DS 階層型 URL テンプレートの作成と適用

検索広告 360 の URL テンプレートについて

URL テンプレートを使用すると、次の設定を行うことができます。

  • 第三者トラッキング URL検索エンジン アカウント内のキャンペーンに適用できます。たとえば、検索広告 360 に加えて、コンバージョン トラッキング サービスにクリックをリダイレクトする必要がある場合は、第三者トラッキング URL を URL テンプレートに追加します。
     
  • 並行トラッキングを使用していないアカウントの場合は、URL テンプレートを使って、ランディング ページに必要な URL パラメータの共通セットを適用することもできます。たとえば、同じパラメータを一つ一つのランディング ページ URL に手動で追加する代わりに、URL テンプレートを作成することで、自動的にパラメータを適用できます(並行トラッキングを使用しているアカウントの場合は、こうした共通 URL パラメータを適用するのに最終ページ URL サフィックスを使用します。詳細)。

テンプレートを変更すると、検索広告 360 により、そのテンプレートを使用している広告、キーワード、サイトリンクに対して自動的に更新が適用されます。

サポートされている検索エンジン アカウント

URL テンプレートは、バイドゥを除くすべての検索エンジン アカウントで利用できます。

共有テンプレート

Google 広告Microsoft Advertising、および Yahoo! JAPAN のアカウントの場合、URL テンプレートは、対応するエンジン内のトラッキング テンプレートに対して入稿されます。エンジン内でトラッキング テンプレートの作成または編集を行った場合は、検索広告 360 と同期したときに、対応する検索広告 360 URL テンプレートに変更内容がコピーされます。

たとえば、Google 広告アカウント内でキャンペーン単位の検索広告 360 URL テンプレートを作成すると、そのテンプレートは Google 広告内の当該キャンペーンのトラッキング テンプレートに入稿されます。Google 広告は、キャンペーン内の広告やキーワード、サイトリンク、他のトラッキング可能な項目を配信するときに、そのテンプレートを適用します。

階層型の URL テンプレート

検索広告 360 内のエンジン アカウントはすべて、アカウント単位で URL テンプレートを定義します。デフォルトでは、URL テンプレートは、定義されたランディング ページ URL をそのまま渡します。他の URL テンプレートと同様に、アカウント単位のテンプレートに他のパラメータを追加することができます。

特定のキャンペーンや、広告グループ、広告、キーワード、その他トラッキング可能な項目に対して別のパラメータを指定する必要がある場合は、その特定の項目用の URL テンプレートを個別に作成します。下位レベルのテンプレートは、上位のテンプレートをオーバーライドします。

Search Ads 360 and Google Ads have the same template hierarchy.

例:

  • エンジン アカウント URL テンプレートは、独自のテンプレートを定義していないすべてのキャンペーン、広告グループ、広告、キーワードに適用されます。

  • キャンペーン URL テンプレートは、エンジン アカウント URL テンプレートをオーバーライドします。このテンプレートは、そのキャンペーン内で独自のテンプレートが定義されていないすべての広告グループや各種項目に適用されます。

  • 広告グループ URL テンプレートは、エンジン アカウント URL テンプレートとキャンペーン URL テンプレートをオーバーライドします。このテンプレートは、その広告グループ内で独自のテンプレートが定義されていないすべての広告、キーワード、各種項目に適用されます。

  • 共有テンプレートをサポートするエンジン アカウントの場合、広告は、広告グループまたはそれより上位の項目に対して指定されている URL テンプレートを継承します。

  • キーワードは、キーワードよりも上位の項目に対して指定されている URL テンプレートを継承します。

  • サイトリンクは、キーワード、広告、またはそれより上位の項目に対して指定されている URL テンプレートを継承します。特定のサイトリンク用のテンプレートは、そのサイトリンクに対してのみ適用されます。

  • 共有テンプレートをサポートしていないエンジン アカウントの場合、特定の広告用のテンプレートは、その広告だけに適用されます。

サイトリンクやキーワードに対して個別の URL テンプレートを作成する理由

項目ごとに一意の静的パラメータを持つトラッキング URL をサポートすることが理由の一つです。たとえば、第三者トラッキング システムを使用していて、キーワードごとに特定の静的 ID を渡す必要がある場合、キーワードごとに一意のトラッキング URL が必要になります。共有テンプレートをサポートしているエンジン アカウントの場合、URL テンプレート内に第三者トラッキング URL を指定する必要があります。そのため、このようなアカウント内でキーワードごとに一意のトラッキング URL を指定するには、各キーワードの URL テンプレート内でトラッキング URL を指定する必要があります。

共有テンプレートをサポートしていないアカウント内で広告用の URL テンプレートを作成する理由

共有テンプレートをサポートしていないエンジン アカウントの場合、広告 URL テンプレートは継承されません。それでは、このようなアカウント内で広告テンプレートを指定するのはなぜでしょうか。トラッキング URL を必要とする第三者トラッキング システムを使用している場合、広告のランディング ページ URL ではなく、広告の URL テンプレートにトラッキング URL を指定しておくと、将来的にエンジンが共有テンプレートのサポートを開始した場合に便利です。

パラメータ文字列の重複

ランディング ページ URL に追加したパラメータ文字列全体が、URL テンプレート内のパラメータ文字列と完全に一致している場合、URL を保存すると、ランディング ページ URL からパラメータ文字列が削除されます。

例:

  • URL テンプレート: {unescapedlpurl}?a=b&c=d
  • ランディング ページ URL: https://example.com/shoes/?a=b&c=d

パラメータ文字列が完全に一致しているため、URL の保存や編集を行うと、ランディング ページ URL からパラメータ文字列が削除されます。

次の例の場合、パラメータの順序が異なっています。そのため、ランディング ページ URL のパラメータ文字列は削除されません。

  • URL テンプレート: {unescapedlpurl}?a=b&c=d
  • ランディング ページ URL: https://example.com/shoes/?c=d&a=b

並行トラッキングを使用していないアカウントの場合、上記の URL テンプレートとランディング ページ URL によって、重複したパラメータがランディング ページに送信されることになります。
https://example.com/shoes/?c=d&a=b&a=b&c=d

並行トラッキングを使用しているアカウントの場合でも、URL テンプレート内のパラメータのエンコード方法によっては、重複したパラメータがランディング ページに送信されることがあります詳細

URL テンプレートを使用する際の制限事項

URL テンプレートを使用する場合、以下の制限事項にご注意ください。

  • 並行トラッキングを使用しているアカウントの場合、URL テンプレートには、第三者トラッキング URL と、第三者トラッキング サービスが使用するパラメータだけを含めるようにする必要があります。ランディング ページが必要とする URL パラメータは、最終ページ URL サフィックス内に配置するか、直接ランディング ページ URL 内に配置してください。URL テンプレート内でパラメータを定義しても、URL テンプレート内のパラメータのエンコード方法によっては、ランディング ページに送信されないことがあります。詳細
  • 並行トラッキングを使用していないアカウントの場合は、検索広告 360 マクロやエンジンの動的パラメータをテンプレート内に組み込むことができます。ただし、置換後の値に空白があると、自動的に「+」に変換されます。

    たとえば、ユーザーが「winter coat」を検索した場合、クエリ文字列「kw=[*searchterm*]」が指定されている URL テンプレートは、ランディング ページに「kw=winter+coat」を渡します。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。