JavaScript エラートリガー

Google タグ マネージャーの JavaScript エラートリガーは、捕捉できなかった JavaScript の例外(window.onError)が発生したときにタグを配信する場合に使用します。このタグを使用して、解析ツールにエラー メッセージを記録することができます。JavaScript エラー変数を使用してエラー メッセージを取得し、タグが配信されたときにその変数の値を送信します。

JavaScript エラートリガーを設定するには:

  1. [トリガー] 次に [新規] をクリックします。
  2. [トリガーの設定] をクリックして、[JavaScript エラー] を選択します。

トリガーが発動すると、次の組み込み変数に値が入力されます。

  • Error message: JavaScript のエラー メッセージのテキスト。
  • Error URL: エラーが発生したページの URL。
  • Error line: コード内でエラーが検出された行の番号。
JavaScript エラートリガーでは、タグ マネージャーが読み込まれる前にエラーが発生しても報告されず、捕捉できなかった例外のみが報告されます。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。