戦略を選択する

適切なユーザーに効果的なメッセージを届けることのできるダイナミック キャンペーン戦略を選択します。

地域ターゲティング: ユーザーの所在地に応じたメッセージの表示

地域ターゲティング戦略を使用すると、ユーザーの所在地に応じてカスタマイズされたメッセージを表示したり、特定の市場に向けて広告を表示したりできます。

  • 地域ターゲティングでは国、都市、DMA ゾーン(米国のみ)、郵便番号を指定できます
  • 特定の地域内でユーザーに最寄りの店舗を表示します
  • 広告のコピーをユーザーの国で使われている言葉に合わせます
  • 地域ターゲティング戦略を最適化し、特定の地域でどのメッセージの掲載結果が最もよいかをテストします

使ってみる

近隣地域ターゲティング: 指定した場所の周囲のユーザーにメッセージを表示する

近隣地域ターゲティング戦略を使用すると、空港や郵便番号など、特定の場所の周囲にいるユーザーに向けて、カスタム メッセージを表示できます。
  • 近隣地域ターゲティングでは、特定の場所を中心に、一定の半径の範囲を設定できます。
  • 指定した近隣地域に合致した広告のコピーを表示することで、閲覧者に対してその近隣地域向けの特別優待を利用するよう促したり、その近隣地域に住むユーザーにサービスを宣伝したりすることができます。

使ってみる

広告が配信されるウェブサイトに応じたメッセージの表示

ディスプレイ&ビデオ 360 の広告申込情報 ID

ダイナミック クリエイティブでは、クリエイティブの配信時に使用されるディスプレイ&ビデオ 360 の広告申込情報に基づいて、適切なクリエイティブ コンテンツが選択されます。こうした方法により、クリエイティブのコンテンツが確実に広告申込情報のターゲティングと一致するようになります。この機能を活用するには、メディア購入パートナーがダイナミック クリエイティブをさまざまな広告申込情報に割り当てる必要があります。フィードの各行(パターン)は、その行の広告申込情報 ID がインプレッションを獲得した場合にのみ配信されます。

使ってみる

キャンペーン マネージャーのターゲティング キー

ダイナミック ターゲティング キーは固有の、わかりやすいラベルであり、キャンペーン マネージャーで広告、クリエイティブ、プレースメントに割り当てて、スタジオのダイナミック クリエイティブでのターゲティングに使用できます。このようなラベルを使用すると、ダイナミック フィード内で数値のキャンペーン マネージャー ID(プレースメント ID など)を使用する場合に起きやすい誤りを防ぎ、時間を節約できます。

使ってみる

キャンペーン マネージャー ID

キャンペーン マネージャー ID フィルタリングを使用すると、広告が配信されるウェブサイトに応じてカスタマイズされたメッセージを表示できます。

  • ダイナミック クリエイティブでキャンペーン マネージャー属性を使用すると、各インプレッションの詳細に基づいて広告を動的に更新できます。
  • たとえば、プレースメント ID やサイト ID を使って、広告が配信されるサイトに応じて、異なるコンテンツを表示できます。
  • カスタム メッセージを表示する条件として、以下のキャンペーン マネージャー属性を使用できます。
    • 広告 ID
    • 広告主 ID
    • プレースメント ID
    • サイト ID
    • キャンペーン ID
    • クリエイティブ ID
    • キーワード

使ってみる

オーディエンス ターゲティング

ディスプレイ&ビデオ 360 または Google 広告を利用してキャンペーンを実施している場合は、こうしたプラットフォームから提供されるデータを使って、ユーザーごとに異なるバージョンのクリエイティブを配信できます。これを行うには、ダイナミック フィードのターゲティング列に、対象とするオーディエンス セグメントの ID を入力します。

デマンドサイド プラットフォームが提供するオーディエンス

マーケティング担当者の 97% が、オーディエンスとコンテンツのターゲティングを利用して掲載結果と精度を高めています。オーディエンス セグメントに合わせて適切なクリエイティブ コンテンツを選択することで、ターゲット ユーザーの共感が得られるメッセージにします。

メディアの購入にリアルタイム入札を活用する広告代理店なら、クリエイティブ戦略に利用できる強力なオーディエンス シグナルがあります。こうしたオーディエンス シグナルはデマンドサイド プラットフォーム(DSP)から入手できます。広告主は DSP を利用して、オーディエンス ターゲティングを使って複数のアド エクスチェンジから広告枠を自動的に購入できます。Google マーケティング プラットフォームの DSP はディスプレイ&ビデオ 360 と呼ばれています。ディスプレイ&ビデオ 360 またはキャンペーン マネージャーから、広告主が所有する自社のオーディエンス リストを使用できます。

使ってみる

第三者オーディエンス セグメント

  • BlueKai、eXelate などのプロバイダの第三者オーディエンス セグメントを使ってメッセージを表示します。たとえば、スポーツカーの購入を考えているユーザーのリストを購入し、車種のスピードとデザインを宣伝する関連性の高いクリエイティブ メッセージをそのユーザーに表示します。
  • リアルタイム入札にディスプレイ&ビデオ 360 を利用する場合は、広告タグのマクロを使ってそのデータを渡すことができます。

過去にサイトを訪問したユーザーに広告を表示する(リマーケティング)

