検索広告 360 のヘルプセンターへようこそ。検索広告 360 は検索マーケティング キャンペーンを管理するためのプラットフォームです。 このヘルプセンターはどなたでもご利用いただけますが、検索広告 360 サービスにアクセスするには登録済みのお客様によるログインが必要です。ご登録や詳細情報については、Google のセールスチームまでお問い合わせください

レポートの表で期間を調整する

  1. レポートの表に移動します。
    たとえば、キャンペーンに移動し、[キーワード] タブをクリックします。

    キャンペーンへの移動手順
    1. 左側のナビゲーション パネルで [すべてのアカウント] をクリックします。
      左側のナビゲーション パネルが表示されない場合

    2. ナビゲーション バーをクリックしてナビゲーション オプションを表示します。

    3. [代理店] のリストで、該当する広告主を含む代理店をクリックします。代理店を見つけるには、代理店名で検索するか、リストをスクロールするかします。

    4. [広告主] のリストで、該当するエンジン アカウントを含む広告主をクリックします。

    5. [アカウント] のリストで、該当するキャンペーンを含むエンジン アカウントをクリックします。
    6. [キャンペーン] のリストで、該当するキャンペーンをクリックします。

    7. [適用] をクリックするか、Enter キーを押します。

    検索広告 360 にキャンペーン ページが表示されます。

  2. ページの右上に表示される期間をクリックします。
    The time range appears above the row of tabs.

  3. [過去の日数] または [カスタム] を選択し、所定の期間の中から選択するか、自分でカスタム期間を設定します。[今日を含める] チェックボックスをオンにすると、レポートの表に当日のデータが含まれます。

  4. [適用] をクリックします。

掲載結果の概要グラフと表が自動的に調整されて、指定した期間のデータが表示されます。

将来の日付を含める

デフォルトでは [今週]、[今月]、[今四半期]、[今年] の各期間には当日に取得できる値までしか含まれません。たとえば、今日が 8 月 20 日で、[今月] を選択すると、デフォルトでは 8 月 1 日~19 日までしかレポートデータが表示されません。

将来の日付であっても、この期間の最後の日付までのデータをレポートに含めたい場合は、[将来の日付を含める] チェックボックスをオンにします。このチェックボックスは、上記の期間のいずれかを選択すると表示されます。将来の日付を含める場合は、以下の点にご注意ください。

  • レポートを 1 日以上に分割すると、将来の日付には 0 が表示されます。
  • 数式列to_date()num_days() などの日付関数を使用していると、影響が及ぶことがあります。
    たとえば、数式列 Clicks / num_days() は、レポートの期間中の平均クリック数を計算します。レポートに将来の日付が含まれている場合、クリックがまだ発生していない日が含まれるので、平均が下がります。
注: 検索広告 360 で更新されるさまざまなデータの更新間隔はそれぞれ異なります。たとえば、コンバージョン データは数分以内に更新されますが、エンジンの統計情報は最大 3 時間ごとに更新されます。詳しくは、データの更新頻度に関する詳細をご覧ください。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
263
false