Pixel スマートフォンの電池を長持ちさせる

スマートフォンを長く利用できるよう、電池の消耗を抑えて、電池を長持ちさせることができます。

重要: この手順の一部は、Android 11 以降のみを対象としています。詳しくは、Android のバージョンの確認方法をご覧ください。

電池の消費が少なくなる設定を選ぶ

画面表示を変更する

画面の明るさを下げる

  1. 2 本の指で画面上部から下にスワイプします。
  2. 画面上部のスライダーを左へ動かします。

ダークテーマをオンにする

  1. スマートフォンの設定アプリを開きます。
  2. [ディスプレイ] 次に [ダークテーマ] をタップします。

ライブ壁紙をオフにする

ライブ壁紙をオフにすると、電池を節約できます。詳しくは、壁紙を変更する方法をご覧ください。

画面を使用していないときにオフにする

  1. スマートフォンの設定アプリを開きます。
  2. [ディスプレイ] 次に [詳細設定] 次に [ロック画面] をタップします。
  3. 画面を使用していないときにオフにします。
    • Pixel 4: [ロック画面で非アクティブ] 次に [OFF] をタップします。
    • その他の Pixel: [時間と情報を常に表示] をオフにします。

すぐに画面がオフになるようにする

  1. スマートフォンの設定アプリを開きます。
  2. [ディスプレイ] 次に [詳細設定] 次に [画面消灯] をタップします。
  3. 30 秒などの時間を選択します。
ヒント: Pixel 4 をお持ちの場合は、画面のタイマーを短く設定したり、画面を見ている間のみ画面をオンにするように設定したりすることができます。スマートフォンの設定アプリを開き、[ディスプレイ] 次に [詳細設定] 次に [スクリーン アテンション] をタップして、[スクリーン アテンション] をオンにします。

スムーズ ディスプレイをオフにする(Pixel 4 以降)

  1. スマートフォンの設定アプリを開きます。
  2. [ディスプレイ] 次に [詳細設定] 次に [スムーズ ディスプレイ] をタップします。
  3. [スムーズ ディスプレイ] をオフにします。

画面の明るさを自動的に調節する

  1. スマートフォンの設定アプリを開きます。
  2. [ディスプレイ] 次に [明るさの自動調節] をタップします。
  3. [明るさの自動調節] をオンにします。
キー操作音とバイブレーションをオフにする
  1. スマートフォンの設定アプリを開きます。
  2. [] 次に [詳細設定] をタップします。
  3. 音またはバイブレーションをオンまたはオフにします。
接続の自動調整をオンにする(Pixel 4a(5G)以降)

重要: 米国では、携帯通信会社によっては接続の自動調整が制限される場合があります。詳しくは携帯通信会社にお問い合わせください。

  1. スマートフォンの設定アプリを開きます。
  2. [ネットワークとインターネット] 次に [詳細設定] 次に [接続の自動調整] をタップします。
  3. [接続の自動調整] をオンまたはオフにします。

詳しくは、接続の自動調整についての記事をご覧ください。

バックグラウンドの電池消耗を抑える

Motion Sense をオフにする(Pixel 4 のみ)
電池を節約するため、周囲の動作を認識する Pixel 4 の機能をオフにできます。Motion Sense をオフにする方法をご確認ください。
曲の識別を停止する
スマートフォンの近くで再生されている曲を自動的に識別する「この曲なに?」機能をオフにすると、電池を節約できます。「この曲なに?」機能をオフにする方法をご覧ください
電池消費量の多いアプリを制限する

バックグラウンドの電池消費量の多いアプリを制限する

  1. スマートフォンの設定アプリを開きます。
  2. [電池] をタップします。
  3. アプリの制限についてのアドバイスが記載されたカードが表示された場合は、カード 次に [制限] をタップします。

全体的な電池消費量の多いアプリを制限する

  1. スマートフォンの設定アプリを開きます。
  2. [電池次に その他アイコン その他 次に [電池の使用状況] をタップします。
  3. [フル充電以降の電池使用] で、各アプリの電池消費率の一覧を確認します。
    ヒント: アプリに加えサービスを表示するには、その他アイコン その他 次に [フル充電以降の電池使用状況を表示] をタップします。
  4. 一覧表示されたアプリの電池使用状況を表示または変更するには、そのアプリをタップします。​
    • アプリによっては、[バックグラウンドでの使用の制限] をオンにすることができます。
    • すべてのアプリで、[電池の最適化] を常にオンにしておくことをおすすめします。
自動調整バッテリーと電池の最適化をオンにする

