検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

AdWords 基礎認定資格試験の対策ガイド

3.2 掲載結果の測定ツール

キャンペーンの運営が進んでいくと、広告の掲載結果の測定と改善をサポートしてくれるツールを、いくつかの中から選ぶ必要が出てきます。ここでは、掲載結果の測定にご利用いただける、コンバージョン トラッキング、Google アナリティクス、キャンペーン テストといった各ツールについて説明します。

コンバージョン トラッキング

クリック数や表示回数、クリック率といった基本的な統計情報を見ることで、広告がどれだけユーザーをサイトに呼び込んでいるかを把握できますが、コンバージョンを測定すると、サイトのユーザーがどれだけ顧客になっているのかもわかります。

コンバージョン トラッキングは、コンバージョンを測定する最も簡単な方法です。コンバージョン トラッキングは無料のツールで、広告をクリックしたユーザーがその後に取った行動を追跡することができます。たとえば、商品を購入したか、ニュースレターの購読を申し込んだか、お問い合わせフォームに記入したかなどを把握できます。

これらの操作は「コンバージョン」と呼ばれますが、コンバージョンを追跡することで、売り上げにつながった広告、キーワード、キャンペーンを特定することができます。広告に対するユーザーの反応を、デバイスをまたいで把握することができます。これにより、予算を効果的に配分し、投資収益率を高めることができます。

仕組み

コンバージョン トラッキングを使用するには、ユーザーがサイト上でコンバージョンを達成した後に表示されるページに、HTML や JavaScript のコード スニペットを設置します。ユーザーが広告をクリックして、コンバージョン コードが設置されたページに到達すると、コンバージョンが記録されます。

コンバージョン トラッキングでは、クリック後に発生したすべてのコンバージョンをカウントする(売り上げの経過を追跡し改善したい場合におすすめです)か、クリック後に発生したユニーク コンバージョンのみをカウントする(特定の見込み顧客の獲得につながったかを知りたい場合におすすめです)か、自由に選択できます。

コンバージョンに値を設定することも可能です。特定の種類のすべてのコンバージョン アクションに対し、同じ値を割り当てることも、異なる値を割り当てることもできます。コンバージョン値は、キャンペーンの投資収益率を測定し改善するのに便利です。投資収益率については後ほど詳しく説明します。

コンバージョン トラッキングの設定が完了すると、検索ユーザーの行動経路に関するレポートを閲覧して、ユーザーがコンバージョンを達成するまでの経路を確認できるようになります。たとえば、ユーザーの検索時にクリックされなかった広告や、検索キーワードそれぞれについて、コンバージョン達成に至るまでの(ラストクリックを除く)すべてのクリックを確認することができます。

コンバージョン トラッキングで AdWords の成果を測定

null

Google アナリティクス

Google アナリティクスは、ユーザーのウェブサイト利用状況について、詳しいレポートを作成できる無料のサービスです。ユーザーがサイトにアクセスした経緯やサイト内での移動経路を確認して、サイトの改善に役立つアイデアを手に入れることができます。

Google アナリティクスと AdWords アカウントをリンクさせることで、広告をクリックまたは閲覧したタイミングや、サイト上での操作など、ユーザーの行動の全体像を把握できるようになります。こうした情報に基づき、サイトのトラフィックや売り上げに対する AdWords の影響を分析することで、広告やサイトの改善につなげることができます。

Google アナリティクスと AdWords をリンクさせると、次のようなメリットが得られます。

  • アナリティクスの目標や e コマース トランザクションを AdWords アカウントに直接インポートできます。
  • アナリティクスのデータ(直帰率、新規セッションの割合、ページ/セッションなど)を AdWords アカウントにインポートできます。
  • 高度なリマーケティングの機能を利用できます。
  • アナリティクスのマルチチャネル レポートに表示されるデータが増えます。
  • アナリティクスのデータを利用して、AdWords の利便性が高めることができます。
キャンペーン テスト

キャンペーンのテストを利用して、アカウントに加えたい変更(たとえばキーワード、入札単価、広告グループ、プレースメントなどに対する変更)による影響を、広告オークションの一部を対象として確認できます。

仕組み

テストを作成するには、まず、テスト対象となる変更の種類を決定します。たとえば、新しいキーワードや広告の追加、入札単価の引き上げ、プレースメントの変更などが考えられます。次に、このテスト(変更)を適用するオークションの割合を決定します。

AdWords キャンペーンのテストはランダムに実施されます。つまり、Google や Google 検索パートナーのウェブサイトでユーザーが検索したり、Google コンテンツ パートナーのサイトでユーザーがウェブページを表示したりするたびに、テストの設定時に指定したパーセンテージに基づいて、標準設定とテスト設定のいずれかが広告オークションにランダムに適用されます。

テストを開始してしばらく経つと、キャンペーンや広告の掲載結果一覧にこのテスト結果も表示されます。このテスト結果では、設定変更後の成果が変更前より改善しているか、または悪化しているかも確認できます。

テストを実施する目的は、広告主様のビジネスによって異なりますが、一般的には次のようなものが考えられます。

  • コンバージョンの増加
  • クリック数または表示回数の増加
  • 投資収益率の改善
  • 広告文の改善

アントワーヌ様は、クリック数や表示回数などの基本データを利用して、フィオナ様の検索キャンペーンの掲載結果について大まかに理解することはできました。しかし、さらに詳しい分析を通して改善の可能性を探るため、コンバージョン トラッキングを設定することにしました。フィオナ様のビジネスで最も重要な情報は、家具の売れ行きです。そこで、商品購入後に表示される手続き完了ページに、コンバージョン トラッキングを設定しました。

アントワーヌ様は、広告とキーワードの掲載結果の状況をさらに詳しく把握し、コストを大きく増やす原因となっている広告やキーワードを特定できることを期待しています。

その他の学習資料

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。