組織の Vault データを書き出す

Vault を使用すると、G Suite コアサービスのユーザーデータが保持される期間を管理できます。

Vault では、組織が設定した記録保持(リティゲーション ホールド)と保持ルールに基づいてユーザーデータが保持されます。ユーザーがメッセージやファイルを削除してゴミ箱を空にしても、そうしたデータは保持されます。

G Suite の利用を停止する

組織で Google サービスの利用を停止する場合は、G Suite 管理者がデータ エクスポート ツールを使用して、ユーザーのデータを書き出すことができます。別のプロバイダに移行した後、このツールを使って、ユーザーが必要とするデータを生成します。

ただし、データ エクスポート ツールは、ユーザーが削除して Vault に保持されているデータには対応していません。ユーザーが削除して、記録保持と保持ルールによって保持されているメールとファイルは、Vault 管理者が Vault を使用して書き出す必要があります。

Gmail のメールを書き出す

  1. Vault にログインします。
  2. 新しい案件を作成するか、既存の案件をクリックします。
  3. 左側のパネルにある [検索] をクリックし、検索するデータの種類として [メール] をクリックします。
  4. ソースとして [すべてのデータ] を選択します。
  5. 検索方法として [特定のアカウント] を選択します。最多で 100 個のユーザー アカウントを入力できます。
  6. [キーワード] 欄に label: ^deleted 検索演算子を入力して、ユーザーが削除したメールに検索対象を絞り込みます。
  7. [下書きを除外する] チェックボックスをオンにします。
  8. [検索] をクリックします。
  9. 検索結果の一覧で [結果をエクスポート] をクリックします。
    1. エクスポートの名前を入力します。
    2. データ リージョンを選択します。
    3. [PST] または [MBOX] を選択します。情報保護モードのメールのコンテンツをエクスポートに含めるかどうかも選択できます。
  10. [エクスポートを開始] をクリックします。
  11. 以降の手順については、Vault からデータをダウンロードするをご覧ください。

Google ドライブのデータを書き出す

  1. Vault にログインします。
  2. 新しい案件を作成するか、既存の案件をクリックします。
  3. 左側のパネルにある [検索] をクリックし、検索するデータの種類として [ドライブ] をクリックします。
  4. ソースとして [すべてのデータ] を選択します。
  5. 検索方法として [特定のアカウント] を選択します。
    1. Vault ユーザーを 25 人まで入力できます。
    2. [共有ドライブの結果を含む] チェックボックスはオンにしないでください。
  6. [検索] をクリックします。
  7. 検索結果の一覧で [結果をエクスポート] をクリックします。
    1. エクスポートの名前を入力します。
    2. データ リージョンを選択します。
    3. ファイルへの間接的なアクセス権限のあるユーザーに関するアクセスレベル情報を含めるかどうかを決定します。
  8. [エクスポートを開始] をクリックします。
  9. 以降の手順については、Vault からデータをダウンロードするをご覧ください。
共有ドライブのデータを書き出す
  1. Vault にログインします。
  2. 新しい案件を作成するか、既存の案件をクリックします。
  3. 左側のパネルにある [検索] をクリックし、検索するデータの種類として [ドライブ] をクリックします。
  4. ソースとして [すべてのデータ] を選択します。
  5. 検索方法として [共有ドライブ] を選択します。
    1. [共有ドライブを探す] をクリックし、検索対象となる共有ドライブ メンバーのユーザー アカウントを入力します。
    2. 特定の共有ドライブをクリックします。
    3. 最多で 25 個の共有ドライブを検索できます。
  6. [検索] をクリックします。
  7. 検索結果の一覧で [結果をエクスポート] をクリックします。
    1. エクスポートの名前を入力します。
    2. データ リージョンを選択します。
    3. ファイルへの間接的なアクセス権限のあるユーザーに関するアクセスレベル情報を含めるかどうかを決定します。
  8. [エクスポートを開始] をクリックします。
  9. 以降の手順については、Vault からデータをダウンロードするをご覧ください。

