DS 階層型 URL テンプレートの作成と適用

URL テンプレートの使用を停止する

共有テンプレートを使用するアカウントでアカウント レベルのテンプレートを維持する

共有テンプレートをサポートしているアカウントですべての URL テンプレートの使用を停止すると、そのアカウントの項目に対し、検索広告 360 はアクティビティをトラッキングできなくなります(すべての URL テンプレートを削除すると、すべてのクリックサーブ URL が削除されます)。

アクティビティのトラッキングを続けるためには、アカウント レベルのテンプレートを変更して、以下の文字列のみを指定します。
{unescapedlpurl}

この最小限のテンプレートは、定義されたランディング ページ URL をそのまま渡すだけですが、これによって、アカウント内のアクティビティが引き続き 検索広告 360 でトラッキング可能になります。

下位レベルのテンプレートの使用を停止する

キャンペーン、広告グループ、下位レベルの項目に定義した URL テンプレートの使用を停止するには:

  1. テンプレートのプロパティに移動します。
    たとえば、エンジン アカウント、キャンペーン、広告グループ、サイトリンクのいずれかの設定に移動します。または、テンプレートを作成したときと同じように、[キーワード] タブに URL テンプレートを追加します。
  2. [URL テンプレート] 欄からテンプレートを削除します。
  3. [保存] をクリックします。

共有テンプレートを使用するアカウントでは、エンジンから対応するトラッキング テンプレートが削除されます。エンジンでは、上位にあるテンプレートが使用されるようになります。たとえば、Google 広告キャンペーンの URL テンプレートを削除すると、エンジン アカウントの URL テンプレートが使用されるようになります。

共有テンプレートをサポートしていないアカウントの場合:

  1. テンプレートを削除した項目より上位でテンプレートを定義していた場合は、そのテンプレートがその項目に適用されます。

    たとえば、キャンペーンの URL テンプレートを削除すると、キャンペーンのテンプレートを使用していた項目にエンジン アカウントの URL テンプレートが適用されます。

  2. 上位階層でテンプレートを定義していない場合:
    1. テンプレートが適用されなくなった項目の、有効なランディング ページが無効になります。
    2. 各項目のランディング ページ URL がエンジンに再入稿されます。つまり、検索広告 360 がテンプレートを適用する前に存在していた URL が再入稿されます。
    3. 項目を作成または編集しても、使用を停止したテンプレートが適用されることはありません。

一括送信シートを使って URL テンプレートを削除する

多数の項目から URL テンプレートを削除するには、一括送信シートを使用します。

  1. 広告主に移動し、[エンジン アカウント]、[キャンペーン]、[広告グループ]、[キーワード]、[サイトリンク] のいずれかのタブをクリックします。
    広告主への移動手順
    1. ナビゲーション バーをクリックしてナビゲーション オプションを表示します。

    2. [代理店] リストで、対象の広告主を含む代理店をクリックします。代理店を見つけるには、代理店名で検索するか、リストをスクロールします。

    3. [広告主] のリストで、該当する広告主をクリックします。

    4. [適用] をクリックするか、Enter キーを押します。

    広告主のすべてのエンジン アカウントに関するデータを含む広告主ページが表示されます。

  2. フィルタを使用して、編集する項目のみを表示します。
    たとえば、[キーワード] タブをクリックし、キャンペーン名と一致するフィルタを作成します。
  3. レポートの表の上にあるダウンロード アイコン Download icon をクリックし、ダウンロード パネルで次のように選択します。
    • 対象: [選択したアイテム]
    • 表示項目: [編集可能な項目(再アップロード用)]
    • 含めるタイプ: [エンジン アカウント]、[キャンペーン]、[広告グループ]、[キーワード]、[サイトリンク] のいずれかを選択します
    • フィルタ: [インプレッションなしの行を含める]
  4. [ダウンロード] をクリックします。
    レポートが生成され、選択した配信オプションに応じて、ファイルがブラウザのダウンロード ディレクトリにダウンロードされるか、メールで送信されます。
  5. レポートを開き、[URL template] 列に remove_content を入力します。
  6. 一括送信シートを更新したら、保存し、検索広告 360 にアップロードします。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。