Google パブリッシャー向け基準

Google パブリッシャー向け基準

ポリシー、制限コンテンツ、技術要件、管理設定など

Google は、自由で開かれたインターネットを実現するために、パブリッシャー様がご自身のコンテンツを収益化できるよう、また広告主様が有益で関連性の高い商品やサービスの広告を通じて潜在顧客にリーチできるよう、サポートしています。広告エコシステムの信頼性を保つためには、収益化の対象となるコンテンツと、パブリッシャー様および広告主様の両者に許可される行動に制限を課すことが必要になります。

Google パブリッシャー向け基準は、Google パブリッシャー向けポリシーGoogle パブリッシャー向け制限コンテンツの 2 つで構成されます。


Google パブリッシャー向けポリシー

Google 広告コードを使用してコンテンツを収益化する場合、以下のポリシーを遵守する必要があります。ここでいう「コンテンツ」とは、ウェブサイトまたはアプリ上に表示されるあらゆるものを指しており、Google 広告以外の広告のほか、宣伝用資料、他のサイトやアプリへのリンクも含まれます。「スクリーン」とは、ユーザーがコンテンツを操作するウェブページやアプリ画面などの表示領域を指します。本ポリシーに違反すると、コンテンツに基づいた広告の表示がブロックされたり、アカウントが停止または閉鎖されたりする場合があります。

Google パブリッシャー向けポリシーは、次のカテゴリに分類されます。

各ポリシーの詳細については、Google パブリッシャー向けポリシーをご覧ください。


Google パブリッシャー向け制限コンテンツ

パブリッシャー向け制限コンテンツでは、広告の供給が制限されるコンテンツについて規定しています。ここで言う「コンテンツ」とは、ページまたはアプリ上に表示されるあらゆるものを指しており、Google 広告以外の広告のほか、他のサイトやアプリへのリンクも含まれます。広告枠の制限に抵触しているコンテンツでは、有効な広告ソースが減少します。

場合によっては広告枠への入札がまったく発生せず、広告が表示されなくなることもあります。このような制限に抵触していると判断されたコンテンツには、Google 広告(旧称 AdWords)から広告が配信されることはありません。そのため、本 Google パブリッシャー向け制限事項に該当するコンテンツは、収益化すること自体は可能でも、制限対象外のコンテンツより広告の供給が少なくなる恐れがあるのでご注意ください。

詳しくは、Google パブリッシャー向け制限コンテンツをご覧ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
false
false