Google+ を利用できない場合

職場や学校のアカウントで Google+ をご利用の場合、Google+ の利用とコンテンツの投稿をユーザーに許可するかどうかを管理者が設定しています。次の場合は Google+ をご利用いただけないことがあります。

  • お使いのアカウントに対して管理者が Google+ を無効にしている場合
  • お使いのアカウントに有効な G Suite ライセンスがない場合

職場や学校で Google+ を利用できない場合:

  • Google+ で投稿、コメント、+1 の各操作ができなくなります。
  • 投稿、コメント、+1 を行おうとすると、エラー メッセージが表示されるか、お知らせが届きます。
  • 古いコンテンツを削除できることがあります(Google+ でのアクティビティの削除と管理)。
  • Google+ プロフィールを削除できることがあります。
  • 職場で G Suite のご利用を停止された場合は、Google+ プロフィールとコンテンツが自動的に削除されます。ただし、G Suite for Education のご利用を停止された学校の場合は削除されません。

: ご利用の G Suite か Google+ アカウントが停止されると、Google+ へのアクセスがブロックされ、コンテンツが非表示になります。非表示になったコンテンツは最終的に削除される可能性があります。

Google+ をご利用になりたい場合は、管理者にお問い合わせください。管理者から、お使いのアカウントに新しいライセンスを割り当ててもらう必要があるかもしれません。

ご自分で G Suite に申し込まれた場合は、ご自身がアカウントの管理者になっている可能性があります。お支払い情報が正しいことを確認し、お支払いと請求の問題に対処してください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。