翻訳メモリの利用

翻訳メモリ(TM)を使って以前の翻訳を再利用し、翻訳を速く進めることができます。TM とは、翻訳しながら今後の利用のために翻訳を保存するデータベースです。

2 種類の TM を利用できます。

  • 個人の TM: 個人の TM には、自分の翻訳が保存されます。個人の TM は非公開にすることも、他のユーザーと共有することもできます。

  • グローバル共有 TM: グローバル TM には、翻訳者ツールキットのすべてのユーザーの翻訳が保存されます。グローバル TM は誰もが表示、利用できることにご注意ください。

翻訳するドキュメントごとに、個人の TM とグローバル TM のどちらを利用するかを選択できます。

使ってみる

翻訳メモリをアップロードする

利用する翻訳が含まれる TM をアップロードできます。数種類のドキュメントを翻訳する場合、複数の TM をアップロードして、各ドキュメントの翻訳に利用できます。

: サポートされているファイル形式は Translation Memory eXchange(TMX)です。ファイルサイズの上限は 50 MB です。

  1. 翻訳者ツールキットに移動します。
  2. 左側のメニューで [ツール] の矢印 をクリックします。
  3. [翻訳メモリ] をクリックします。
  4. 左上の [アップロード] をクリックします。
  5. [ファイルを選択] をクリックします。アップロードする翻訳メモリファイルを参照して選択し、[開く] をクリックします。
  6. [翻訳メモリ名] に名前を指定します。
  7. [共有] 設定で、その TM を翻訳者ツールキットのすべてのユーザーと共有する場合は [すべてのユーザーと共有する] をクリックします。それ以外の場合は [すべてのユーザーとは共有しない] をクリックします。注: [すべてのユーザーとは共有しない] を選択した場合、後で特定のユーザーを招待して、その TM を共有することができます。
  8. [TM を追加] をクリックします。
翻訳メモリを使って翻訳する

手順 1: TM を選択する

翻訳するファイルをアップロードする際に、使用する TM を選択できます。

または、既にアップロードしたファイルに TM を関連付けることができます。

  1. 翻訳エディタでファイルを開きます。
  2. [ファイル] > [プロパティ] をクリックします。
  3. プルダウンから TM を選択し、[OK] をクリックします。

: ファイルをアップロードする際に TM を選択すると、その TM がファイルの自動的な事前翻訳に使用されます。

手順 2: TM を使って翻訳する

  1. TM を関連付けたファイルを開きます。
  2. 翻訳エディタの右上で [ツールキットを表示] をクリックします。
  3. ドキュメントの翻訳を始めます。ツールキットの [翻訳検索結果] に TM の完全一致やあいまい一致が表示されます。
  4. 一致した訳を使用するには、[翻訳を使用する] をクリックします。一致した訳をそのまま使用することも、編集することもできます。

: ドキュメントの翻訳を終了すると、今後利用できるようにその翻訳が選択した TM に自動的に保存されます。

新しい翻訳メモリを既存の翻訳メモリに追加する

新しい TM を翻訳者ツールキットの既存の TM にアップロードできます。アップロードしたファイルの翻訳が既存の TM に追加されます。

  1. 翻訳者ツールキットに移動します。
  2. 左側のメニューで [ツール] の矢印 をクリックします。
  3. [翻訳メモリ] をクリックします。
  4. 新しい TM を追加する既存の TM をクリックして開きます。
  5. [翻訳をアップロード] タブをクリックします。
  6. [ファイルを選択] をクリックします。アップロードする新しい翻訳メモリファイルを参照して選択し、[開く] をクリックします。
  7. [アップロード] をクリックします。
  8. [保存] をクリックします。

注:

  • サポートされているファイル形式は Translation Memory eXchange(TMX)です。
  • 1 回に最大 50 MB の TM をアップロードできます。1 年間に 1 GB まで TM をアップロードできます。
  • サポートされている言語や地域の説明をご覧ください。
使用する翻訳メモリを変更する

ドキュメントの翻訳を始めてから、使用する TM の変更が必要になった場合、次のように変更します。

  1. 翻訳エディタでドキュメントを開きます。
  2. [ファイル] > [プロパティ] をクリックします。
  3. 使用する TM を選択し、[OK] をクリックします。
空の翻訳メモリから始める

今までに翻訳したことがない機密情報や極秘のコンテンツを含むプロジェクトを開始する場合、新しい空の TM を作成することをおすすめします。

  1. 翻訳者ツールキットに移動します。
  2. 左側のメニューで [ツール] の矢印 をクリックします。
  3. [翻訳メモリ] をクリックします。
  4. [アップロード] をクリックします。
  5. [ファイルを選択] はスキップします。
  6. [翻訳メモリ名] に名前を入力します。
  7. [共有] で、新しい空の TM をすべてのユーザーと共有するには [すべてのユーザーと共有する] をクリックします。それ以外の場合は [すべてのユーザーとは共有しない] をクリックします。
  8. [TM を追加] をクリックします。
  9. [OK] をクリックします。
翻訳メモリを共有する

翻訳を共同で行う場合、TM を共有すると便利です。TM を他のユーザーと共有すると、他のユーザーがその TM に保存された翻訳を利用できます。そのグループの翻訳も共有した TM に保存されます。

 

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。