キャンペーンをコピーする

キャンペーンの更新が照合されコピーされる仕組み

キャンペーンを最初にコピーした後で、新しい広告グループ、キーワード、広告をコピー元のキャンペーンに追加すると、その項目をコピー先のキャンペーンにもコピーできます。コピー元のキャンペーンの一部の設定に行う変更も、コピー先のキャンペーンにコピーすることができます。

コピー先のエンジンに、キャンペーン、広告グループなどの項目のコピーがすでに存在するかどうかを判断するために検索広告 360 で照合される設定を、以下の表に示します。この表では、コピーが存在する場合と、存在しない場合の検索広告 360 での処理についても示します。

たとえば、Google 広告エンジン アカウントと Microsoft Advertising エンジン アカウントの両方に、まったく同じ名前のキャンペーンがある場合、検索広告 360 ではこの 2 つのキャンペーンはコピーであると想定されます。その場合、コピー先に新しい広告グループ、広告、キーワードがあればコピーされ、キャンペーン予算とステータスの設定の更新が選択できるようになります。

項目 照合される設定 処理
異なるエンジン アカウントのキャンペーン キャンペーン名

コピー元とコピー先で名前が一致する場合、以下がコピーされます。

  • 新しい広告グループ、広告、およびキーワード
  • キャンペーン予算(この設定の更新を選択した場合)
  • キャンペーンのステータス(この設定の更新を選択した場合)
コピー元のキャンペーンのステータスが [削除済み] の場合は、コピー先では何も更新されません。つまり、キャンペーンをコピー先のアカウントから手動で削除する必要があります。ラベルはコピーされません。

名前が一致しない場合、コピー先のアカウントに、サポートされている設定を含む、新しいキャンペーンが作成されます。

同じエンジン アカウント内のキャンペーン 「<コピー元のキャンペーン名>
のコピー」

同じエンジン アカウント内でコピーを行った場合、コピー先の新しいキャンペーンの名前は、
<コピー元のキャンペーン名> のコピー
」になります。たとえば、コピー元のキャンペーン名が「全般 - 靴」の場合、そのコピーの名前は、デフォルトで「全般 - 靴 のコピー」に設定されます。

コピー元とコピー先で名前が一致する場合、以下がコピーされます。

  • 新しい広告グループ、広告、およびキーワード
  • キャンペーン予算(この設定の更新を選択した場合)
  • キャンペーンのステータス(この設定の更新を選択した場合)

名前が一致しない場合、サポートされている設定を含む、新しいキャンペーンが作成されます。たとえば、「全般 - 靴 のコピー」を「全般 - 靴 - 東北 のコピー」に変更した場合は、新しいキャンペーンが作成されます。

広告グループ 広告グループ名

名前が一致した場合、選択した設定に更新内容がコピーされます。

  • 広告グループのステータス

名前が一致しない場合、サポートされている設定、キーワード、広告を含む、新しい広告グループが作成されます。

キーワード
  • テキスト
  • マッチタイプ

キーワードが一致した場合、選択した設定が更新されます。

  • ランディング ページ URL
  • 上限 CPC
  • ステータス

キーワードが一致しない場合、新しいキーワードがコピー先の広告グループにコピーされます。

広告

拡張テキスト広告:

  • 広告見出し 1
  • 広告見出し 2
  • 説明 1
  • 説明 2
  • ステータス

標準テキスト広告:

  • タイトル
  • 説明
  • ステータス

広告が一致した場合、何も更新されません。

広告が一致しなかった場合、新しい広告がコピー先にコピーされます。

変更が反映されるタイミング

コピー元とコピー先でキャンペーンが有効であれば、更新はすぐに反映されます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。