運行の計画的変更

交通網、ルート、駅や停留所に変更を加えます。変更内容は、中止、変更、追加に分類されます。

運行を停止する

GTFS の運行情報

影響が及ぶサービス(交通機関、移動手段、ルート、経路、駅や停留所など)を対象に、effect=NO_SERVICE を使って運行情報を提供します。影響を受けるルートは経路検索の結果に含まれますが、Google マップ アプリのダイヤ乱れセクションに表示されます。

関連記事:

手動による運行情報

パートナー ダッシュボードで、effect=NO_SERVICE を使って運行情報を手動で追加します。

関連記事:

GTFS の静的フィード

変更内容が Google マップに反映されるまでには 24~48 時間ほどかかります。中止する運行サービスを表示したくない場合は、次の方法を使用してください。

運行サービス

calendar_dates.txtexception_type=2 を指定するか、calendar.txt で日付フィールドに 0 を入力します。

なお、運行の停止期間や中止期間が、feed_info.txtfeed_start_datefeed_end_date のフィールドで指定された期間に含まれていることを確認してください。

関連記事:

ルート

相互に関連しない複数ルートで運行を中止するには、中止するルートをすべて、特定の service_ids 内にまとめます。そのうえで、calendar_datesexception_type=2 を指定して service_ids を中止します。

関連記事:

駅や停留所

駅や停留所ごとに運行を廃止するには、stop_times.txtpickup_type=1drop_off_type=1 を指定します。これにより、各ルートの運行を効率的に閉鎖できます。この方法は、次のいずれかのシナリオで使用できます。

  • この駅や停留所を使うすべてのルートに運行中止を適用する場合。
  • 一部のルートに限って、その駅や停留所の使用を中止する場合。

関連記事:

将来のスケジュールとフィードの有効期限を更新する

GTFS の静的フィード

交通機関は、現在の運行スケジュールに影響を与えずに、将来の運行スケジュールを更新できます。それには、feed_info.txtfeed_start_date フィールドに適切な値を指定した将来のスケジュールを含むフィードを提供します。

フィードの有効期限が近くなると、複数の通知が届きます。この通知を見逃さないように、乗換案内パートナー ダッシュボードで通知の設定が適切に指定されていることを確認してください。

関連記事:

新しい臨時ルートや迂回ルートを追加する
新しいルート情報を追加するには、他の計画的ルートと同様の方法で GTFS データを更新します。そして、calendar.txt を使って、新しいルートを有効にするタイミングを指定します。静的フィードの更新内容が Google マップに反映されるまでには 24~48 時間ほどかかります。
関連記事:
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

次の手順をお試しください。

Is there something we can help you with?

Chat with a member of Transit team

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
82656
false
false