検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
true

AdWords コンバージョン トラッキング

AdWords コンバージョン トラッキングは、広告をクリックしたユーザーのその後の行動(商品を購入したか、資料請求をしたか、電話で問い合わせをしたか、アプリをダウンロードしたかなど)を把握できるツールです。ユーザーが、広告主様にとって価値があると思われる行動を完了することを、コンバージョンと呼びます。

AdWords コンバージョン トラッキングのタグは、タグマネージャで設定できます。タグを作成する前に、AdWords ヘルプセンターでコンバージョン トラッキングについて理解しておくことをおすすめします。

コンバージョン トラッキングのタグを設定するには、必須の AdWords コンバージョン IDコンバージョン ラベルのほか、コンバージョン値オーダー ID通貨コードを必要に応じて指定する必要があります。

オーダー ID を追加すると、コンバージョンを重複してカウントしないようにすることができます。それには、アプリまたはウェブサイトからオーダー ID を生成し、データレイヤー変数としてオーダー ID を取得するようタグマネージャを設定する必要があります。
ヒント: 処理中の他の変更を中断または待機せずにタグを公開する場合は、新しいワークスペースでタグを設定します。
  1. タグマネージャで、新しい AdWords タグを作成します。ホーム画面で、[新しいタグ]、[タグの設定]、[AdWords コンバージョン トラッキング] の順に選択します。
  2. タグの設定に使用する値を取得します。
    1. AdWords アカウントで、[運用ツール]、[コンバージョン トラッキング] の順にクリックし、[コンバージョン アクション] に移動します。
    2. [名前] 列から使用するコンバージョン アクションを選択します。
    3. コードのボックスで、AdWords のコード内の変数の値を確認して、対応する値を取得します。コンバージョン ID の場合は google_conversion_idコンバージョン ラベルの場合は google_conversion_label といった値になります。
    4. オーダー ID の場合は、オーダー ID を生成するようアプリまたはウェブサイトを設定して、その値をデータレイヤーに追加し、タグマネージャ変数を作成してオーダー ID の値を取得する必要があります。
  3. Google タグマネージャで、必須のコンバージョン IDコンバージョン ラベルの値を該当のフィールドに追加します。必要に応じて、コンバージョン値オーダー ID通貨コードを追加することもできます。その際、必ずフィールドの値に該当するタグマネージャ変数を使用します(たとえば、オーダー ID では常に該当する変数の値を使用します)。
  4. [トリガー] でトリガーを選択して、タグを配信するタイミングを指定します。
  5. [保存] をクリックしてタグの設定を完了し、変更をプレビューして、準備ができたら公開します。

次のステップ

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。