スタジオの広告配信の効率的な運用方法

このページを閲覧するには、それぞれのおすすめの方法をクリックして詳細を表示します。または、[すべて展開] をクリックし、Ctrl + F(Mac の場合は Command ⌘ + F)キーでページ内のキーワードを検索することもできます。

すべて展開する | すべて折りたたむ 

JavaScript タグを使用する
iframes に関する問題を回避するため、リッチメディアに JavaScript タグを実装することをおすすめします。
インタースティシャル クリエイティブのトップレベルのページ要素に最も高い Z-Index 値を使用する

クリエイティブには高い Z-Index 値(999999~1000000)が既定値として設定されています。エキスパンドに関する問題を回避するため、サイト側のプルダウン メニュー(またはフローティング ユニット)には 1000001 より大きい Z-Index 値を設定します。これにより、プルダウン メニューがリッチメディアの前面に正しくエキスパンドされるようになります。

詳しくは、サイト操作のプルダウン メニューがリッチメディアの背面にエキスパンドされるをご覧ください。

広告タグをサイト運営者のページに動的に書き込まない
スタジオでは、広告をウェブページ上の場所に移動するサイト運営者のカスタム実装をサポートしていません。サポートされない実装例としては、appendChild や innerHTML のような DOM メソッドを使ってページ内で広告を移動する方法、カスタム JavaScript で広告を動的に記述する方法などがあります。

このようなシナリオの場合、広告タグを直接ページに配置して、問題を確認します。問題が解決しない場合は、Google マーケティング プラットフォーム サポートまでお問い合わせください。問題が解決した場合は、サイト運営者側の問題だったことになります。

 

 

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。