リリースノート

Google タグマネージャのリリースノート

2019 年 3 月 5 日

  • スクロール距離トリガーYouTube 動画トリガーに、トリガーを有効にするタイミングを指定するオプションが追加されました。最良の結果を得るために、スクロール距離トリガーではウィンドウの読み取り(gtm.load)を、そして YouTube 動画トリガーでは DOM Ready(gtm.dom)をご使用ください。

2019 年 1 月 29 日

  • 非常に大きなコンテナのバージョン ページに、サイズに関する警告が表示されるようになりました。詳細

2019 年 1 月 23 日

  • ユーザーインターフェイスデザインを更新しました。

2018 年 10 月 10 日

2018 年 9 月 7 日

2018 年 8 月 15 日

  • 変数選択メニューで組み込み変数をオンザフライで有効にする機能が追加されました。
  • カスタム HTML タグのバージョン間でコードの違いを検査およびハイライト表示する機能が追加されました。

2018 年 7 月 25 日

  • Google マーケティング プラットフォームが更新されました。
  • アカウント管理画面の細かな点を改善しました。

2018 年 3 月 16 日

  • ゾーンをリリースしました。360 をご利用の場合は、リンクされたコンテナがウェブサイト上のタグを配信できるように、追加のタグ マネージャー コンテナをリンクすることができます。
  • 細かいバグを修正しました。

2018 年 3 月 8 日

  • データ処理の修正条項に同意する資格のあるユーザーについて、連絡先と法人を追加できるようになりました。

2018 年 3 月 1 日

  • 組み込み変数の詳細ページに、変数が使用されている場所の一覧が表示されるようになりました。

2018 年 2 月 21 日

  • 大きな表に表示される行数の設定が、同じブラウザ内で維持されるようになりました。

2018 年 2 月 14 日

  • カスタム HTML タグエディタまたはカスタム JavaScript 変数フィールドに「{{」と入力すると、推奨される変数の選択肢が表示されるようになりました。
  • 細かなバグを修正し、UI を改善しました。

2018 年 1 月 30 日

  • タグマネージャは、Microsoft Internet Explorer 8 のコンテナ機能の公式サポートを終了しました。コンテナは読み込めるはずですが、トリガーや設定の動作には矛盾が生じる場合があります。例: [タグの配信を待つ] または [妥当性をチェック] 設定を使用するリンククリック、フォーム送信、履歴変更トリガーが想定通りに機能しない可能性があります。
  • 細かなバグを修正し、UI を改善しました。

2017 年 10 月 17 日

2017 年 10 月 10 日

  • ファーストパーティの Cookie 内の広告クリック情報をサポートするためのコンバージョン リンカータグをリリースしました。

2017 年 9 月 12 日

2017 年 9 月 6 日

  • Firebase SDK を使用する Android アプリや iOS アプリからユニバーサル アナリティクスのプロパティへ、拡張 e コマースのデータを送信できるようになりました。

2017 年 8 月 30 日

2017 年 8 月 22 日

  • Xtremepush のタグをリリースしました。
  • 表にフィルタと検索の機能が追加され、特定のタグやトリガー、変数などを見つけやすくなりました。

2017 年 7 月 11 日

  • 管理画面で、トリガーが種類別に色分けして表示されるようになりました。
  • タグにトリガーを適用する際に、一度に複数のトリガーを選択できるようになりました。

2017 年 6 月 1 日

  • Firebase Analytics タグの名称が Google アナリティクス(Firebase)に変更になりました。
  • エンティティ名にチルダ(~)が使えるようになりました。
  • バグを修正しました。

2017 年 5 月 18 日

  • DistroScale、Lytics、Oktopost のベンダータグをリリースしました。

2017 年 4 月 26 日

  • [アカウント] 画面の UI を改善しました。
    • コンテナを選択するまで、上部のナビゲーションは表示されません。
    • アカウント名の右にある歯車アイコンをクリックすると、アカウントの管理コントロールにアクセスできます。
  • 公開のワークフローを変更しました。[プレビュー] をクリックすると、コンテナがプレビュー モードになります。[送信] をクリックすると、コンテナのバージョンを作成するか、公開するか、承認をリクエストできます。詳しくは公開、バージョン作成、承認のワークフローの説明をご覧ください。
  • タグマネージャ 360 でもワークスペースを承認できるようになりました。

2017 年 3 月 30 日

  • Tag Manager API バージョン 2 をリリースしました。
  • タグ、トリガー、変数でメモを利用できるようになりました。利用するには、その他のアクション メニュー action menu をクリックして [メモを表示] を選択します。

