残量の少ない電池を長持ちさせる

スマートウォッチの電池残量が少なくなった場合は、バッテリー セーバーモードを使用して電池を長持ちさせることができます。

バッテリー セーバーをオンにする

  1. 画面が暗くなっている場合はタップして復帰させます。
  2. スマートウォッチの画面を上から下にスワイプします。
  3. 電池モードアイコン バッテリー セーバー をタップ 次に バッテリー モードを選択します。

それでも見つからない場合は、メーカーにお問い合わせください。

バッテリー セーバーが自動的にオンになるように設定する

スマートウォッチは、電池残量が 10% 以下になったときに自動でバッテリー セーバーがオンになるように設定できます。

  1. 画面が暗くなっている場合はタップして復帰させます。
  2. スマートウォッチの画面を上から下にスワイプし、[設定] 次に [システム] 次に [電池] をタップします。
  3. [10% でバッテリー セーバーをオン] をオンにします。
    • ヒント: スマートウォッチによっては、表示される割合が異なる場合もあります(15% など)。

バッテリー セーバーがオンになると何が変わるか

スマートウォッチのバッテリー セーバーをオンにすると、時刻だけが表示されます。こうして電池を節約する場合、スマートウォッチは次のような状態になります。

  • 通知が届かなくなる
  • バイブレーション、位置情報サービス、ほとんどのバックグラウンド データが無効になる
  • 「常に表示状態」のディスプレイがオフになる
  • Wi-Fi、Bluetooth、モバイル ネットワークに接続されなくなる

バッテリー セーバーがオンになっているときに時刻を確認するには、電源ボタンを押します。

スマートウォッチを外した場合の動作

スマートウォッチは、操作が行われない状態で 30 分が経過すると、手首に装着されていないと認識して省電力モードに切り替わります。

スマートウォッチによっては、次のような状態に変わる場合もあります。

  • スマートウォッチの画面がオフになる
  • スマートフォンからの通知、アラーム、アラートが無効になる
  • Wi-Fi、Bluetooth、モバイルデータ サービスがオフになる
  • バックグラウンドでの電池の消費量が減る

スマートウォッチの機能を元の状態に戻すには、再びスマートウォッチを手首に装着します。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。