検索広告 360 のヘルプセンターへようこそ。検索広告 360 は検索マーケティング キャンペーンを管理するためのプラットフォームです。 このヘルプセンターはどなたでもご利用いただけますが、検索広告 360 サービスにアクセスするには登録済みのお客様によるログインが必要です。ご登録や詳細情報については、Google のセールスチームまでお問い合わせください

複数期間での掲載結果の比較

複数の期間を比較すると、キャンペーンの掲載結果の経時変化の評価や、変更による影響の確認がしやすくなります。これも、検索広告キャンペーンの結果を広告主が管理、改善するのに役立つツールとなります。この場合、レポートのオーナーは以下の操作を行うことができます。

  • 掲載結果の変化をひと目で確認できます。スコアカード内のすべての指標や、1 つの指標だけをグラフに表示できます。

  • 前の期間や前年と比較できます。管理画面でクリックするだけで、今週と先週を比較できます。今月と前年同月との比較も同様です。

  • 独自に期間を設定して、カスタマイズした期間で比較できます。

  • Excel に複数期間での比較レポートをダウンロードして、さらに詳しいレポートを表示できます。

  • 割合または絶対値で変化を比較できるため、ビジネスにとって重要な指標に基づく比較ができます。

  • 複数期間での比較を列に表示して、複数の項目の並べ替えや表示ができます。

  • 曜日による傾向も判断できるように、グラフを高度に調整して、最も意味のある掲載結果の比較を表示することができます。

  • 長期間でも効果的に比較できるように、3 か月以上の期間では、週ごとに自動的に集計されます。

フィルタは新しい方の期間にのみ適用されます。古い方の期間のレポート データは、フィルタを考慮せずに計算されます。

複数の期間で比較する

  1. 検索広告 360 の管理画面で、広告主レベルまたはそれより下位のページ、[入札戦略] ページ、[ラベル] ページなど、統計情報が表示されるページが表示されていることを確認します。

  2. 右上の期間選択ツールで、通常のように最初の期間を選択します。

  3. [過去と比較] チェックボックスをオンにします。

  4. 表示されるプルダウンで、2 つ目の期間を選択します。

  5. [適用] をクリックします。
    • 掲載結果概要グラフでは、2 つの期間を視覚的に比較することができます。右上にある期間選択ツールを使って、比較のグラフを表示できます。グラフに表示する指標を変更できますが、2 つ目の指標を追加することはできません。
    • グラフの下のスコアカードには、各指標について(ほとんどの場合)変化の割合と矢印が表示され、最初の期間から 2 つ目の期間への変動がわかります。
    • スコアカードの下には、各指標について統計情報が表示されます。
      • 変化(%): 期間 1 から期間 2 への指標の変化の割合です。
      • 変化(件数): 指標が変化した数量です。
      • 1 週目/1 か月目/など: 最初の期間の数量です。
      • 2 週目/2 か月目/など: 2 番目の期間の数量です。
    • クリックして他のページを表示しても、比較はそのままです(変更履歴には最初の期間のみ表示されます)。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
263
false