HTML5 フローティング作成ガイド

MRAID メソッドを直接呼び出す

この情報の対象は Studio Enabler と API でサポートされていないメソッドです。エキスパンドや exit、フルスクリーン、動画といった中心的な機能では、指標を正しく実装するために必ず Studio Enabler や API を使うようにしてください。

Studio Enabler でサポートされていない MRAID メソッドを呼び出す必要がある場合は、invokeMraidMethod を使用します。たとえば、次のコード スニペットをご覧ください。MRAID 1.0 または 2.0 のどちらかを使用しているサイト運営者で配信する場合はこのコードを使用します。

<script>
// MRAID を呼び出して結果を受け取る。
Enabler.invokeMraidMethod(
    studio.sdk.MraidMethod.SUPPORTS,
    ['storePicture'],
    function(result) {
      console.log('Are pictures supported?', result);
    });
</script>

MRAID 2.0 メソッドを呼び出すには、studio.sdk.MraidMethod の MRAID メソッドのいずれかを使用して Enabler.invokeMraidMethod を呼び出します。

MRAID について詳しくは、IAB の Mobile Rich Media Ad Interface Definitions(MRAID)をご覧ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。