アカウントの明細書

Google お支払いセンターの [アカウントの明細書] ページでは、Google でのお客様のお支払い状況がリアルタイムで表示されます。表示内容をカスタマイズすることもできます。次のことが可能です。

  • 未払い残高の情報と請求書を、支払い期限のステータスごとに表示
  • サービス利用月、商品、通貨などの属性による、お支払い情報の検索とフィルタリング
  • 運営会社レベルまたはクライアント レベルでの、お支払い情報の検索とフィルタリング(親子関係のある会社の場合)
  • すべてのお支払い関連文書の検索:
    • 月別請求書
    • クレジットメモ
    • デビットメモ
    • 税務書類

親子関係のある会社の場合は、[アカウントの明細書] ページの左上に明細書が表示されます。明細書を選択すると、その最新の概要情報が表示されます。

親子関係のある会社ではない場合は、お客様のお支払いプロファイルのアカウントの明細書が表示されます。複数のお支払いプロファイルがある場合は、表示するお支払いプロファイルをページ右上から選択します。

ページにある青色のリンクを選択すると、[お支払い関連文書] の表に含まれている特定の請求書のフィルタされたリストを確認できます。表をダウンロードすると、明細書の情報をオフラインで表示できます。文書は、個別にダウンロードすることも一括でダウンロードすることもできます。この表についての詳しい説明をご覧ください

アクセス

Google お支払いセンターでアカウントのオンライン明細書にアクセスするには、pay.google.com にログインして [アカウントの明細書] を選択します。

ログインできない、または情報を表示できない場合

お支払いセンターにログインしてお支払いプロファイルを表示するには、お支払いプロファイルで少なくとも [読み取りアクセス権] が付与されたお支払いサービスのユーザーとして登録されている必要があります。お支払いプロファイルが複数ある場合は、それぞれでお支払いサービスのユーザーになる必要があります。お支払いサービスのユーザーになるには、債権回収者または Collections Team(collections@google.com)にお問い合わせください。

親子関係のある代理店の場合、次のアクセス権が必要になります。

  • お支払いプロファイル
  • お支払いプロファイルに表示される代理店の明細書

pay.google.com にログインして親子関係のある会社のお支払いプロファイルを表示できるが、左側の選択画面に必要な明細書が表示されていない場合、その明細書へのアクセス権がまだ付与されていない可能性があります。アクセス権については、債権回収者にお問い合わせください。

[アカウントの明細書] ページの機能

合計お支払い額

未決済請求書を、支払い期限のステータスごとにまとめます。

  • [期限前]: 支払い期限がまだ先の未決済請求書
  • [期限間近]: 支払い期限が 20 日以内の請求書
  • [期日超過]: 期日超過の請求書
  • [要注意]: サービスの停止を防ぐために支払う必要がある、期日超過の請求書
  • [停止中]: 停止中のアカウントを再有効化するために支払う必要がある請求書

金額の横にある [表示] をクリックすると、その金額に含まれている具体的な請求書を確認できます。

すべての未決済請求書を確認するには、右上にある [未決済請求書を表示] をクリックします。

このカードに表示されるのは、現時点で未決済の請求書とデビットメモのみの概要です。未決済のクレジットに関する情報は、下にある [適用されていないクレジット] カードと [グループ化] カードで確認できます。

現在異議申し立てが行われている請求書がある場合、それらの請求書は [合計お支払い額] カードで確認できます。現在異議申し立てが行われている請求書は、異議申し立て手続きが進行している間は [要注意] とは表示されません。この状態の請求書により停止のリスクが高まることはありません。

異議申し立て中の請求書

現在異議申し立てが行われている請求書の数と合計残高を表示します。たとえば、請求書の修正や再請求がリクエストされたことにより、異議申し立て中となっている請求書がある場合があります。

適用されていないクレジット

お客様の Google お支払いアカウント全体の、未適用のクレジットメモの数と合計残高を表示します。過去の該当のないお支払いからのクレジットがある場合、そのクレジット残高もここに表示されます。

クレジットメモは、請求書の未払い残高を減らすために使用できます。たとえば、無効な広告クリックからのクレジットやサービス調整クレジットなどによるクレジットメモがある場合があります。

親子関係のある会社ではない場合は、Google お支払いセンターを使用して未決済のクレジットを未決済の請求書に適用できます。クレジットを使用して請求書を支払う方法についての詳しい説明をご覧ください

親子関係のある会社の場合は、クレジットメモの番号とそれを適用する請求書の番号をコレクタにご提供ください。メールの宛先は collections@google.com です。

グループ化

未決済請求書は、次の項目別にグループ化できます。

  • 商品
  • 通貨
  • 発行月
  • 運営会社(親子関係のある会社のみ)
  • クライアント(親子関係のある会社のみ)

特定の請求額またはカテゴリに該当する請求書を見つけるには、表の青色のテキストリンクをクリックします。たとえば、Google 広告の 1 月の未決済請求書のうち、アカウントの停止につながる恐れがあるすべての請求書を特定できます。リンクをクリックして [商品] と [発行月] で表をフィルタし、[要注意] となっている Google 広告の 1 月の請求額をクリックします。

データのフィルタリング

右側にあるフィルタパネルを使用すると、次の項目でデータをフィルタできます。

  • 商品
  • 通貨
  • 発行月
  • 運営会社(親子関係のある会社のみ)
  • クライアント(親子関係のある会社のみ)

[お支払い関連文書] の表を開くと、追加の文書レベルフィルタを使用できます。[お支払い関連文書] の表に関する詳しい説明をご覧ください

ヒント: フィルタパネルで適用するフィルタは、ページ上のすべてのデータに対して適用されます。

すべての請求書とメモを確認する

未決済、決済済みにかかわらず、すべての請求書とメモを確認するには、ページの右上にある [すべての請求書とメモを表示] を選択します。

お支払い関連文書の管理方法に関する詳しい説明をご覧ください

ビューの保存

フィルタセットを「ビュー」として保存しておくと、そのフィルタセットを簡単に再利用できます。上部にある [表示を保存] をクリックします。

ページにフィルタを設定したり、ページを並べ替えたりした後に、そのビューを保存できます。保存されたビューでは、現在選択されているフィルタ、列、並べ替え順が保持されます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。