リッチメディア タグに使用できる Key-Value

スタジオのリッチメディア クリエイティブを入稿する際には、下記の Key-Value を使用できます。Key-Value を広告タグに挿入して、リッチメディア クリエイティブの表示をカスタマイズしたり、機能を変更したりします。広告主に連絡しなくても、この方法で簡単に変更を加えることができます。

クリエイティブ設定のオーバーライドに使用可能な Key-Value

リッチメディア広告の入稿時にクリエイティブ設定のオーバーライドに使用できる有効な Key-Value ペアについて、次の表で説明します。広告タグに Key-Value ペアを挿入する際は「key=value」の形式を使用してください。

Key-Value 説明
ad_container_id=value リッチメディア ユニットの配信先の <div> 要素を指定できます。指定しない場合、<div> はサイト運営者のページ上で、キャンペーン マネージャー タグの配信先以外の場所になります。
breakoutiframe=false リッチメディア広告を iframe の枠外に出ないように表示します。これは、広告を配信するサイトが、たとえば iframe にすべて含まれる場合に役に立ちます。
breakoutiframe=true バナー クリエイティブを、エキスパンド クリエイティブやインタースティシャル クリエイティブのように iframe の枠外に出るように表示します。
mtfIFPath=サイト運営者のウェブサーバーにある DARTIFrame.html ファイルのパス パスは / 文字で開始、終了する必要があります。
mtfDuration=value アクセス中に、インタースティシャル クリエイティブをウェブページに表示する時間を秒単位で指定できます。auto、none、または正の整数を指定します。

: このクリエイティブ設定をオーバーライドできるのは、インタースティシャル クリエイティブの場合のみです。
mtfLeft=value

ブラウザ ウィンドウでウェブページの左端からインタースティシャル広告までの距離を、ピクセルまたは割合で指定できます。px、pct、pxc として -1500~1500 の値を使用します。

  • この値をオーバーライドできるのは、インタースティシャル クリエイティブの場合のみです。
  • インタースティシャル クリエイティブを使用した広告では、整数の後に px、pct、または pxc を追加して、ピクセルまたは割合で配置を指定できます。
  • たとえば、Key-Value が mtfLeft=40pct の場合、インタースティシャル広告は、ユーザーのブラウザ ウィンドウでウェブページの左端から 40% の距離に表示されます。
  • 整数の後ろに px、pct、pxc のいずれも指定しない場合、デフォルトでピクセルが使用されます。
mtfTop=value

ブラウザ ウィンドウでウェブページの上端からインタースティシャル広告までの距離を、ピクセルまたは割合で指定できますpx、pct、pxc として -1500~1500 の値を使用します。

  • この値をオーバーライドできるのは、インタースティシャル クリエイティブの場合のみです。
  • インタースティシャル クリエイティブを使用した広告の場合は、整数の後に px か pct を追加して、ピクセルまたは割合で配置を指定できます。
  • たとえば、Key-Value が mtfTop=40pct の場合、インタースティシャル広告は、ユーザーのブラウザ ウィンドウでウェブページの上端から 40% の距離に表示されます。
  • 整数の後に px や pct を指定しない場合は、デフォルトでピクセルが使用されます。

Key-Value によるクリエイティブ設定のオーバーライドの例: キャンペーン マネージャー入稿担当者がリッチメディア広告に次のようなクリエイティブ設定を指定したとします。

  • 広告の位置はページの上端から 50 ピクセル
  • ページの左端からは 50 ピクセルの位置
  • 広告を 20 秒間表示
  • Java アプレットは表示

これらのクリエイティブ設定に基づいて、次のような広告タグが取得されます。

http://ad.doubleclick.net/adi/N270.maheshdfasite/B3140338.2;dcopt=1_ist;sz=0x0;ord=[timestamp]?

広告タグを取得した後で、キャンペーン マネージャー 入稿担当者のクリエイティブ設定を次のようにオーバーライドするとします。

  • 広告の位置はウェブページの上端から 60 ピクセル
  • ウェブページの左端からは 10 % の位置
  • 広告を 30 秒間表示
  • Java アプレットは非表示

この場合は、広告タグのクリエイティブ設定を次のようにオーバーライドします。

http://ad.doubleclick.net/adi/N270.maheshdfasite/B3140338.2;dcopt=1_ist;mtfTop=60;mtfLeft=10pct;mtfDuration=30;hideApplets=true;sz=0x0;ord=[timestamp]?
リマインダー アセットの位置のオーバーライドに使用可能な Key-Value
Key-Value 説明
mtfRenderFloatInplace=true/false タグで指定された広告コンテナを起点にして広告を配置します。既定値は false です。true に設定すると、広告の div がページではなくコンテナの div に追加され、広告の位置がコンテナの左上から計算されます。これは、インタースティシャル形式にのみ適用されます。

http://ad.doubleclick.net/parkaypreview?creativeid=1234567siteurl=http://www.msn.commtfTop=300;mtfLeft=250;mtfImp=http://www.espn.com;mtfDuration=20;mtfIFPath=/doubleclick/

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。