Vault 用語集

Google Vault を使用する際の必知事項を以下に記載します。

監査ログ 特定の期間内に Vault ユーザーが行ったすべての操作のログ。Vault の操作は、Google Workspace のサブスクリプションがアクティブになっている間、Vault ユーザーや Google が削除または変更できないデータベースに記録されます。監査ログは、組織の Vault サービスが無効になってから約 1 か月後に削除されます。
削除 ユーザーがメッセージやアイテムをゴミ箱に移動すること。削除するには、Gmail でもドライブでも [削除] をクリックします。
完全に削除 ユーザーが Gmail またはドライブのゴミ箱を空にすること。ユーザーは完全に削除したデータを復元できません。ユーザーが Gmail のメールを完全に削除した場合、メールは Google の実稼働システムからパージされるようマーク(^deleted)が付けられます。
^deleted [ゴミ箱] フォルダから削除し、パージするよう Gmail のメールに適用される Google の内部ラベル。Gmail の 30 日間の保存ポリシーでは、^deleted というラベルの付いたメールは 30 日間保持され、その間は管理者がデータを復元できます。^deleted ラベルが付けられてから 30 日間が経過し、保持ルールまたは記録保持(リティゲーション ホールド)の適用対象にならないデータは Google のシステムからパージされます。
電子情報開示 ケースまたは調査に関連する、電子的に保存された情報を特定し、データを保持、収集、分析するプロセス。
エクスポート 検索クエリに一致する、ダウンロード可能な Google Workspace データのセット。
Gmail の 30 日間の保存ポリシー Vault ユーザーは、Gmail でゴミ箱から削除したメッセージを 30 日間 Vault で引き続き利用できます。その 30 日の間に Vault の保持ルールの期限が切れた場合でも、この保存ポリシーが優先されます。つまり、保持期間が切れた後にメッセージをパージするように保持ポリシーが設定されていても、保存ポリシーの期限が切れていなければ、メッセージは保存ポリシーの期限が切れるまでパージされません。
保留データ 記録保持(リティゲーション ホールド)の対象となったすべてのデータ。このデータは、すべての記録保持が解除されるまで削除対象から除外されます。
ライトが点滅するまで [icon] Google Workspace サービスによるデータの削除を禁止する、管理者が作成するポリシー。記録保持は、法的要件や調査の目的でデータを保持するために使用されます。
  • 記録保持は、特定のアカウントまたは特定の組織部門の全アカウントで所有または共有しているデータに適用できます。
  • 記録保持は保持ルールよりも優先されます。
  • 記録保持と保持ルールの対象となるデータは、記録保持を解除した後にのみパージできます。
  • 案件へのアクセス権がある Vault ユーザーのみが、記録保持対象のユーザーとデータを確認できます。
期限なし 保持ポリシーについては、ポリシーを変更するか、Google Workspace のサブスクリプション期間が終了するまで、Vault を介してデータが恒久的に保存されます。無期限保持データは、サブスクリプションが終了した場合または更新されなかった場合には、保持されません。
情報ガバナンス 法的および規制上の義務に準拠して、組織のデータ保持ポリシーと削除ポリシーを策定、実装するプロセス。Vault では、保持ルールを設定して、対象となるサービスのデータを一定期間保持し、必要に応じてそのデータを削除できます。
事件 特定の訴訟事件や調査に関連する電子情報開示アクティビティのコンテナ。案件には、次のものが含まれます。
  • 保存された検索クエリ(ある場合)
  • 記録保持(リティゲーション ホールド)が適用されるアカウントのリスト(ある場合)
  • 案件にアクセスできるアカウントの一覧
  • 案件に関するエクスポート セット
  • 案件の監査証跡
メッセージ メールとオフレコが解除されたチャットを総称する用語。
完全に削除しました 恒久的に削除されたデータ。データは Gmail やドライブの [ゴミ箱] フォルダから削除されています。
パージ Google の本番環境のストレージ システムからデータを完全に削除すること。パージされたデータは、どの実稼働システムでも使用できなくなるため、Vault で使用できなくなります。
削除 Gmail のゴミ箱から削除(メッセージの場合)、またはドライブのゴミ箱から削除(アイテムの場合)されること。このデータには、パージの対象としてマークが付けられます。この操作は、ユーザーがドライブで [削除] をクリックした場合とは異なります。ユーザーがドライブでゴミ箱に移動すると、アイテムはゴミ箱に移動されますが、パージのマークは付けられません。ユーザーは、削除されたメッセージやアイテムにはアクセスできませんが、Vault ユーザーは引き続き Vault でこのデータを検索したり閲覧したりできます。
保持ルール 指定したスコープと条件に一致するデータが Google サービスから削除されないようにする Vault のポリシー。データは特定の日数または無期限に保持できます。Vault ユーザーは、保持ルールの保持期間が終了したデータの処理方法を設定できます。詳細
保持期間 データが Vault で使用可能であり、Google サービスで削除されない日数。
Vault ユーザー Vault の保持ポリシーの設定、記録保持の管理、デ権限ータの検索と書き出しに必要な権限を持つ Google Workspace ユーザー。

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー