Google+ のユーザー補助機能を使用する

Google+ には、使いやすさを向上させるためのユーザー補助機能が搭載されています。

Android アプリ

ユーザー補助機能TalkBackBrailleBack など)をオンにして、Google+ アプリで使用することができます。

TalkBack をオンにすると、次のことが可能です。

  • 前の投稿ボタンと次の投稿ボタンを使用して、ストリーム内をより直感的に移動できます。
  • 投稿をダブルタップするかストリーム内のローカル コンテキスト メニューを使用して、投稿を +1、共有、表示したり、コメントを追加したりできます。
  • 投稿全体を表示した状態で下にスクロールすると、コンテンツをさらに表示できます。

モバイル ブラウザ

モバイル ブラウザでは次のことが可能です。

  • ARIA ランドマークを使用して主なセクションを見つけたり、セクション間を移動したりできます。
  • スクリーン リーダーを使用すると、HTML の見出し要素で投稿、コメント、コミュニティ、設定間を移動できます。

おすすめの方法: レイアウトの設定を 1 列にすると、ホーム ストリーム内を移動しやすくなります。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。