オブジェクトへの色の追加

要素のストロークや塗りつぶしの色を変更するには、カラーツールを使用します。色の調整は、カラーパネル、プロパティ パネルや、ツールバーのストローク ツール 、塗りつぶしツール で行えます。
ページの背景色を変更するには、要素が選択されていない状態で、[プロパティ] パネルの [塗りつぶし] フィールドを使用します。

カラーミキサー

カラーミキサーで色を選択するには:

  1. カラー スライダーを使用して、色相を選択します。
  2. カラー フィールドの内側をクリックして、適切なシェードを選択します。
  3. アルファ スライダーを使用して、色の透明度を変更します。0 で完全に透明になり、100 で完全に不透明になります。

カラーミキサーでは他に次のような操作を行えます。

  • 右上隅の [#] フィールドで、16 進数のカラーコード(0700EA など)を指定できます。
  • 既定の色ボタン をクリックして、色の設定を既定値(塗りつぶしは白、ストロークは黒)にリセットできます。
  • 塗りつぶしとストロークを入れ替えボタン をクリックして、塗りつぶしとストロークの色を交換できます。
  • 色指定なしボタン をクリックして、ストロークや塗りつぶしの色を取り消すことができます。
  • 色のグラデーションを作成できます。

要素の色の設定

カラーパネルを使って色を指定するには:

  1. 色を指定する要素をクリックします。
  2. カラーパネルの上部にある [塗りつぶし] の色見本または [ボーダー] の色見本のいずれかをクリックします。
  3. カラーミキサーで色を選択します。

プロパティ パネルを使用して色を指定するには:

  1. 色を指定する要素をクリックします。
  2. [プロパティ] パネルの [スタイル] セクションで、塗りつぶしの色フィールドまたはボーダーの色フィールドのいずれかにある色見本をクリックすると、カラーミキサーが開きます。
  3. カラーミキサーで色を選択します。

塗りつぶしツールを使用するには:

  1. ツールバーで塗りつぶしツール を選択するか、F キーを押します(ツールバーにストローク ツール やグラデーション ツール が表示されている場合は、ボタンを長押しし、ポップアップ メニューから塗りつぶしツールを選択します)。
  2. カラーミキサーで色を選択します。
  3. 色を設定する要素にカーソルを合わせると、境界線の色が緑になります。
  4. 要素をクリックします。

ストローク ツールを使用するには:

  1. ツールバーで塗りつぶしツール を長押しし、ポップアップ メニューからストローク ツール を選択します(ツールバーにグラデーション ツールが表示されている場合は、ボタンを長押しし、ポップアップ メニューからストローク ツールを選択します)。K キーを押すことでも、ストローク ツールを選択できます。
  2. ツールバーを使ってストロークをカスタマイズします。
    • ストロークやボーダーの色を選択するには、色見本をクリックします。
    • ボーダーの太さやスタイルを指定するには、[ボーダー] または [スタイル] のチェックボックスをオンにします(HTML 要素に適用されます)。
    • ストロークの太さを指定するには、[ストローク] チェックボックスをオンにします(シェイプに適用されます)。
  3. 編集する要素のボーダーにカーソルを合わせると、境界線の色が緑になります。
  4. 要素をクリックします。

色見本

色見本パレットを使用すると、色やグラデーションを保存して簡単に再利用できます。

色見本を保存するには:

  1. 色やグラデーションを保存する要素を選択します。
  2. [カラー] パネルで、[フィル] または [ボーダー] を選択します。
  3. カラーミキサーの上部にある見本ボタン をクリックします。
  4. 見本を追加ボタン をクリックします。

色見本を使用するには:

  1. 色を選択する際に、カラーミキサーの上部にある見本ボタン をクリックします。
  2. 使用する色またはグラデーションを選択します。

グラデーション

グラデーションとは、色を少しずつ変えて塗りつぶす手法です。グラデーションを作成したり変更したりするには、グラデーションの使用をご覧ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。