画像の調整

写真を調整すると、調整前とはまるで違った写真になります。ホワイト バランス、サチュレーション、コントラスト、明るさを調整したり、アンビアンス補正機能を使って深みや鮮やかな色彩を作り出したりすることができます。

                         
補正前補正後

画像調整フィルタは、色調(光の分布)と画像の全体的な外観を改善するための補正機能です。

使用可能なコントロール:

明るさ
右にスワイプすると写真が明るくなり、左にスワイプすると暗くなります。

アンビアンス
特別な種類のコントラスト補正機能で、写真の光のバランスをコントロールします。逆光の写真の調整に使用するほか、写真全体のコントラストを強調するために使用できます。被写体が背景より暗い場合は、右にスワイプします。暗い被写体のコントラストを上げ、暗めの被写体の周囲をわずかに明るくするには、左にスワイプします。これは、ややめりはりに欠ける写真で特に効果的です。

コントラスト
右にスワイプするとコントラストが強くなり、左にスワイプするとコントラストが弱くなります。

サチュレーション
右にスワイプすると色の彩度が高くなります(つまり、鮮やかさが増します)。左にスワイプすると、彩度が低くなります。値を -100 にすると、一切色のない写真になります。

ホワイト バランス
画像の色のバランス調整に使用します。照明に問題がある状況で撮影された画像に効果的です。コントロールを左に動かすと、青みが増して赤みが減り、冷たい色の画像になります。右に動かすと、赤みが増して青みが減り、暖かい色の画像になります。コントロールを端まで移動させると、蛍光灯などの極端なカラーキャストを補正できます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。