検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

配信時の問題

Rich Media 広告のクリエイティブ設定のオーバーライド

Key-Value を使用すると、広告主に問い合わせることなく、サイトに掲載される Rich Media 広告のクリエイティブ設定をカスタマイズできます。Key-Value を使用して、クリエイティブの外観や機能を動的に変更できます。広告のクリエイティブ設定のカスタマイズは数多くの理由で行われます。たとえば、1 つのクリエイティブに対して異なる複数のプロパティを設定し、サイトのホームページと別のページとでクリエイティブが別の位置に掲載されるようにする場合などがあります。

Key-Value ペアを広告タグに挿入したら、プレビュー URL を使用して、オーバーライドを適用したクリエイティブの表示を確認することができます(広告タグの設定のカスタマイズもご覧ください)。

クリエイティブ設定のオーバーライドに使用可能な Key-Value

リッチメディア広告の入稿時にクリエイティブ設定のオーバーライドに使用できる有効な Key-Value ペアについて、次の表で説明します。広告タグに Key-Value ペアを挿入する際は「key=value」の形式を使用してください。

Key-Value 説明
ad_container_id=value リッチメディア ユニットの配信先の <div> を指定できます。指定しない場合、<div> はサイト運営者のページ上で、DCM タグの配信先以外の場所になります。
breakoutiframe=false リッチメディア広告を iframe の枠外に出ないように表示します。これは、広告を配信するサイトが、たとえば iframe にすべて含まれる場合に役に立ちます。
breakoutiframe=true バナー クリエイティブを、エキスパンド クリエイティブやインタースティシャル クリエイティブのように iframe の枠外に出るように表示します。
hideObjects=value リッチメディア広告が表示される同じウェブページで Flash オブジェクトを表示または非表示にすることができます。この Key-Value が適用されるのは、リッチメディア広告の内側の Flash ではなく、リッチメディア広告の外側の Flash オブジェクトです。デフォルトは false です。

: このクリエイティブ設定をオーバーライドできるのは、インタースティシャル クリエイティブとエキスパンド クリエイティブの場合のみです。エキスパンド クリエイティブの場合は、広告がエキスパンドされたときにのみ設定が適用されます。
mtfIFPath=サイト運営者のウェブサーバーにある DARTIFrame.html ファイルのパス パスは半角スラッシュ(/)で開始、終了する必要があります。
mtfDuration=value アクセス中に、インタースティシャル クリエイティブをウェブページに表示する時間を秒単位で指定できます。auto、none、または正の整数を指定します。

: このクリエイティブ設定をオーバーライドできるのは、インタースティシャル クリエイティブの場合のみです。
mtfLeft=value

ブラウザ ウィンドウでウェブページの左端からインタースティシャル広告までの距離を、ピクセルまたは割合で指定できます。px、pct、pxc として -1500~1500 の値を使用します。

  • この値をオーバーライドできるのは、インタースティシャル クリエイティブの場合のみです。
  • インタースティシャル クリエイティブを使用した広告では、整数の後に px、pct、または pxc を追加して、ピクセルまたは割合で配置を指定できます。
  • たとえば、Key-Value が mtfLeft=40pct の場合、インタースティシャル広告は、ユーザーのブラウザ ウィンドウでウェブページの左端から 40% の距離に表示されます。
  • 整数の後ろに px、pct、pxc のいずれも指定しない場合、デフォルトでピクセルが使用されます。
mtfTop=value

ブラウザ ウィンドウでウェブページの上端からインタースティシャル広告までの距離を、ピクセルまたは割合で指定できますpx、pct、pxc として -1500~1500 の値を使用します。

  • この値をオーバーライドできるのは、インタースティシャル クリエイティブの場合のみです。
  • インタースティシャル クリエイティブを使用した広告の場合は、整数の後に px か pct を追加して、ピクセルまたは割合で配置を指定できます。
  • たとえば、Key-Value が mtfTop=40pct の場合、インタースティシャル広告は、ユーザーのブラウザ ウィンドウでウェブページの上端から 40% の距離に表示されます。
  • 整数の後に px や pct を指定しない場合は、デフォルトでピクセルが使用されます。
wmode=value リッチメディア広告の Wmode 設定を、wmode=transparent、opaque、または window で指定します。 インタースティシャル クリエイティブ専用です。他のクリエイティブ タイプで使用した場合は無視されます。

Key-Value によるクリエイティブ設定のオーバーライドの例: DCM 入稿担当者がリッチメディア広告に次のようなクリエイティブ設定を指定したとします。

  • 広告の位置はページの上端から 50 ピクセル
  • ページの左端からは 50 ピクセルの位置
  • 広告を 20 秒間表示
  • 広告の Wmode は transparent に設定
  • Flash オブジェクトは非表示
  • Java アプレットは表示

これらのクリエイティブ設定に基づいて、次のような広告タグが取得されます:

http://ad.doubleclick.net/adi/N270.maheshdfasite/B3140338.2;dcopt=1_ist;sz=0x0;ord=[timestamp]?

