SourceHash を使用してドライブ ファイルの重複書き出しを排除する

ドライブから Google ドキュメント、スプレッドシート、スライドのファイルを書き出すと、各ファイルのソースハッシュが XML メタデータ ファイルに含まれます。ソースハッシュではアイテムの版ごとに一意の識別子が提供されるため、アイテムを分析する前に複数の書き出しを比較して、同じコンテンツのファイルの重複書き出しを排除できるようになります。

ソースハッシュの計算には、変更日が含まれます。ファイルの変更日はコンテンツが変更されると更新されますが、共有権限の変更など、コンテンツの変更とは関係のないファイルへの変更によっても更新されることがあります。したがって、ソースハッシュが異なる 2 つの版のファイルに同じコンテンツが含まれる場合もあります。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
96539
false