2017 年 2 月 1 日

  • 一部のタグエディタや変数エディタで、変数選択用のプルダウン メニューから新しい変数を作成できるようになりました。
  • さまざまな細かいバグを修正し、管理画面の機能を強化しました。

2016 年 11 月 16 日

  • データ処理の修正条項が EU やスイスのほか、指令 95/46/EC の実施国の対象地域に拠点を置くビジネスにも適用されるようになりました。
  • オーディエンス センター 360 のタグを利用できるようになりました。

2016 年 10 月 24 日

  • Firebase が自動的に収集するイベント向けの新しいトリガーをリリースしました。
  • 作業対象のイベントに基づいて、Firebase の推奨イベント パラメータを選択する機能をリリースしました。
  • AMP ページ用の新しいコンテナをリリースしました。
  • 以下の新しいタグ テンプレートを AMP コンテナ用にリリースしました。
    • Adobe Analytics
    • AdWords
    • AT Internet
    • Burt
    • Chartbeat
    • Clicky
    • comScore
    • Cxense
    • DoubleClick
    • Google アナリティクス
    • Krux
    • LinkedIn
    • Linkpulse
    • Médiamétrie
    • mParticle
    • ÖWA
    • Parse.ly
    • Piano
    • Quantcast
    • Segment
    • SimpleReach
    • Snowplow
    • Webtrekk

2016 年 10 月 18 日

  • 以下の新しいタグ テンプレートを、ベンダータグ テンプレート プログラムの一環としてリリースしました。

    • Nielsen DCR Static Lite のタグ
    • Shareaholic
  • モバイル ブラウザのユーザビリティに関するバグを修正しました。

2016 年 9 月 28 日

  • 以下の新しいタグ テンプレートを、ベンダータグ テンプレート プログラムの一環としてリリースしました。

    • AB TASTY の汎用タグ
    • Bing Ads ユニバーサル イベント トラッキング
    • Bizrate Insights の購入者アンケート ソリューション
    • Bizrate Insights のウェブサイト離脱アンケート ソリューション
    • Hotjar トラッキング コード
    • Infinity のコール トラッキング タグ
    • Intent Media - Search Compare Ads
    • K50 トラッキング タグ
    • LeadLab
    • Message Mate
    • Google オプティマイズのコンバージョン タグ
    • Personali Canvas
    • Placed
    • Pulse Insights Voice of Customer Platform
    • Quantcast Audience Measurement
    • SaleCycle JavaScript タグ
    • SaleCycle Pixel タグ
    • Survicate ウィジェット
    • Yieldify
  • Google オプティマイズのタグ テンプレートをリリースしました。
  • タグマネージャのコンテナ スニペットのガイドを更新しました。詳細については、ヘルプセンターデベロッパー ガイドをご覧ください。
    • JavaScript スニペットの設置場所が <head> に変更になりました。
    • 新しいコンテナ スニペットでは、HTTPS をデフォルトで使用します。
  • [ディスプレイ広告向け機能を有効にする] チェックボックスの場所が [その他の設定] > [広告] に変更になりました。

2016 年 9 月 14 日

  • ごみ箱をリリースしました。アカウントやコンテナを完全に削除する前に確認し、復元できるようになりました。
  • Twitter Universal Website Tag をリリースしました。
  • さまざまなバグを修正しました。

2016 年 8 月 29 日

  • ワークスペースをリリースしました。
  • 権限の動作を変更しました。
    • アクセス権の名前を変更しました。これまでコンテナの「表示と編集のみ」権限が付与されていたユーザーには、「承認」アクセス権が付与されます。このアクセス権は、コンテナに対して以前と同じ権限があります。
    • 新しいアクセス権として「編集」を導入しました。このアクセス権が付与されたユーザーは、バージョンの作成や公開ができなくてもタグを操作できます。
  • 複数コンテナがデバッグモードに対応しました。
  • さまざまな UI を改善しました。

2016 年 8 月 12 日

  • DoubleClick タグで最大 100 個のカスタム変数を使用できるようになりました。

2016 年 7 月 13 日

  • Apsalar タグ テンプレートをリリースしました。
  • ヘルプセンターへのリンクが新しいタブで開くようになりました。
  • 相対的に表現されている日付(「1 か月前」など)にカーソルを合わせると、ツールチップに詳しいタイムスタンプが表示されるようになりました。

2016 年 6 月 22 日

  • 複数の Google アカウントの切り替えが、ログインし直さずにできるようになりました。
  • タグ呼び出しオプション「1 ページにつき 1 度」を選択すると、一定の条件下でタグが複数回配信されるバグを修正しました。

