撮影場所を理解して編集する

次のような場合、写真に撮影場所の情報が含まれる可能性があります。

  • デバイスが撮影場所の情報を保存する。
  • ユーザーが撮影場所を追加した。
  • ご利用の Google アカウントに保存されている Google ロケーション履歴や、写真に映ったランドマーク(例: 東京タワー)などの情報をもとに、Google フォトによって撮影場所が推定された。

撮影場所を追加、編集する

現在のところ、撮影場所の追加や編集は iPhone や iPad ではできませんが、パソコン上では行うことができます。上部の [パソコン] をタップします。

写真から撮影場所を削除する

Google フォトによって推定された撮影場所の情報は、次の手順で削除することができます。

  1. iPhone または iPad で Google フォト アプリ フォト を開きます。
  2. 該当の写真や動画を開きます。
  3. 撮影場所の情報の横にあるその他アイコン その他 右矢印 [情報] をタップします。
  4. [場所情報なし] を選択します。

撮影場所を含む写真を共有する

他のユーザーに対して写真の撮影場所を非表示にするよう設定しないと、次のような状況が発生します。設定を変更する方法については、以下をご覧ください

  • 写真に撮影場所を追加して Google フォトのユーザーと共有すると、撮影場所も共有されます。
  • Google フォトによって推定された撮影場所を含む写真を共有した場合、撮影場所は共有されません。
  • ご利用の端末によって推定された撮影場所を変更して Google フォトでその写真を共有すると、編集した撮影場所が表示されます。
  • カメラの GPS によって保存された撮影場所を変更しても、その写真を他のアプリと共有したり、ダウンロードしたりすると、カメラの GPS によって保存された元の撮影場所が表示されることがあります。

写真の撮影場所が表示されないようにする

リンクを使用して写真を共有すると、端末によって撮影場所が推定された場合に、写真の撮影場所が共有されることがあります。

  1. iPhone または iPad で Google フォト アプリ フォト を開きます。
  2. メニュー アイコン メニュー 右矢印 設定アイコン 設定 右矢印 [リンクで共有するファイルの位置情報を削除] をタップします。リンクを使用して共有する場合に撮影場所の情報が含まれなくなります。

:

  • 写真や動画を別の方法で共有する場合(ダウンロードした写真をメールに添付して送信するなど)、撮影場所が削除されないことがあります。
  • この設定を変更する前にリンクを使用してすでに写真や動画を共有していた場合、撮影場所は引き続き表示されます。

次の場合は、撮影場所の情報が表示されることがあります。

  • 設定を変更する前に、リンクを使用して写真、動画、アルバムを共有していた。
  • 写真や動画を別の方法で共有している(ダウンロードした写真をメールに添付して送信するなど)。この場合は、Google フォトで行った編集は反映されずに、お使いのデバイスで保存された元の撮影場所が表示されます。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。