検索広告 360 のヘルプセンターへようこそ。検索広告 360 は検索マーケティング キャンペーンを管理するためのプラットフォームです。 このヘルプセンターはどなたでもご利用いただけますが、検索広告 360 サービスにアクセスするには登録済みのお客様によるログインが必要です。ご登録や詳細情報については、Google のセールスチームまでお問い合わせください

検索広告 360 の入札戦略について

検索広告 360 入札戦略の最適化を使用する

入札戦略を使用すると、広告費用を最も効率的に割り当てる方法を見つけることができます。入札戦略の中には、広告を高い掲載順位に表示することを目標とするものや、指定の予算内でできるだけ多くのトラフィックをサイトに呼び込むことを目標とするものがありますが、スマート自動入札戦略は、コンバージョンにつながる可能性の高いトラフィックを生み出すことを目標としています。指定したアクション単価(CPA)に対するコンバージョン数または指定した率の有効収益分配(ERS)、指定した率の広告費用対効果(ROAS)に対して発生した収益額をチェックして、スマート自動入札戦略の掲載結果をモニタリングできます。

特定のビジネス目標(CPA 10 ドルでサービス リクエスト数を最大化するなど)を達成する必要がある場合、Smart Bidding(または ROI)戦略は目標達成への最適な方法です。

ビジネス目標が柔軟な場合でも、Smart Bidding 戦略は入札単価を管理するのにとても役立ちます。

入札戦略の最適化を利用してスマート自動入札戦略を作成する

スマート自動入札(または ROI)戦略により成果の向上が見込める Google 広告キャンペーンまたは Microsoft Advertising キャンペーンを見つけるには、入札戦略の最適化をご利用ください。入札戦略の最適化にはキャンペーンを分析し、最新の掲載結果を検証し、目標の推奨値を提示する機能があるため、ROI 入札戦略の作成に役立ちます。

入札戦略の最適化の対象となるのは、Google 広告の手動キャンペーン、Google 広告のショッピング キャンペーン、Microsoft Advertising の手動キャンペーンに限られます。他のタイプの Google 広告キャンペーンや他のタイプのエンジン アカウントはサポートされていません。

入札戦略の最適化を利用して ROI 入札戦略を適用するキャンペーンを探す方法以外に、ROI 入札戦略を設定して、手動でキャンペーンを追加することもできます。この場合は、情報に基づいた意思決定を行えるよう現在の掲載結果データを分析し、適切な目標を指定するために必要な計算をすべて行って、最適な最小単価と上限単価を設定する必要があります。

ROI 入札戦略を作成するために必要な手順と、入札戦略の最適化でサポートされる手順を次の表に示します。

手順 手順の担当
ROI 目標を指定する 自分
目標や過去の掲載結果が類似するキャンペーンを探す 入札戦略の最適化は、入札戦略で管理すれば成果の向上を期待できる Google 広告と Microsoft Advertising のキャンペーンを検出します。ユーザーはそれを基に、目標や掲載結果の類似するキャンペーンを選択して、入札戦略を作成できます。

過去の掲載結果データを使用して合理的な目標や入札単価を計算する

入札戦略の最適化を使用すると、掲載結果データから次の値を算出できます。

入札戦略を作成してしばらく待機する 入札戦略の最適化での CPA、ERS、または ROAS の推奨値と、最小単価と上限単価を使って入札戦略を作成します。
入札戦略の掲載結果を分析する 自分
時間をかけて調整する 自分

入札戦略の最適化で提示される推奨値を活用する

検索広告 360 で Google 広告と Microsoft Advertising のキャンペーンに対するスマート自動入札戦略の推奨値が提示されるのは、その入札戦略で次のいずれかを実現できる可能性が高い場合のみです。

  • 現在の平均 CPA、ERS、または ROAS よりも効率的な ROI 目標で同様のコンバージョン数を獲得できる
  • 同様の平均 CPA、ERS、または ROAS で、より多くのコンバージョンを獲得できる

検索広告 360 では、キャンペーン内のすべての単価調整可能な項目を考慮したうえで、入札戦略のメリットが判断されます。

特定の広告グループやキーワードなどの単価調整可能な項目に検索広告 360 入札戦略を適用することもできますが、入札戦略の効果はポートフォリオが大きいほど高まります。たとえば、費用の高い 10 個のキーワードを入札戦略に追加しても、掲載結果の改善にはあまり役立たない可能性があります。ポートフォリオが大きいほど、トレードオフや隠れた最適化案が多数発見され、全体的な掲載結果を改善できるようになります。

例:

  1. 検索広告を使ってレンタカーのサイトを宣伝します。このサイトでは、「レンタカー」という Floodlight アクティビティを使用して予約件数をトラッキングします。
  2. 最も効率的なアクション単価(CPA)でオンライン予約の件数を最大化したいと考えていますが、CPA をどのくらいに設定すべきか不明です。
  3. 予約のコンバージョンへの重要なトラフィックを促すキャンペーンが 3 つあり、現在いずれのキャンペーンも入札戦略で管理されていません。

たとえば、「最も効率的な CPA でレンタカーのコンバージョンを最大化する」という目標を設定できます。この場合、検索広告 360 では以下のことが行われます。

  1. 「レンタカー」のコンバージョンへのトラフィックを促すキャンペーンについて、最近の掲載結果を分析する。
  2. 過去 28 日間において「レンタカー」のコンバージョンの達成に必要とされた平均 CPA を計算する。
  3. どのキャンペーンが入札戦略から最も大きなメリットを得られる見込みがあるかを判定する。

次に、Search Ads 360 の推奨値を 1 つまたは複数のキャンペーンに適用できます。

 

ご利用手順

  1. 検索広告 360 で分析する目標を作成するか目標を選択します。
  2. 可能な限り多くのキャンペーンについて、推奨値を確認して適用します。
  3. 入札戦略の結果を分析し、推奨値の質を評価します。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
263
false