Voice 利用規定ポリシー

Google Voice のポリシーは、ユーザーの皆様に Google Voice のサービスを快適にご利用いただくうえで重要です。Google Voice をご利用いただく際には、以下のポリシーを遵守してください。ポリシーに違反しているおそれのある行為を発見した場合、Google は調査を行い、Google Voice へのユーザーのアクセスを制限または停止するなどの措置を取らせていただことがあります。

迷惑メールおよび商用利用

迷惑メール、大量の広告、自動メッセージを送信したり、送信を助長したりしないでください。これには次の行為が含まれますが、これらに限定されません。

  • 多数のユーザーに商業目的や宣伝目的のメッセージを送信すること、またはメッセージを一括して送信すること
  • スクリプトなどの自動処理によるメッセージを送信すること
  • 一方的に、または大量の勧誘を送信すること
  • 不当な電話勧誘販売を禁止する法律に違反した電話をかけること
  • 電話番号を探す目的で、個人や組織(Google を含む)が所有するウェブ データを抽出すること
  • 所有者の同意を得ることなく、第三者に電話番号を販売、交換、配布すること
  • 通話トラフィックをつり上げること(例: トラフィック ポンピング、国際規模の収益分配詐欺)

嫌がらせまたはいじめ

Google Voice サービスを使用して、脅迫、いじめ、嫌がらせを行わないでくださ

暴力

露骨な暴力描写や不要な暴力表現を配布しないでください。

児童の安全

未成年者に有害なコンテンツを配布しないでください。児童を危険にさらすようなコンテンツ、たとえば児童の性的虐待の画像や、児童を性的に表現するコンテンツを配布しないでください。

なりすまし

(電話番号や別の方法を使用して)他のユーザーになりすましたり、自分自身やいかなる通話の発信元も偽って伝えたりしないでください。

知的所有権

他人の知的所有権(特許権、商標権、企業秘密、著作権、その他の専有的権利を含む)を侵害したり、知的所有権の侵害を助長、誘導したりしないでください。

プライバシー

他人の個人情報や機密情報(クレジットカード番号、非公開の身分証明書番号、アカウントのパスワードなど)を、本人の許可なく配布しないでください。

違法行為

Google Voice を使用して違法行為に関与したり、助長したりしないでください。

悪意のある製品

ウイルス、不正なソフトウェア、その他の悪意のあるコードや破壊的なコードを送信しないでください。Google または他者のネットワークやサーバーなどのインフラストラクチャの運用に害を及ぼす、または干渉するような方法で Google Voice を使用しないでください。

システム干渉および不正行為

Google Voice サービスを不正使用したり、他の Google Voice ユーザーによる Google Voice サービスの利用を妨げたりしないでください。以下に例を示します。

  • Google Voice を使用して電話番号やその他の情報を抽出しないでください。
  • Google のシステムを自動化して電話をかけたり、メッセージを自動送信したりしないでください。
  • あなた自身が所有していない、または管理していない電話番号を転送しないでください。
  • 複数のユーザー アカウントを作成しないでください。また、自動化された手段、または虚偽や不正表示によりユーザー アカウントを作成しないでください。
  • Google Voice アカウントや Google Voice サービスを商用目的で許可なく売買、再販、悪用、移譲しないでください。
  • Google Voice サービスの一部を修正、改変、翻訳、リバース エンジニアリングしないでください。
  • Google Voice サービスの著作権、商標、その他の知的所有権の表記を削除しないでください。
  • Google Voice サービスのウェブページの一部を変形したりフレーム内に表示したりしないでください。

アカウントの無効化

ユーザーが電話の発着信やテキスト メッセージの送受信を 6 か月間行っていない場合、Google では当該ユーザーに Google Voice 番号(お持ちの場合)の返却を求めることがあります。ユーザーが Google Voice に移行した番号や、永続的な番号に変更済みの番号については、返却を求めることはありません。

その他のポリシー

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。