広告タグを取得した後で、DCM 入稿担当者のクリエイティブ設定を次のようにオーバーライドするとします。

  • 広告の位置はウェブページの上端から 60 ピクセル
  • ウェブページの左端からは 10 % の位置
  • 広告を 30 秒間表示
  • 広告の Wmode は opaque に設定
  • Flash オブジェクトは表示
  • Java アプレットは非表示

この場合は、広告タグのクリエイティブ設定を次のようにオーバーライドします:

http://ad.doubleclick.net/adi/N270.maheshdfasite/B3140338.2;dcopt=1_ist;mtfTop=60;mtfLeft=10pct;mtfDuration=30;wmode=Opaque;hideObjects=false;hideApplets=true;sz=0x0;ord=[timestamp]?
リマインダー アセットの位置のオーバーライドに使用可能な Key-Value
Key-Value 説明
mtfRenderFloatInplace=true/false タグで指定された広告コンテナを起点にして広告を配置します。既定値は false です。true に設定すると、広告の div がページではなくコンテナの div に追加され、広告の位置がコンテナの左上から計算されます。インタースティシャル、マルチフローティング インタースティシャル、バナーとフローティングの各フォーマットに適用されます。

http://ad.doubleclick.net/parkaypreview?creativeid=1234567siteurl=http://www.msn.commtfTop=300;mtfLeft=250;wmode=transparent; mtfImp=http://www.espn.com;mtfDuration=20;mtfIFPath=/doubleclick/

マルチフローティング インタースティシャルの位置の指定に使用可能な Key-Value
Key 取り得る値 説明
mtfTopFloat 100、200 マルチフローティング インタースティシャル クリエイティブの上揃えのアセットについて、最初の数値はページの上端からの距離を表し、2 番目の数値はページの左端からの距離を表します。単位は px、%、または pxc(中心からのピクセル)です。
mtfRightFloat 100、200 マルチフローティング インタースティシャル クリエイティブの右揃えのアセットについて、最初の数値はページの上端からの距離を表し、2 番目の数値はページの左端からの距離を表します。単位は px、%、または pxc(中心からのピクセル)です。
mtfBottomFloat 100、200 マルチフローティング インタースティシャル クリエイティブの下揃えのアセットについて、最初の数値はページの上端からの距離を表し、2 番目の数値はページの左端からの距離を表します。単位は px、%、または pxc(中心からのピクセル)です。
mtfLeftFloat 100、200 マルチフローティング インタースティシャル クリエイティブの左揃えのアセットについて、最初の数値はページの上端からの距離を表し、2 番目の数値はページの右端からの距離を表します。単位は px、%、または pxc(中心からのピクセル)です。
mtfTopDuration 7 マルチフローティング インタースティシャル クリエイティブの上揃えのアセットが自動的に非表示になるまでの表示時間(秒数)です。
mtfRightDuration 7 マルチフローティング インタースティシャル クリエイティブの右揃えのアセットが自動的に非表示になるまでの表示時間(秒数)です。
mtfBottomDuration 7 マルチフローティング インタースティシャル クリエイティブの下揃えのアセットが自動的に非表示になるまでの表示時間(秒数)です。
mtfLeftDuration 7 マルチフローティング インタースティシャル クリエイティブの左揃えのアセットが自動的に非表示になるまでの表示時間(秒数)です。
mtfTopWmode window マルチフローティング インタースティシャル クリエイティブの上揃えのアセットのウィンドウ設定(transparent、opaque、または window)です。
mtfRightWmode window マルチフローティング インタースティシャル クリエイティブの右揃えのアセットのウィンドウ設定(transparent、opaque、または window)です。
mtfBottomWmode window マルチフローティング インタースティシャル クリエイティブの下揃えのアセットのウィンドウ設定(transparent、opaque、または window)です。
mtfLeftWmode window マルチフローティング インタースティシャル クリエイティブの左揃えのアセットのウィンドウ設定(transparent、opaque、または window)です。
L 字広告の位置の指定に使用可能な Key-Value
Key 取り得る値 説明
mtfRenderFloatInplace true または false タグで指定された広告コンテナを起点にしてアセットを配置します。サイト運営者による組み入れを有効にするには true に設定し、下記の Key を追加して各アセットをサイト運営者ページ上の一致する DOM 要素 ID に配置します。
top_container 要素 ID 上部の広告の表示先の既存の DOM 要素 ID です。
right_container 要素 ID 右側の広告の表示先の既存の DOM 要素 ID です。
left_container 要素 ID 左側の広告の表示先の既存の DOM 要素 ID です。
bottom_container 要素 ID 下部の広告の表示先の既存の DOM 要素 ID です。
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。