Google グループのデータを書き出す

  1. Vault にログインします。
  2. 新しい案件を作成するか、既存の案件をクリックします。
  3. 左側のパネルにある [検索] をクリックし、検索するデータの種類として [グループ] をクリックします。
  4. ソースとして [すべてのデータ] を選択します。
  5. グループを入力します(複数ある場合はカンマで区切ります。最大で 50 個のグループを検索できます)。グループを 1 つも指定しなかった場合、検索はできません。
  6. [キーワード] 欄に label: ^deleted 検索演算子を入力して、ユーザーが削除したメールに検索対象を絞り込みます。
  7. [検索] をクリックします。
  8. 検索結果の一覧で [結果をエクスポート] をクリックします。
    1. エクスポートの名前を入力します。
    2. データ リージョンを選択します。
    3. [PST] または [MBOX] を選択します。情報保護モードのメールのコンテンツをエクスポートに含めるかどうかも選択できます。
  9. [エクスポートを開始] をクリックします。
  10. 以降の手順については、Vault からデータをダウンロードするをご覧ください。

Hangouts Chat のデータを書き出す

  1. Vault にログインします。
  2. 新しい案件を作成するか、既存の案件をクリックします。
  3. 左側のパネルにある [検索] をクリックし、検索するデータの種類として [Hangouts Chat] をクリックします。
  4. ソースとして [すべてのデータ] を選択します。
  5. 検索方法を選択します。
    • [ユーザー] - 最大 100 個のユーザー アカウントを入力できます。
    • [組織部門] - 特定の組織部門内を検索します。選択した組織部門に下位組織部門がある場合は、そのすべての下位組織部門も検索対象になります。組織部門のメンバーの人数は、100 人未満である必要があります。
  6. [チャットルームの検索結果を含める] チェックボックスはオンにしないでください​。
  7. [検索] をクリックします。
  8. 検索結果の一覧で [結果をエクスポート] をクリックします。
    1. エクスポートの名前を入力します。
    2. データ リージョンを選択します。
    3. [PST] または [MBOX] を選択します。
  9. [エクスポートを開始] をクリックします。
  10. 以降の手順については、Vault からデータをダウンロードするをご覧ください。

Hangouts Chat のチャットルームのデータを書き出す

  1. Vault にログインします。
  2. 新しい案件を作成するか、既存の案件をクリックします。
  3. 左側のパネルにある [検索] をクリックし、検索するデータの種類として [Hangouts Chat] をクリックします。
  4. ソースとして [すべてのデータ] を選択します。
  5. 検索方法として [チャットルーム] を選択します。
    1. 検索対象のチャットルームのメンバーを入力し、特定のチャットルームをクリックします。
  6. [チャットルームの検索結果を含める] チェックボックスをオンにします​。検索対象のアカウントがメッセージを送信したチャットルームのみが検索されます。
  7. [検索] をクリックします。
  8. 検索結果の一覧で [結果をエクスポート] をクリックします。
    1. エクスポートの名前を入力します。
    2. データ リージョンを選択します。
    3. [PST] または [MBOX] を選択します。
  9. [エクスポートを開始] をクリックします。
  10. 以降の手順については、Vault からデータをダウンロードするをご覧ください。
Vault からデータをダウンロードする

容量の大きい書き出しでは、処理が完了するまでに数時間ほどかかることがあります。書き出しが開始してから 24 時間経過すると、処理が停止され、「エクスポートされるのは結果の一部のみです」というメッセージが表示されます。その場合は、その時点までに取得されたメールやファイルをダウンロードできるほか、書き出しされていないアカウントを記載した CSV ファイルがダウンロードできます。

書き出し処理を再開するには、[エクスポートを続行] をクリックして新しい名前を指定すると、さらに 24 時間メールとファイルが取得されます。このようにして、クエリに一致したメールやファイルのすべてが取得されるまで、何度でも書き出しを繰り返します。

  1. 書き出し完了後、エクスポート名の下の [完了したファイルを表示] をクリックします。書き出し完了後にこのリンクが表示されない場合は、ページを更新してみてください。
  2. ファイルの横の [ダウンロード] をクリックして、ファイルをダウンロードします。
: 書き出したファイルは 15 日間ダウンロードでき、その後自動的に削除されます。

Vault から書き出すコンテンツについて詳しくは、Vault の書き出しの仕組みをご覧ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。