2016 年 5 月 18 日

  • モバイルアプリ向け Google タグ マネージャーの新しいバージョンをリリースしました。新しいバージョンは Firebase と統合されています。Firebase は、総合的な開発ツールと解析機能を提供する Google の新しいモバイルアプリ プラットフォームです。詳細については、モバイルアプリ向けタグマネージャの最新情報をご覧ください。
  • カスタム HTML タグのサイズの上限を 100 KB に引き上げました。ただし、タグのサイズがこの上限に近づくと、UI に影響が出る可能性があります。また、コンテナの全体的なサイズの上限に変更はないため、このサイズのタグは慎重に取り扱うようにしてください。

2016 年 1 月 21 日

2016 年 1 月 13 日

  • コンテナのアクティビティ ページをリリースしました。管理画面の [コンテナ] メニューからアクセスできます。
  • さまざまな機能の改善とバグの修正を行いました。

2015 年 11 月 23 日

  • 環境を設定できるようにしました。

2015 年 11 月 11 日

  • Criteo のタグ テンプレートをリリースしました。
  • Google アナリティクスのウェブテストの変数でバグを修正しました。
  • Firefox でダイアログが正しく表示されない問題を修正しました。

2015 年 10 月 21 日

  • [要素タイプ] メニューに修正を加える際に、URL 変数に永続的に残るフラグメントの問題を修正しました。
  • さまざまなバグを修正しました。

2015 年 9 月 23 日

  • 細かいバグを修正しました。

2015 年 9 月 16 日

  • さまざまなバグを修正しました。

2015 年 8 月 19 日

  • タグの順序付けをリリースしました。
  • バージョン ページの [操作] メニューからバージョンをエクスポートできるようになりました。
  • Android コンテナにアプリ バージョン名の組み込み変数を追加しました。

2015 年 8 月 13 日

  • さまざまなバグを修正しました。

2015 年 7 月 31 日

  • カスタム HTML エディタでさまざまな改善を行いました。

2015 年 7 月 21 日

  • Crazy Egg タグ テンプレートをリリースしました。
  • パーフェクト オーディエンス ピクセルのタグ テンプレートをリリースしました。
  • さまざまなバグを修正しました。

2015 年 7 月 16 日

  • フォルダをリリースしました。
  • カスタム HTML フィールドに強調表示や色合いの構文を含めることができるようになりました。
  • カスタム HTML タグで [support document.write] ボックスにチェックを入れずに document.write を使用すると、警告が表示されるようになりました。

2015 年 7 月 8 日

  • プレビュー モードで、コンテナのサマリーのプレビュー カードやバージョン ページに表示されている各エントリの [操作] プルダウン メニューから、プレビューを共有できるようになりました。
  • さまざまな UI を改善しました。

2015 年 6 月 16 日

  • 2 段階認証プロセスのエラー処理を改善して実装しました。
  • 古いコンテナにコンテナ スニペットをインストールするときに発生する問題を修正しました。
  • タグ優先値設定を消去するときに発生する問題を修正しました。
  • IP アドレスのユニバーサル アナリティクス タグの匿名化に関する問題に対処しました。
  • ウェブテストの目標 ID コンバージョンに関する問題を修正しました。
  • クリック リスナー オプションを「すべての要素」と「リンクのみ」に分類しました。

2015 年 6 月 3 日

  • 多くの新しいタグの種類を追加しました。
  • バージョンにアクティビティの詳細が表示されるようになりました。
  • 最近のアクティビティに [もっと見る] ボタンを追加しました。
  • その他のバグの修正とパフォーマンスの改善を行いました。

2015 年 5 月 28 日

  • 管理画面のパフォーマンスが向上しました。

2015 年 5 月 20 日

  • すべての新しいアカウントは V2 で作成されます。V1 からのリクエストはすべて V2 管理画面に転送されます。
  • 管理画面のパフォーマンスが向上しました。

2015 年 4 月 1 日

  • V2 へのオプトイン移行は、すでにご利用いただけます。詳細
  • DOM 要素変数に関して、CSS セレクタを使用できるようになりました。

2015 年 3 月 26 日

  • Adometry タグがタグ テンプレートのリストに追加されました。
  • アカウント レベルの変更履歴が利用可能になりました。[管理] -> [アカウント アクティビティ] をご覧ください。
  • 要素属性が自動イベント変数タイプのリストに追加されました。

