プライバシー ヘルプセンター

Google サービスのプライバシーは、さまざまな方法で管理できます。Google のプロダクトやサービスでのプライバシーやお客様のデータについて、よくある質問の回答を参照するには、以下のオプションを選択するか、Google のプライバシー ポリシーをご覧ください。

以下に関して、サポートをご希望のお客様向けに専用リソースとツールもご用意しております。アカウントの復元ハッキングが疑われるアカウントGoogle のプロダクトやサービスからの情報の削除技術的問題についてそれぞれご利用ください。

Google サービスに関するヘルプ

ヘルプセンターとプロダクト フォーラムをご利用ください。

Google アカウントの復元と不正使用された可能性のあるアカウント

Google アカウントを復元する

個人アカウントに問題が発生した場合:

  1. Google アカウントや Gmail を復元する方法を確認します。
  2. こちらの手順に沿ってアカウントを復元します
  3. それでもアカウントを復元できない場合は、お使いのプロダクトのプロダクト フォーラムを探し、質問を投稿します。

職場や学校のアカウントで Google サービスをご利用の場合は、Google Workspace のヘルプをご覧ください

アカウントが不正使用されたと思われる場合
アカウントでの不審なアクティビティ
お使いのアカウントで不審なアクティビティが検出された場合は、こちらの手順に沿ってアカウントを保護してください。アカウントのセキュリティ設定を確認するには、セキュリティ診断をご利用ください。

犯罪行為があったと思われる場合

犯罪行為があったと思われる場合は、警察当局に通報することをおすすめします。

他のユーザーのメールを受け取った場合

他人宛てのメールが届いた場合の説明をご覧ください。

Google のプロダクトやサービスからの削除を希望するコンテンツや情報を報告する

コンテンツまたは情報を報告する
法的な理由に基づく、Google サービスからのコンテンツ削除リクエスト

Google で違法または不正と判断される可能性のあるコンテンツを削除する方法をご覧ください。

Google は、ユーザーの個人情報を含む可能性があるコンテンツを Google サービスから削除するための合理的な専用プロセスを提供しています。

こちらのページで、適用される法律に基づき Google サービスからの削除を希望するコンテンツを報告できます。

YouTube に関するリクエストについて詳しくは、YouTube のプライバシー ガイドラインをご覧ください。

アカウントの管理

Google のプロダクトやサービスから自分のデータをダウンロードする

お客様のデータのダウンロードについての説明をご覧になるか、データ エクスポート ツールにアクセスして、Google のプロダクトやサービスからデータをダウンロードしてください。

また、お客様は Google のツールを使用して、データにアクセスして確認したり、データを削除したりできます。

データアクセスのリクエストを送信する

必要な情報が上記のツールで入手できない場合は、データアクセスのリクエストを送信して以下を指定してください。

  • ご希望の個人情報のカテゴリ
  • このデータが関連するプロダクトまたはサービス
  • データが Google によって収集された可能性があるおおよその日付

フォームに入力するには、Google アカウントにログインする必要があります。

重要: フリーダイヤル 855-548-2777 に、お電話でお問い合わせいただくこともできます。アカウント所有者に情報を確実に提供できるように、Google の担当者がお客様のさまざまな質問にお答えし、ウェブフォームの記入についてサポートいたします。

アカウントの基本情報とデータを確認する

Google アカウントにログインしている場合は、ご利用の Google サービスにアクセスして、いつでも情報を確認、更新できます。たとえば、Google フォトと Google ドライブはいずれも、お客様が Google サービスを使用して保存した特定の種類のコンテンツを管理できるように作られています。

また、Google アカウントに保存された情報を確認して、管理する機能も用意されています。たとえば、次のようなものがあります。

ログインしていないときは、ブラウザやデバイスに関連付けられている、以下のような情報を管理できます。

  • ログアウト時の検索のカスタマイズ: より関連性の高い検索結果やおすすめ情報を表示するために、検索アクティビティのデータを利用するかどうかを選択できます。
  • YouTube 設定: YouTube の検索履歴YouTube の再生履歴の一時停止と削除ができます。
  • 広告設定: Google のサイトや、Google と提携して広告を表示するサイトとアプリで表示される広告についての設定を管理できます。
データを削除する

アクティビティを削除する

お客様は、ご自分のロケーション履歴などのアクティビティを削除できます。また、一定期間後に自動的に削除されるよう設定することもできます。

詳しくは、Google アカウントの情報を確認、管理、削除する方法をご覧ください。

プロダクトやサービスを削除する

Google アカウントを削除する

お客様は自分の Google アカウントをいつでも削除できます。削除を思い直した場合や、アカウントを誤って削除してしまった場合に、アカウントを元に戻せることがあります。詳しくは、アカウントの復元方法についての説明をご覧ください。

アカウントを削除すると、一定期間を経過した後、お客様のすべてのデータとアカウントのコンテンツが Google のシステムから削除されます。Google のデータ保持ポリシーでは、Google がさまざまなデータを保持する理由とその期間について説明しています。Google アカウントを削除すると、以下のものを使用できなくなります。

  • ログインが必要なサービス(Gmail、ドライブ、カレンダーなど)
  • アカウントに関連付けられているデータ(メール、写真、注文履歴など)
  • YouTube の登録チャンネル
  • Google Play で購入したコンテンツ(映画、ゲーム、音楽など)
  • Chrome に保存した情報
  • Gmail のユーザー名(いったん削除したユーザー名を後で再び使用することはできず、同じユーザー名で新しい Google アカウントを作成することもできません)

