Vault を含むエディションへのアップグレードについて

Google Vault に設定済みの保持ルールがある場合、組織内の全ユーザーのライセンスを Vault ライセンスを含む Google Workspace エディションにアップグレードすると、すべてのデータが直ちに、該当する保持ルールの対象となります。組織で以前に Vault ライセンスをアドオンとして購入し、データを削除する保持ルールを設定してある場合、Vault ライセンスを持っていなかったユーザーのデータが失われる可能性があります。

注: Vault で保持ルールを設定していない場合、Vault アドオン ライセンスをすでに全員に割り当てている場合、またはアップグレード前のエディションにも Vault が含まれる場合は、アップグレードによる動作の変更はありませんので、特に予防措置は必要ありません。

Vault ライセンスが含まれているエディション Vault アドオン ライセンスでご利用いただけるエディション
  • Business Plus
  • Enterprise
  • Enterprise Essentials(ドメインの所有権を証明済みの場合のみ)
  • Education Fundamentals および Plus
  • G Suite Business
  • Frontline
  • G Suite Basic

エディションの比較

Vault ライセンスがないユーザーが一部にいる場合のデータ損失のリスク

組織内の一部のユーザーが Vault ライセンスを持っていない状態で Vault を含むエディションにアップグレードした場合、全ユーザーが現在のデータ保持および削除ポリシーの対象となります。

  • デフォルトの保持ルールは、組織内の全ユーザーに適用されます。その結果、カスタムルールで保護されていないユーザーデータが予期せず完全に削除されるおそれがあります。
  • 組織部門に適用されるカスタム保持ルールは、該当する組織部門とその子組織部門の全ユーザーに適用されます。
  • 最上位の組織部門に適用される記録保持は、組織内の全ユーザーに適用されます。

注: 後から Vault を含まないエディションに切り替えると、Vault とそのデータにアクセスできなくなります。

新規にライセンスを取得したユーザーのデータ損失を防止する

現在の保持ルールを見直し、その設定が、全員が Vault ライセンスを持つ組織にとって適切であることをご確認ください。コンテンツが完全に失われることのないよう、保持の設定に必要な変更を加えてからアップグレードしてください。

保持ポリシーの見直しが完了する前にアップグレードする場合は、Google サービスごとに保持期間を無期限とするカスタム保持ルールを作成し、組織全体に適用することができます。これらのカスタムルールを削除するまでは、すべてのデータが保持されます。

  1. vault.google.com にログインします。
  2. [保持] 次に [カスタムルール] をクリックします。
  3. [作成] をクリックします。
  4. 必要に応じて、次のオプションを選択します。
    1. サービス - データを保護するサービスを選択します。
    2. スコープ - 最上位の組織部門を選択します。グループの場合は、[すべてのグループ] を選択します。
    3. 送信日 - 使用可能なすべてのデータに適用するには、空白のままにします。
    4. キーワード - 使用可能なすべてのデータに適用するには、空白のままにします。
    5. 下書きを除外する - 使用可能なすべてのデータに適用するには、オフのままにします。
    6. 期間 - [期限なし] を選択します。
  5. [作成] をクリックします。
  6. この手順を、全データを保護するサービスごとに繰り返します。
  7. アップグレード後、ライセンスと保持ルールを確認してください。詳細

アップグレード後

  1. アドオンの Vault ライセンスへの課金を避けるために、すべてのアドオン ライセンスが削除されていることを確認してください。残っている場合は、アドオンの Google Vault ライセンスをすべて削除します。アップグレード後も、Vault のアドオン ライセンスが割り当てられたままになることがあります。
  2. 保持ルールを調べて、それらが組織の要件を満たしていることを確認してください。予防措置として無期限の保持ルールを作成した場合は、そのルールを見直し、必要に応じて削除してください。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。