2015 年 3 月 12 日

  • さまざまなバグを修正しました。

2015 年 3 月 5 日

  • Bizo タグが LinkedIn に変更されました。
  • さまざまなバグを修正しました。

2015 年 2 月 26 日

  • 新しいタグ、トリガー、変数を作成する際の名前欄がフォームの上部に移動しました。既定の名前が変更されていないと、最後のステップでタグの名前を変更するようメッセージが表示されるようになりました。
  • さまざまなバグを修正しました。

2015 年 2 月 18 日

  • トリガー設定時に CSS セレクタを演算子として使える機能が追加されました。

2015 年 2 月 12 日

  • モバイル コンテナが V2 でサポートされるようになりました。
  • Floodlight との統合と承認が V2 でサポートされるようになりました。
  • 削除されたコンテナのバージョンを表示、復元する機能が追加されました。
  • いくつかのフィールドが「設定するフィールド」に統合されました。また、プルダウン メニューが追加されて、フィールド名を選択できるようなりました。
  • バージョンのメモのバグを修正しました。

2015 年 2 月 5 日

  • V2 で表の並べ替えが可能になりました。
  • V2 でエラー メッセージが改善されました。

2015 年 1 月 28 日

  • マイナーなバグが修正され、ユーザーの利便性が改善されました。

2015 年 1 月 22 日

  • V2 でローカライズが可能になりました。
  • V2 で言語設定の選択機能が追加されました(歯車メニュー -> [設定])。
  • さまざまなバグを修正しました。

2015 年 1 月 14 日

  • V2 で [アカウント] 画面に変更を加えました。
  • XML メディアのタイプで表示されるページのバグを修正しました。
  • さまざまなバグを修正しました。

2015 年 1 月 8 日

  • 「プレビューを共有」のサポートが V2 に追加されました。
  • さまざまなバグを修正しました。

2014 年 12 月 10 日

  • コンテナのインポート / エクスポート:
    • 外部 API で使用されている JSON 形式に対応するようにエクスポートの形式が変更されました。
    • さまざまなバグを修正しました。
  • Google 認定ショップタグに、バッジの掲載位置と言語の新しい項目が追加されました。
  • IDFA の収集が iOS のユニバーサル アナリティクスで可能になりました。ユニバーサル アナリティクス タグで [ディスプレイ広告向け機能を有効にする] チェックボックスをオンにしてください。
  • 自動イベント クリック トラッキング:
    • クリック リスナー(V1)とクリック トリガー(V2)は、可能な場合は JavaScript イベントの取得を使用するようになりました。これにより、Google タグマネージャが機能しないページの特定のコードの問題が修正されました。リンククリックには適用されません。
    • V2 ではリンククリックとフォームの送信のトリガーで [検証をチェック] が既定で true に設定されます。
  • 参照 URL マクロで参照 URL の欄が空の場合、またマクロが URL のコンポーネントに基づく場合のバグが修正されました。
  • デバッグモードの、ハッシュで終了する URL の動作に関する問題が修正されました。

2014 年 11 月 21 日

  • 認定ショップタグでロケール フィールドが必須になりました。
  • 既定の変数用の API 対応が追加されました。

2014 年 11 月 12 日

  • V2: タグ、トリガー、変数のリストが名前順(アルファベット順)で表示されるようになりました。
  • V2: タイマーのトリガー イベントの名前が固定されました。
  • V2: ユーザー設定用のページが追加されました。
  • V2: [一部のページ] を設定する際の [ページの選択] 画面にある [保存] ボタンに関するバグを修正しました。
  • API 検証に関するバグが修正されました。

2014 年 10 月 29 日

  • プレビュー モード、ComScore タグ、Google 認定ショップタグ、API に関するさまざまなバグを修正しました。

2014 年 10 月 15 日

  • バージョン 2(ベータ版)が利用できるようになりました。管理画面が大幅に改良され、ワークフローも刷新されています。詳細
  • アカウントとコンテナをプログラムで管理できる API をリリースしました。詳細
  • すべてのユーザーがコンテナのインポート / エクスポートを行えるようになりました。詳細

2014 年 10 月 2 日

  • イギリス、フランス、ドイツ、オーストラリア、日本のユーザーが、Google 認定ショップを利用できるようになりました。

2014 年 9 月 17 日

  • AdWords コンバージョン トラッキング: Android コンテナに AdWords タグを設定している場合に、AdWords にコンバージョン数が表示されるようになりました。アプリを再公開すると、この機能が有効になります。

2014 年 9 月 5 日

  • デバッグモードの安定性が向上:
    • keyName を表示することで、ネストされた値で循環参照を円滑に処理できるようになりました。
    • マクロによってデータレイヤーにプッシュされたイベントが、デバッグモードには表示されなくなりました(公開モードでは機能します)。
  • バグの修正により、カスタムの HTML タグとカスタムの JavaScript マクロで使用されているすべてのマクロは、イベントの有効期間中に同じ値を返すようになりました。こちらをクリックすると、詳細情報と新しい動作環境での操作方法をご確認いただけます。

