[有効なタブレット入札単価調整比] 列

Google 広告、Microsoft Advertising、Yahoo! Gemini のみ

Google 広告、Microsoft Advertising、Yahoo! Gemini の広告グループやキーワードの有効なタブレット入札単価調整を示します。

キャンペーンや広告グループのタブレット入札単価調整比は、手動で設定できます。エンジン アカウントのタイプによっては、コンバージョン目標検索広告 360 入札戦略に基づいて自動で設定することもできます。

キャンペーン単位で設定されている場合、デフォルトでは、すべての広告グループとキーワードがキャンペーンの設定を継承し、各レベルでこの設定が有効になります。広告グループ単位でこの設定をオーバーライドすることができます。設定をオーバーライドした広告グループ内のキーワードはすべて、キャンペーン単位の設定ではなく、広告グループ単位の設定を使用します。

 

デバイス入札単価調整を設定する入札戦略をキーワードに適用している場合、広告グループの有効入札単価調整比も、そのキーワード単位の入札戦略によって設定されます。詳細

コンバージョン目標を適用できるのは、キャンペーン単位に限られます。

この列は数式列では使用できません。

この列をレポートに追加する
  1. Google 広告、Microsoft Advertising、または Yahoo! Gemini のエンジン アカウントに移動します

  2. [広告グループ] タブまたは [キーワード] タブをクリックします。

  3. 掲載結果の概要グラフの上部にある [] ボタンをクリックします。

  4. 検索ボックスに列名を入力します。

  5. [使用可能な項目] リストで、該当する列名の横にある [+] をクリックします。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。