Wi-Fi オープン ネットワークに自動的に接続する

Google で高速性と信頼性が確認されている Wi-Fi オープン ネットワークに自動的に接続させることができます。Wi-Fi アシスタントを使って、このような安全な接続を実現します。

Wi-Fi アシスタントは、次の端末でご利用いただけます。

注: この手順の一部は、Android 8.1 以降でのみ動作します。お使いの Android のバージョンをご確認ください

この機能を有効または無効にする

有効にする

Google Fi をご利用の場合を除き、Wi-Fi アシスタントはデフォルトで無効になっています。

オープン ネットワークに自動接続されるように設定する

  1. 端末の設定アプリ 設定アプリ を開きます。
  2. [ネットワークとインターネット] 次の操作 [Wi-Fi] 次の操作 [Wi-Fi 設定] をタップします。
  3. [オープン ネットワークに接続する] をオンにします。

Wi‑Fi アシスタント経由で接続する場合

  • 通知バーに、Wi-Fi アシスタントのバーチャル プライベート ネットワーク(VPN)キーのアイコン Wi-Fi アシスタント経由の VPN が表示されます。
  • 現在の Wi-Fi 接続について [オープン Wi‑Fi に自動接続] と表示されます。
切断する、または無効にする

必要に応じて、ネットワークから切断したり、Wi-Fi アシスタントを無効にしたりできます。

現在のネットワークから切断する

  1. 端末の設定アプリ 設定アプリ を開きます。
  2. [ネットワークとインターネット] 次の操作 [Wi-Fi] 次の操作 ネットワーク名をタップします。
  3. [削除] をタップします。

Wi-Fi アシスタントを無効にする

  1. 端末の設定アプリ 設定アプリ を開きます。
  2. [Google] 次の操作 [ネットワーク] をタップします。
  3. Wi-Fi アシスタントを無効にします。

問題を修正する

利用できる国

Android 5.1 以上を搭載した Pixel および Nexus 端末上:

  • Wi-Fi アシスタントは、米国、カナダ、デンマーク、フェロー諸島、フィンランド、アイスランド、メキシコ、ノルウェー、スウェーデン、英国でご利用いただけます。
  • Google Fi をお使いの場合は、オーストリア、ベルギー、フランス、ドイツ、ギリシャ、アイルランド、イタリア、オランダ、ポルトガル、スペイン、スイスでも Wi-Fi アシスタントをご利用いただけます。
接続中にアプリが動作しない

このような安全な接続では動作しないアプリもあります。次に例を示します。

  • 一部のスポーツアプリや動画アプリなど、場所によって使用に制限があるアプリ
  • 一部の Wi-Fi 通話アプリ(Google Fi 以外)

このような安全な接続で動作しないアプリを使用するには、次のようにします。

  1. Wi-Fi ネットワークから切断します。詳しくは、接続を解除する方法をご覧ください。
  2. Wi-Fi ネットワークに手動で再接続します。詳しくは、手動で接続する方法をご覧ください。
    重要: 手動で接続したオープン ネットワークに送信されるデータは、同じネットワークに接続している他のユーザーに漏洩するおそれがあります。

手動で接続し直すと、アプリは現在地を認識できます。

オープン ネットワークに接続できない

Wi-Fi アシスタントを使って近くのオープン ネットワークに接続できない場合、考えられる原因は次のとおりです。

  • Google でそのネットワークについて質の高さや信頼性が確認されていない
  • そのネットワークに手動で接続しているため、Wi-Fi アシスタントでは接続されない
  • そのネットワークに接続するにはログインなどユーザーが行わなければならない手順があるため、Wi-Fi アシスタントでは接続されない

次の解決策をお試しください。

  • Wi-Fi アシスタントで自動的に接続されない場合は、手動で接続してください。詳しくは、手動で接続する方法をご覧ください。
    重要: 手動で接続したネットワークに送信されるデータは、同じネットワークに接続している他のユーザーに漏洩するおそれがあります。
  • すでに手動でネットワークに接続している場合は、そのネットワークを「削除」します。その後、Wi-Fi アシスタントで自動的に再接続されます。詳しくは、ネットワークを「削除する」方法についての説明をご覧ください。
「端末が Wi-Fi アシスタントに接続しました」というメッセージが表示される

Wi-Fi アシスタントでは、Wi-Fi オープン ネットワークの安全性を高めるために、バーチャル プライベート ネットワーク(VPN)が使用されます。この VPN により、オープン ネットワーク上の他のユーザーにデータが漏洩するのを防ぐことができます。Wi-Fi アシスタントで VPN が有効になると、「端末が Wi-Fi アシスタントに接続しました」というメッセージが表示されます。

Google ではシステムデータを監視しています。ユーザーがウェブサイトに(HTTPS で)安全に接続すると、Google のように VPN 接続を提供している会社でユーザーのコンテンツを記録することはできません。Google では、VPN 接続を介して送信されるシステムデータを次の目的に利用しています。

  • バーチャル プライベート ネットワーク(VPN)を含め、Wi-Fi アシスタントを提供し、改善する
  • 不正行為を監視する
  • 該当する法令に準拠し、裁判所命令や行政命令に従う

関連記事

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。