スマートフォンの自動調整バッテリーをオンにする

  1. スマートフォンの設定アプリを開きます。
  2. [電池] 次に [自動調整バッテリー] をタップします。
  3. [自動調整バッテリー] をオンにします。

すべてのアプリで電池の最適化をオンにする

  1. スマートフォンの設定アプリを開きます。
  2. [アプリと通知] 次に [詳細設定] 次に [特別なアプリアクセス] 次に [電池の最適化] をタップします。
  3. アプリが [最適化していないアプリ] に表示されている場合は、アプリ名をタップ 次に [最適化] [完了] をタップします。
消費電力の多い機能をオフにする

詳しくは、電池を消耗する操作についての説明をご覧ください

不要なアカウントを削除する

スマートフォン上のアカウント数を減らすことで、電池を節約できます。スマートフォンの所有者は、アカウントとユーザー プロフィールを削除できます。

アカウントの削除方法についてご確認ください

ユーザーの削除方法をご確認ください

おすすめの充電方法

スマートフォンに付属の電源アダプターのみを使用する

他の電源アダプターや充電器を使用すると、充電に時間がかかったり、まったく充電されなかったりすることがあります。また、スマートフォンや電池の故障の原因になる場合もあります。

デバイスが熱くならないようにしておく

スマートフォンが過熱する可能性のある状況を避けます。

スマートフォンを使っていない場合でもスマートフォンが熱くなると電池がより早く消耗します。こうした形での電池の消耗は、電池の故障の原因になる場合があります。

詳しくは、スマートフォンが温かくなる原因とその対処方法をご覧ください。

ヒント: スマートフォンは電源接続時に温かくなるため、必要以上に充電したままにしないようにしてください。

必要な分だけ充電する
充電したら電池残量がゼロになるまで完全に使い切る、または電池残量ゼロの状態からフル充電するなど、電池容量をフルに使う必要はありません。
夜間にしっかりと充電する(Pixel 4 以降)

重要: 午後 9 時以降にスマートフォンを充電する場合、有効なアラームが午前 5~10 時の間に設定されていると、アダプティブ充電の機能が使用されます。詳しくは、アラームを設定する方法についての説明をご覧ください。

電池寿命を長持ちさせるために、スマートフォンを夜間にしっかりと充電することができます。アダプティブ充電がアラームの設定を使用して、起床前にスマートフォンの充電を完了します。

アダプティブ充電をオフにするには:

  1. スマートフォンの設定アプリを開きます。
  2. [電池] 次に [自動調整バッテリー] をタップします。
  3. [アダプティブ充電] をオフにします。

ヒント: アダプティブ充電をオンにすると、常に表示状態のディスプレイに「アダプティブ充電」と表示され、フル充電までの時間もあわせて表示されます。

[バッテリーの状態を最適化](Pixel 3 以降)
重要: [電池の状態を最適化] を利用できるのは Android 11 以降のみです。お使いの Android のバージョンをご確認ください

次のような特定の状況においては、電池の状態を維持できるように、自動的にスマートフォンの充電が約 80% に制限されます。

  • 電池の消耗が激しい状態(ゲームプレイなど)で充電が継続されている。
  • 4 日以上連続して充電されている。

これは一時的な機能で、スマートフォンが上記のような状況でなくなれば自動的にオフになります。つまり、スマートフォンが 100% まで充電されるようになったときには、この機能はすでに無効となっています。

この機能がオンになると、[常に表示状態のディスプレイ] および設定アプリの [バッテリー] に、[電池の状態を最適化] という通知が表示されます。

「電池の状態を最適化」機能の使用を停止するには:

  1. Pixel スマートフォンを充電器から取り外します(または Pixel Stand から外します)。
  2. Pixel スマートフォンを再起動するか、10 分ほど待ちます。
  3. この機能がオフになると、通知が消えて、スマートフォンが 100% まで充電できるようになります。
    • ヒント: スマートフォンがまた前述のような状況になった場合、この機能は自動的に再びオンになります。

関連記事

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。