Pixel スマートフォンでアプリの権限を変更する

一部のアプリに、カメラや連絡先リストなど、スマートフォンのさまざまな機能の使用を許可することができます。アプリは、スマートフォンの機能の使用許可を求める通知を送信し、ユーザーはこれを許可または拒否することができます。また、スマートフォンの設定で、1 つのアプリの権限を変更したり、権限のタイプに基づいて変更したりすることもできます。
重要: この手順の一部は、Android 10 以降でのみ動作します。お使いの Android のバージョンをご確認ください

アプリの権限を変更する | Pixel

アプリの権限を変更する

  1. スマートフォンで設定アプリを開きます。
  2. [アプリと通知] をタップします。
  3. 変更するアプリをタップします。見つからない場合は、まず [アプリをすべて表示] または [アプリ情報] をタップします。
  4. [権限] をタップします。
    • アプリの権限を許可または拒否した場合は、ここで確認できます。
  5. 権限設定を変更するには、設定をタップしてから [許可] または [拒否] を選択します。

権限のタイプに基づいて権限を変更する

どのアプリに同じ権限設定があるかを確認できます(例: カレンダーを表示する権限を設定されたアプリなど)。
  1. スマートフォンで設定アプリを開きます。
  2. [プライバシー] 次の操作 [権限マネージャ] をタップします。
  3. 権限タイプをタップします。
    • アプリの権限を許可または拒否した場合は、ここで確認できます。
  4. アプリの権限を変更するには、アプリをタップしてから [許可] または [拒否] を選択します。

権限の種類

以下のリストは、アプリの権限と、有効にした場合に可能になる操作をまとめたものです。

  • ボディセンサー: バイタルサインに関するセンサー情報を取得します。
  • カレンダー: デフォルトのカレンダーを使用します。
  • 通話履歴: 通話履歴を表示、変更します。
  • カメラ: カメラを使って写真や動画を撮影します。
  • 連絡先: 連絡先リストを表示します。
  • 位置情報: デバイスの位置情報を取得します。位置情報の設定について
  • マイク: 音声を録音します。
  • 電話: 電話の発信と管理を行います。
  • 身体活動: ウォーキング、自転車、歩数などのアクティビティ情報を取得します。
  • SMS: SMS(テキスト)メッセージを表示、送信します。
  • ストレージ: スマートフォンの写真やその他のファイルを取得します。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。