検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

フィッシング攻撃への対策と報告

フィッシング攻撃は、第三者がユーザーをだまして個人情報をオンラインで共有させようとするものです。

フィッシング攻撃の仕組み

フィッシング攻撃は多くの場合、メール、広告、またはユーザーがアクセスしたことのあるサイトに似せて作られた偽のサイトを通じて行われます。たとえば、ユーザーが利用する銀行を装ったメールを送信し、銀行口座番号の確認を求めるといった手口があります。

フィッシング サイトが要求する情報

  • ユーザー名とパスワード
  • 社会保障番号
  • 銀行口座番号
  • PIN(暗証番号)
  • クレジット カード番号
  • 母親の旧姓
  • あなたの誕生日

フィッシング サイトの報告

Google 検索で見つけたフィッシング サイトを報告する

フィッシング サイトを見つけたと思われる場合は、そのフィッシング ページをお知らせください

Google 商標を使用しているサイトを報告する

Google の商標やロゴを不適切に使用していると思われるサイトを見つけた場合は、その商標侵害をお知らせください。たとえば、Google のサイトではないにもかかわらず、Google や Gmail のロゴをページに表示しているサイトなどが該当します。

Google 検索の広告に表示されたフィッシング サイトを報告する

フィッシング サイトが検索結果ページにスポンサー リンクとして表示されている場合は、AdWords にそのサイトをご連絡ください

Google を装ったサイトやメールアドレスを報告する

Google の名称を使った詐欺への対策と報告の方法をご確認ください。

フィッシング サイトについて政府機関に申し立てを行う

フィッシング攻撃への対策

サイトから個人情報を要求するメッセージを受け取った際には十分ご注意ください。このようなメッセージを受け取った場合は、サイトが正規であると確認できるまで、要求された情報を提供しないようにしてください。可能であれば、メールのリンクはクリックせずに、別のウィンドウでそのサイトを開くことをおすすめします。

Google からパスワードやその他の個人情報を尋ねる未承諾メッセージを送信することはありません。

その他のフィッシング対策

  •  
この記事は役に立ちましたか?