2014 年 8 月 27 日

  • 一部の JavaScript マクロによる dataLayer へのプッシュが不適切だった場合のデバッグモードの動作を修正しました。
  • ユニバーサル アナリティクス タグの [設定するフィールド] で、JavaScript マクロを使用しなくてもブール値を取得できるようになりました。

2014 年 8 月 22 日

  • AdWords コンバージョン トラッキング タグ: コンバージョン値が任意のフィールドになりました。
  • AdWords コンバージョン トラッキング タグ: 通貨コード用の新しいフィールドが追加されました。
  • Floodlight 販売タグ: 商品レポートに対応しました。

2014 年 7 月 31 日

  • ユニバーサル アナリティクスの iOS 対応拡張 e コマースを導入しました。
  • iOS 向けのディスパッチの管理性が強化されました。

2014 年 7 月 25 日

2014 年 7 月 5 日

  • デバッグモードのさまざまなバグを修正しました。

2014 年 7 月 1 日

2014 年 6 月 4 日

  • ユニバーサル アナリティクスの新しい「拡張 e コマース」プラグインに対応しました。ユニバーサル アナリティクス タグにより、Google タグマネージャで購入や払い戻し、商品の表示回数などをトラッキングできます。詳細については、e コマース トラッキング(ユニバーサル アナリティクス)をご覧ください。

2014 年 5 月 21 日

  • JavaScript マクロ、カスタムの HTML タグ、ユーザー設定に対する変更の管理オプションとして、2 段階認証プロセスが有効化されました。

2014 年 5 月 15 日

  • 自動イベント トラッキング用の <area> タグのバグを修正しました(リンククリック リスナーでトラッキングするようになっています)。
  • Internet Explorer でのユニバーサル アナリティクス タグのバグを修正しました。特定の状況下で、このタグによって送信された最初のピクセルが IE で欠落する問題が生じていました。

2014 年 5 月 6 日

2014 年 4 月 29 日

  • ユニバーサル アナリティクス タグのバグ修正: legacyHistoryImport フィールドが [設定するフィールド] で適切に機能するようになりました。

2014 年 4 月 22 日

  • URL マクロの改良: 任意の URL から一部分やホスト名を取得できる機能を追加しました。

2014 年 4 月 15 日

  • URL マクロの改良: 参照 URL や自動イベント変数「要素 URL」の一部分を取得できる機能が追加されました。
  • ユーザーの分布やインタレスト カテゴリのレポート、Google アナリティクスによるリマーケティング、DCM との統合など、ディスプレイ広告向けの機能がユニバーサル アナリティクス タグに追加されました。

2014 年 4 月 8 日

  • ユニバーサル アナリティクス:
  • 小規模なバグ修正:
    • 大規模で複雑なページの場合、IE8 では gtm.dom イベントが早期に配信される問題を修正しました。
    • Google アナリティクスのトラッキング コードを確認する手順を改善しました。

2014 年 3 月 18 日

  • 定数文字列マクロ: 上限が 1024 文字に引き上げられました。
  • ルックアップ テーブルマクロ: UI が修正されました。ルックアップ テーブルが選択された場合に 2 列目のヘッダーが更新され、マクロ名が適切に含まれるようになりました。
  • フォーム送信リスナー: フォームに「action」という名前の入力があった場合の問題を修正しました。
  • モバイルアプリ向けのウェブテスト: Google タグマネージャから直接ウェブテストを実施できる機能が追加されました。

2014 年 3 月 11 日

  • タグ、ルール、マクロの編集ページの UI に小規模な変更を加えました。[バージョンの作成 / 公開] ツールバーが削除されました。

2014 年 3 月 4 日

  • 自動イベント履歴リスナー: 他の自動イベント トラッキング タグ(クリック リスナーやフォーム リスナーなど)と同様に、「イベント リスナー」に新しいタイプのタグ「ブラウザ履歴リスナー」を追加しました。このタグを実行すると、ページの履歴に対する変更がリスニングされます。通常、これらの履歴イベントは、URL のフラグメント(ハッシュ)が Ajax アプリで変更された場合や、サイトで HTML5 pushState API が使用されている場合に発生します。このイベント リスナーは仮想ページビューをトラッキングする場合に役立ちます。
  • JavaScript エラーリスナー タグの修正: ソース URL マクロが適切に機能するようになりました。
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。