、画面のサイズが似ているほど、可変配置だけを使用したほうが、体裁よく調整される広告を作成しやすくなります。レスポンシブ レイアウトを作成する場合は、可変レイアウトとメディアルールを使用して、ブレークポイント間の有効範囲を広げることができます。

要素を配置するときに可変レイアウトを使用する

配置ツールを使用する前に [可変レイアウト] チェックボックスをオンにすると、割合(%)に基づく配置が作成されます。この配置では、コンテナのサイズが変更されても要素は常に互いに相対的位置を保ったまま配置されます。また、その要素のコンテナに対する相対的位置も維持されます。

パーセント ベースの可変レイアウト

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。