リマーケティングでは、自社ウェブサイトでのユーザーの操作に関して収集したデータを使って、クリエイティブのメッセージをカスタマイズします。たとえば、ユーザーが旅行サイトでサンフランシスコからニューヨークのケネディ国際空港(JFK)までのフライトを検索した場合、ユーザーにはそのフライトに関する特典情報を含んだカスタム クリエイティブ メッセージが表示されます。

過去に自社サイトで閲覧した商品をユーザーに表示する

自社サイトで見込み客が商品を閲覧する場合、閲覧された商品の広告をその閲覧者に配信できます。この方法を利用する場合は、商品のリマーケティングを検討します。広告主は自社のページに Floodlight のトラッキングとカスタム変数を含めたタグを設定します。このトラッキングにより、自社サイトを閲覧したことがあるユーザーの収集と分類が可能になり、サイトで行われた操作を特定できます。

  • 細分化: カスタム変数の詳細情報を利用し、個別化したメッセージを使ってリマーケティングします。ダイナミック クリエイティブ テンプレートを 1 つ作成すれば、メーカーとモデルの組み合わせが異なる何百通りもの静的クリエイティブを作成する必要はありません。
  • Google マーケティング プラットフォームでは単一の Cookie 領域をリマーケティングに使用するので、食い違いやデータ消失のおそれはありません。ほとんどの広告主では、すでにこうしたタグを設定しています。タグがすでに設定されているかどうかについては、広告代理店にお問い合わせください。

自社サイトでのアクティビティに応じたメッセージを表示する

自社サイトで特定のアクティビティを行ったユーザーに対して、そのアクティビティの内容に関連するカスタム メッセージを表示する場合は、ユーザーリスト リマーケティングをお試しください。

広告主はサイトのページに Floodlight タグを設定して、特定のアクティビティを行ったユーザーのリストを収集します。その後、このユーザーリスト情報を使って特定のメッセージを表示します。

  • ユーザーがホームページにアクセスしたことがあるかどうか、既存の顧客か見込み顧客か、といったシグナルをダイナミック戦略で利用します。
  • Google マーケティング プラットフォームでは単一の Cookie 領域をリマーケティングに使用するので、食い違いやデータ消失のおそれはありません。アトリビューション期間が、購入期間全体に見合った長さになるようにします。この期間は数週間にわたることがよくあります。
  • ほとんどの広告主は、すでにこうしたタグを設定しています。タグがすでに設定されているかどうかについては、広告代理店にお問い合わせください。

使ってみる

スケジュールに沿った更新

クリエイティブのコンテンツを時間や日付に応じて更新する場合は、スケジュールに沿った更新をお試しください。たとえば、自動車業界のクライアントが 1 年を通じて数回、新しい車種が発売されるたびにその宣伝を実施する必要があるとします。その場合は、新しい車種が発売されたら表示内容がその車種に更新されるダイナミック クリエイティブを 1 つ作成します。この方法では、年の初めに一度更新スケジュールを設定するだけで済み、各車種の発売後に毎回コンテンツを更新する必要がないため、時間を節約できます。スケジュールに沿った更新は、期間限定の特典の宣伝にも利用できます。

ダイナミック クリエイティブを使うと、次のようにメッセージの変更を自動化できます。

  • 発売日に応じて異なる車種を表示します
  • 特典のスケジュールを事前に設定し、地域ターゲティングに加えて、その地域で利用できる特典を表示するようにします

使ってみる

サイト運営者のコンテンツ

表示するメッセージをサイト運営者のコンテンツに基づいて選択する場合は、広告タグに追加されたサイト運営者マクロを通じて、広告の配信時にそのデータを直接渡すことができます。マクロを正常に機能させるためには、サイト運営者と Google マーケティング プラットフォームとの間で調整が必要になります。最終段階での問題発生を避けるために、データパス マクロの設定作業はキャンペーンの早い段階で開始します。

自動車購入者の 59% が独立系の自動車関連ウェブサイトのレビューを参考にしています。サイト運営者のコンテンツをシグナルとして、それに応じたメッセージを表示し、必要なときに必要な情報が提供されるよう関連性を高めます。この戦略の使用は、詳細なメッセージを伝えたい場合に検討します。

  • 広告が配信されるサイトに応じたメッセージを表示します。たとえば、サイト運営者のサイトで車種が検索されるなら、その車種をそのサイトの広告に表示します。
  • DCM のフリークエンシー キャップと連続配信の機能を活用して、関心を引くストーリーをクリエイティブで作り上げます。

使ってみる

どのコンテンツを変更するかを動的に決定する

クリエイティブのコンセプトと戦略を策定する際に、広告内で動的に変更する要素の種類や数を特定しておくことが必要です。こうした要素はダイナミック要素と呼ばれ、一般には主に以下のような要素が該当します。

  • テキスト
  • 画像
  • exit URL
  • 動画

ダイナミック コンテンツ マップを作成する

フィード コンテンツがクリエイティブ内にどのように挿入されるかを視覚化するために、ダイナミック コンテンツ マップを作成します。このマップは、どの要素がダイナミック要素であるかを明示した広告のモックアップです。たとえば、以下のダイナミック コンテンツ マップでは、広告見出しのテキスト、商品画像、行動を促すフレーズ(CTA)、宣伝コピーといったダイナミック要素があることがわかります。また、横には画像やフォントの変更に関するメモが記載されています。

フィードの作成時には、スプレッドシート内にこうしたダイナミック要素ごとに固有の列を用意する必要があります。

ダイナミック コンテンツ マップの例

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。