「AdWords 基礎」理解度テストの学習ガイド

キャンペーンの予算について

Google 広告では、キャンペーンの 1 日の平均予算を設定し、その予算をいつでも自由に変更することができます。1 日の予算は、1 か月を通して 1 日ごとに費やす平均金額です。

費用は毎日変わるかもしれませんが、設定した 1 日の予算に 1 か月の平均日数を掛けた、1 か月の請求額の上限を超える支払いは行われません。広告のトラフィックが増える可能性が高い日には、費用が 1 日の平均予算の 2 倍に達する場合があります。こうした日に発生した費用は、費用が 1 日の予算に満たない日との兼ね合いで調整されます。

開始日と終了日を指定してキャンペーンを作成する際は、キャンペーンの期間全体で使用する合計予算も設定できます。現在、キャンペーンの合計予算は、動画キャンペーンでのみご利用いただけます。

この記事では、1 日の予算の設定方法と、キャンペーンの合計予算を使用できるケース、予算の変更が反映される仕組みについて説明します。

1 日の予算の設定方法

Google 広告では、広告掲載の目標と、1 日にお支払い可能な無理のない金額を考慮して、キャンペーンごとに 1 日の予算を設定します。

たとえば、1 か月あたりの広告費が通常 3 万 400 円だとすると、1 日の予算は、3 万 400 円を 30.4 で割り、1,000 円となります。

つまり、1 日の予算の計算式は次のようになります。

30,400÷30.4=1 日あたり 1,000 円(1 か月の予算÷1 か月の平均日数=1 日の予算)

共有予算を作成して、複数のキャンペーンを対象に予算を配分することもできます。

キャンペーンの合計予算を使用できるケース

キャンペーン全体で使用する費用の総額がすでにわかっている場合は、キャンペーンの合計予算を設定できます。現在、キャンペーンの合計予算は、開始日と終了日を指定した動画キャンペーンでのみご利用いただけます。

動画キャンペーンを新しく作成する際は、[キャンペーンの合計予算] を選択することができます。キャンペーンを作成した後に予算タイプを変更することはできません。

Google 広告は、トラフィックが増加または減少する曜日を考慮しながら、合計予算をキャンペーンの期間全体でなるべく均等に配分することで、掲載結果を最適化します。たとえば、動画キャンペーンの広告の視聴回数が、月曜日と火曜日には減少し、週末には増加するとします。この場合は全体的な予算目標の範囲内で、動画がより多くの視聴回数を獲得する可能性が高い曜日に予算をより多く配分することで、掲載結果が自動的に最適化されます。

キャンペーンの合計予算を設定すると、Google 広告で配信された広告が予算の範囲を超える視聴回数またはインプレッション数を獲得しても、キャンペーンで入力した金額までしか請求は行われません。

予算の変更が反映される仕組み

変更後の 1 日の予算は、アカウントですぐに確認できます。予算を編集したタイミングに応じて、キャンペーン予算の使われ方が変わります。以下に変更のタイミングや頻度によって予算がどうなるかを示します。

1 日の途中

通常、キャンペーンでは予算の 50% 程度がその日の午前中に、残りが午後に使用されます。ただし、広告の需要が一日の前半に最も高い場合は、午前中に 1 日の予算の 70% が使用されることもあります。

正午頃に 1 日の予算を変更した場合、午前中に使った予算に加えて、変更後の予算の 50% が午後に使用され、結果として合計がその日に適用された 1 日の予算のどちらよりもやや多い額になる可能性があります。これは、Google 広告のシステムでは、1 か月の請求額の上限を超えない範囲で、広告のクリックが多い日に 1 日の予算をわずかに超える額を使用することで、クリックが少なかった日の分の穴埋めを行うようになっているためです。詳細については、費用が 1 日の平均予算を超える場合がある理由をご覧ください。

1 日の予算を大幅に下げると、その日の残りの広告配信のペースが大きく下がることがあります。

1 日に 2 回以上 その日に設定した中で、最も高い予算に応じて請求が行われます。
月の途中

予算を変更した後、その月が終わるまでは、新しい 1 日の平均予算にその月の残りの日数をかけた金額を上限として広告が掲載されます。

たとえば、1 日の予算が 500 円で、11 月 24 日までに 11,300 円の費用が発生していたとします。11 月 24 日に 1 日の予算を 1,000 円に変更した場合、11 月の請求額の上限は次のようになります。

これまでに使用した 11,300 円 +(1,000 円 / 日×残り日数 7 日)= 18,300 円

月に 2 回以上 月の途中で予算を変更した場合と同じ計算が適用されます。

キャンペーンの 1 日の予算を変更しなかった場合も、次の操作は予算変更とみなされ、1 か月あたりの請求限度額が計算されます。

  • キャンペーンの終了日を変更する
  • 配信モード(標準/集中化)を変更する
  • Google 広告アカウントで使用するタイムゾーンを変更する

タイムゾーンを設定する方法と、タイムゾーンが予算サイクルに反映される仕組みをご確認ください。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。