DS 階層型 URL テンプレートの作成と適用

商品グループ、ダイナミック ターゲット、ダイナミック広告専用の URL テンプレートを作成する

商品グループの URL テンプレートを指定する

継承をオーバーライドする

専用の URL テンプレートが定義されていない商品グループは、広告グループまたはそれより上位で指定された URL テンプレートを継承します。

商品グループで継承したテンプレートをオーバーライドするには:

  1. Google 広告または Microsoft Advertising のアカウントに移動します。
  2. [ターゲット ▼] タブをクリックして、[商品グループ] をクリックします。
  3. レポートの表に [URL テンプレート] 列を追加します。
  4. [URL テンプレート] 列でテンプレートのプロパティを入力します。
  5. 列の外側をクリックします。

これで、商品グループがエンジンに再入稿され、テンプレートが適用されるようになります。

継承を再開する

商品グループ専用の URL テンプレートは、広告グループまたはそれより上位で指定された URL テンプレートに優先します。

商品グループの URL テンプレートを削除して、上位のテンプレートを継承するには:

  1. Google 広告または Microsoft Advertising のアカウントに移動します。
  2. [ターゲット ▼] タブをクリックして、[商品グループ] をクリックします。
  3. レポートの表に [URL テンプレート] 列を追加します。
  4. [URL テンプレート] 列で、既存の URL テンプレートを削除します。
  5. 列の外側をクリックします。

これで、商品グループがエンジンに再入稿され、上位レベルのテンプレートが適用されるようになります。

商品グループ テンプレートは子商品グループにコピーされる

特定の商品グループに対して、上位のレベルから URL テンプレートを継承せずに、直接 URL テンプレートを指定している場合、その商品グループが再分割されると、次のように処理されます(手動による再分割であっても、ショッピング キャンペーン最適化機能による自動再分割であっても同じです)。

  • 新しい子商品グループには、まず親の URL テンプレートのコピーが適用されます。この URL テンプレートをそのまま使用することもできます。また、必要に応じて、子商品グループのテンプレートの編集や削除を行うこともできます。
  • 親商品グループの URL テンプレートの編集や削除はできなくなります。

例:

URL templates are inherited
  1. 「Electronics」という名の商品グループに対して、次の URL テンプレートを指定します。
    https://tracker.com/?url={escapedlpurl}
     
  2. 「Stereos」と「Cameras」という商品グループが作成されると、最初は、親の「Electronics」商品グループから URL テンプレートを継承します。

    この段階で、「Electronics」の URL テンプレートは編集や削除をすることができなくなります。
     
  3. 子商品グループの URL テンプレートを編集できます。たとえば、特定の商品 ID を第三者トラッキング サービスに渡すには、「&sid=1234567」というパラメータを「Cameras」の URL テンプレートに追加します。

Google 広告 ダイナミック ターゲットの URL テンプレートを指定する

Google 広告キャンペーンのダイナミック ターゲットを作成する際は、[ダイナミック リンク先 URL] または [追加トラッキングを含むダイナミック リンク先 URL] を指定できます。それぞれを指定した場合の動作は、次のとおりです。

  • [ダイナミック リンク先 URL] を指定した場合は、動的検索広告で指定された URL テンプレート(広告で定義されていない場合は、広告グループまたはそれより上位の URL テンプレート)が継承されます。
  • ダイナミック ターゲットを作成する際に [追加トラッキングを含むダイナミック リンク先 URL] を指定した場合、URL とトラッキング パラメータが URL テンプレートとして Google 広告に入稿されます。このダイナミック ターゲットにより、上位レベルで指定されている URL テンプレートがオーバーライドされます。[動的広告ターゲット] タブに [URL テンプレート] 列を追加すると、ターゲットの作成時に入力した URL とトラッキング パラメータが表示されます。

ダイナミック ターゲットの作成後に URL テンプレートを変更する手順については、下記をご覧ください。

既存のダイナミック ターゲットの継承をオーバーライドする

既存のダイナミック ターゲットで継承したテンプレートをオーバーライドするには:

  1. 動的検索広告が設定されている Google 広告キャンペーン内の広告グループに移動します。
  2. [ターゲット ▾] タブをクリックして [動的広告ターゲット] を選択します。
    [動的広告ターゲット] が表示されない場合は、キャンペーンに動的検索広告が設定されていません。
  3. レポートの表に [URL テンプレート] 列を追加します。
  4. [URL テンプレート] 列でテンプレートのプロパティを入力します。
  5. 列の外側をクリックします。

これで、ダイナミック ターゲットが Google 広告 に再入稿され、テンプレートが適用されるようになります。

既存のダイナミック ターゲットの継承を再開する

ダイナミック ターゲット専用の URL テンプレートは、動的検索広告で指定された URL テンプレート(広告で定義されていない場合は、広告グループまたはそれより上位の URL テンプレート)に優先します。

ダイナミック ターゲットの URL テンプレートを削除して、上位のテンプレートを継承するには:

  1. 動的検索広告が設定されている Google 広告キャンペーン内の広告グループに移動します。
  2. [ターゲット ▾] タブをクリックして [動的広告ターゲット] を選択します。
    [動的広告ターゲット] が表示されない場合は、キャンペーンに動的検索広告が設定されていません。
  3. レポートの表に [URL テンプレート] 列を追加します。
  4. [URL テンプレート] 列で、既存の URL テンプレートを削除します。
  5. 列の外側をクリックします。

これで、ダイナミック ターゲットが Google 広告 に再入稿され、上位のテンプレートが適用されるようになります。

Google 広告 動的検索広告の URL テンプレートを指定する

継承をオーバーライドする

専用の URL テンプレートが定義されていない動的検索広告は、親の広告グループで指定された URL テンプレート(広告グループで定義されていない場合はそれより上位の URL テンプレート)を継承します。

継承したテンプレートをオーバーライドするには:

  1. Google 広告アカウントに移動します。
  2. [広告] タブをクリックします。
  3. レポートの表に [URL テンプレート] 列を追加します。
  4. [URL テンプレート] 列でテンプレートのプロパティを入力します。
  5. 列の外側をクリックします。

これで、広告が Google 広告 に再入稿され、テンプレートが適用されるようになります。Google 広告 でテンプレートが適用されたことを確認します。

継承を再開する

動的検索広告専用の URL テンプレートは、親の広告グループで指定された URL テンプレート(広告グループで定義されていない場合は、それより上位の URL テンプレート)に優先します。

広告の URL テンプレートを削除し、上位のテンプレートを継承するには:

  1. Google 広告アカウントに移動します。
  2. [広告] タブをクリックします。
  3. レポートの表に [URL テンプレート] 列を追加します。
  4. [URL テンプレート] 列でテンプレートのプロパティを入力します。
  5. 列の外側をクリックします。

これで、広告が Google 広告に再入稿され、上位のテンプレートが適用されるようになります。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。