[単価下限による費用エラーの割合(%)] 列

費用目標(1 か月の費用、CPA など)を使う入札戦略で、最小単価による制約を受けているキーワードに分類できるレポート期間内のエラーの割合です。

この割合を引き下げるには、入札戦略の最小単価を引き下げると同時に、入札戦略を上書きする個々のキーワードの最小単価も引き下げることをおすすめします。

たとえば、値が 30 の場合は、エラーの 30% は、検索広告 360 が費用の目標達成に向けてキーワードの入札単価を引き下げようとしたものの、既に最小単価に達していたため引き下げられなかったことが原因で発生していることを示しています。

詳しくは、入札戦略の掲載結果を分析する方法をご覧ください。

この列をレポートに追加する
  1. 次のいずれかの操作を行います。

  2. 期間を選択します。

  3. 掲載結果の概要グラフの上部にある [表示項目] ボタンをクリックします。

  4. [列を検索] ボックスに列名を入力します。

  5. 列名の横にある [+] をクリックして、選択した項目のリストに列を追加します。

  6. [適用] をクリックします。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。