店舗でのお支払いに画面ロックを設定する

店舗で Google Pay を使用するには、安全のために Android デバイスに画面ロックを設定する必要があります。

重要: 日本の電子マネー、QUICPay、iD のユーザーの場合、画面ロックの設定は任意です。

Google Pay は、PIN、パターン、パスワード、指紋、網膜スキャンによる画面ロックに対応していますが、顔認識または Smart Unlock や Knock to Unlock などを使った画面ロックには対応していません。

画面ロックを有効にする

詳しくは画面ロックを設定または変更する方法についての記事をご覧ください。

スマートフォンがロックされるまでの時間を変更する

スマートフォンのロックがかかっていない状態では常に支払いが可能です。セキュリティを強化するには、ロックされるまでの時間を短くします。

  1. Android スマートフォンで設定アプリ 設定 を開きます。
  2. [画面ロックとセキュリティ] 次に [安全なロック設定] 次に [自動ロック] をタップします。
  3. 画面が自動的にロックされるまでの時間を選択します。

小額のお支払いにはロック解除は不要

ほとんどの場合、店舗での購入時にはスマートフォンのロックを解除する必要があります。ただし、一定額に満たない少額のお支払い時にはロックしたまま購入できます。

重要: ロックしたままお支払いができるのは、スマートフォンのロック解除が求められる前だけです。

ロックした状態のデバイスでのお支払い上限

金額
オーストラリア AUD 100
ベルギー EUR 25
ブラジル BRL 50
カナダ CAD 100
チリ 12,000 CLP(クレジット カードの場合)
クロアチア 100 HRK
チェコ 500 CZK
デンマーク 350 DDK
フィンランド EUR 25
フランス EUR 30
ドイツ EUR 25
香港 HKD 1,000
アイルランド EUR 30
イタリア EUR 25
日本(タッチ決済) 10,000 JPY
ニュージーランド NZD 80
ノルウェー 200 NOK
ポーランド PLN 50
ロシア RUB 1,000
シンガポール S$100
スロバキア EUR 20
スペイン EUR 20
スウェーデン 200 SEK
スイス 40 CHF
ウクライナ 100 UAH(MasterCard の場合)
アラブ首長国連邦 AED 300
英国 GBP 30
米国 $50
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。