これらのツールに加えて、Google フォトなどのサービスでは、専用の削除機能も用意されています。

プライバシーとセキュリティの管理

プライバシー設定を確認する

お客様は Google サービス全体でプライバシーを管理することができます。プライバシー診断を使用すると、以下のような重要なプライバシー設定を確認して、調整できます。これらのツールに加えて、Google のサービスには個別のプライバシー設定も用意されています。

  • アクティビティ管理
    • ご自分のアカウントに保存するアクティビティの種類を指定します。たとえば、通勤時間の予測が表示されるようにロケーション履歴をオンにする、好みに合うおすすめの動画が表示されるように YouTube の再生履歴を保存する、などの活用法があります。
  • 広告設定
    • Google のサイト、または Google と提携して広告を表示するサイトやアプリで表示される広告について、設定を管理できます。関心のある事柄を変更したり、より関連性の高い広告を表示するための個人情報の使用の可否を選択したり、特定の広告サービスをオンまたはオフにしたりできます。
  • 基本情報
    • 各種 Google サービスにおいて他のユーザーに表示されるご自分の情報を管理できます。
サードパーティのアプリやサイトとデータを共有する方法を確認する

お客様のデータを安全に共有するため、Google ではサードパーティのサイトやアプリにアカウントのさまざまな部分へのアクセスをお客様が許可できるようにしています。

詳しくは、サードパーティのアプリやサイトとデータを共有する方法についての説明をご覧ください。

セキュリティ設定を確認する
Google が収集するデータと情報

Google が収集する情報とその使用方法

Google では、Google が収集する情報の種類とその使用方法を明確にお伝えするよう努めています。Google の取り組みの詳細については、プライバシー ポリシーをご覧ください。また、Google が収集する情報の種類、収集方法、収集目的、使用方法、いつ共有するのかについての説明も併せてご覧いただけます。Google のプライバシーとセキュリティの原則については、Google のセーフティ センターもご覧ください。

データの保存場所

Google はサービスの信頼性を保つため、世界各地にサーバーを設置しています。そのため、お客様の情報がお住まいの国以外のサーバーで処理されることがあります。Google は、お客様の情報が処理される場所にかかわらず、同じレベルのデータ保護を適用します。

プライバシーに関する質問のサポート

データのプライバシーに関する質問

Google は、Google プロダクトでのユーザーのプライバシーに関するお問い合わせに対応する、専門チームを設けています。プライバシー ヘルプセンターでプライバシーに関するご不明な点への回答が見つからない場合は、こちらのウェブフォームにご記入いただくか、フリーダイヤル(855-548-2777)までお問い合わせください。   

Google のプライバシーへの取り組みについて詳しくは、Google のプライバシー ポリシーをご覧ください。

以下に関して、サポートをご希望のお客様向けに専用リソースとツールもご用意しております。アカウントの復元ハッキングが疑われるアカウントGoogle のプロダクトやサービスからの情報の削除技術的問題についてそれぞれご利用ください。

企業のお客様のリクエストとリソース

Google Cloud によるデータ処理

一般ユーザー向けの Gmail、ドライブなどの Google サービスをお客様が利用されている場合は、Google の利用規約プライバシー ポリシーが適用されます。

一般ユーザー向けの Gmail やドライブに対しては、データ処理規約が設けられていません。こうしたサービスの一般ユーザー向けのバージョンにおいて、Google がデータ処理者となることはありません。プライバシーに関する具体的な懸念事項、データ保護の義務、コンプライアンス要件につきましては、弁護士にご相談ください。

お客様の組織が Google Workspace、Google Workspace for Education、または Google Cloud Platform サービスをご利用の場合データ処理の修正条項 / データ処理およびセキュリティ規約、およびモデル契約条項(Google Workspace と Google Workspace for Education についてはこちら、Google Cloud Platform についてはこちら)が適用されることがあります。お客様の組織が販売パートナーから上記のサービスを購入した場合は、これらの規約が同様に適用されることがあります。これらの規約には、管理コンソールから同意することができます。同意の手順の詳細は、Google Workspace と Google Workspace for Education についてはこちらを、Google Cloud Platform についてはこちらをご覧ください。また、Google Cloud のプライバシーに関するお知らせで、各サービスに関連した個人情報(お客様のデータを除く)の Google による収集と取り扱いについて説明しています。

Google は、これらの規約のハードコピーは提供していません。企業向けサービスにおける Google のコンプライアンスについて詳しくは、Google Cloud のコンプライアンスに関するよくある質問privacy.google.comgoogle.privacy/businesses をご覧ください。

データ処理規約を確認する

Google では、自社がデータ処理者の役割を担うプロダクトについて、次のようなデータ処理規約を設けています。

また、Google 広告の広告主様に対する GDPR の遵守に関するサポートについてもご確認ください。その他の広告関連の機能について詳しくは、Google コントローラ規約をご覧ください。

プロダクトやデータ処理規約について詳しくは、privacy.google.com/businesses/compliance をご覧ください。

詐欺を防ぎ報告する

ときには Google サービスを利用し、お客様に対して詐欺や不正行為を働く者がいます。詳しくは、詐欺を防ぐ方法と、どこに報告するかについての記事をご覧ください。

お使いのアカウントで不審なアクティビティが検出された場合は、アカウントを保護する方法についての記事をご覧ください。アカウントのセキュリティ設定を確認するには、Google のセキュリティ診断をご利用ください。

false
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
false